FC2ブログ

二つの「四万十」に不信感

(2006年、高知新聞への投稿)

 3月20日、合併により新たに四万十町が誕生した。
これで市と町、二つの「四万十」が隣接することになったが、私はこうなった経過に強い不信感を覚える。
それは二つの合併の軸になった旧中村市と旧窪川町の主体性に対する不信感である。

 まず、両者ともに、そもそも自立への努力説明がほとんどなされないまま、最初から合併ありきのスタンスであった。周辺町村との複数の合併構想に揺れ、当初の構想と異なる組み合わせという結果になったが、その過程では、新しい市・町づくりの具体的プラン等の中身の議論は少なく、いずれの組み合わせでも合併後の名前「四万十」だけが先行・既成事実化していたように思える。

 旧中村市と旧窪川町は、人口、経済力等、どの指標をみても圧倒的に地域の中核であることからすれば、歴史と由緒のある自らの名前の継続を自信を持って主張することは至極当然と思うが、最初から気前よくそれを放棄し、なぜ「四万十」にこだわったのか。しかも、合併の是非を含め、住民投票等による民意に諮ることもないまま、誰がどのようにして四万十に決めたのか納得感がない。

 おそらく行政首脳部は全国的に有名になった四万十ブランドにあやかろうということであろうが、それは合併のリーダーとしての自信のなさの表れではあっても、四万十川を本当に愛し大切にすることにはならない。

 それどころか、二つの「四万十」が並存することは、結果的には寄ってたかって最後の清流の希少価値を引き下げたことになるのではないか。

 全国的にも、最近の政府主導による平成の大合併は、中身よりも枠組み優先の弊害が多くみられるが、二つの「四万十」には、その名前に恥じないような透明な行政運営のもと、実態のある議論により、誇りのもてるふるさとづくりを進めていただくよう、強く望みたい。      


高知新聞「声ひろば」2006・3.24
「わがふるさと中村」所収


プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR