十津川村

 紀州熊野を訪ねたあとは、遠回りだったが、奈良県十津川村を通って帰ってきた。十津川村は以前から一度行ってみたいと思っていたからだ。

理由の一つは、幕末、土佐とのかかわり。司馬遼太郎の「十津川街道」(「街道をゆく」シリーズ)に詳しい。尊王攘夷、討幕の魁、天誅組を旗揚げした土佐津野山の吉村寅太郎、那須信吾らが、大和の五條代官所を襲い気勢をあげたが、京の政変により形勢逆転し、幕府勢から十津川郷に追いつめられ、無念の討ち死をしたところ。天誅組には十津川郷士が大勢参加していた。だから、後年、坂本龍馬を襲った刺客は、十津川郷士を名乗って近江屋に侵入した。

理由の二は、土砂災害の教訓。明治22年、大雨による土砂崩れで村は壊滅的被害を受けたことから、蝦夷地開拓を決断、2700人が北海道に移住し、石狩川中流域、いまの旭川市近郊に新・十津川村(現在は「町」)をつくった。私は札幌勤務時代、水田地帯のどまん中にある新十津川町を訪ねたことがある。母村も知りたかった。

 DSC_2362.jpg     DSC_2346.jpg

 十津川村は奈良県南部の大半を占める。日本で一番面積が広い村。和歌山県本宮町(現田辺市)の熊野大社から熊野川を遡ればすぐ県境で、十津川村に入る。あとは山がせり出し深い谷間の、くねくね国道を北上する。村のメイン街道なのに、集落らしい集落はほとんどない。耕地も見えない。役場周辺にしてもそうだ。雨空のせいか、村は谷間に深く沈んでいた。

 DSC_2341.jpg     DSC_2344.jpg

役場隣の歴史民俗資料館に入った。神武天皇時代から、高野、熊野、大峰に囲まれ、日本歴史に深くかかわる。古来、明治まで、耕地が少ないゆえに、税金が免除されていた「特区」。得体のしれない村だった。

川の水はダムで発電に吸い取られているため、水量が少なく、せせらぎがない。明治22年は1万2千人いたという人口はいま3700人。新十津川町(7千人)のほうが、はるかに多い。

 DSC_2374.jpg     DSC_2370.jpg

3年前の8月、紀伊半島豪雨では、明治以来の土砂災害があった。村内で死者・行方不明12名。あちこちに、山肌がえぐりとられた、深層崩壊の跡が見える。ダムの上が崩れた付近で聞くと、そこは明治の崩壊と同じ場所。地盤の弱い層は130年前も、いまも同じだった。あたりまえの事実を突き付けられた。国道から見えないところでは、土砂ダムもできた。

 DSC_2390.jpg     DSC_2395.jpg     DSC_2379.jpg

津波は海からだけでない。山からもやってくる。災害の歴史は繰り返される。四万十川沿いも同様のリスクをかかえている。孤立集落をつなぐヘリポート整備など。防災対策は海も山も、だ。

今回は、村を通過しただけに終わった。空も気持ちも暗く、憂鬱に。いずれ、あらためて、晴れた日、十津川温泉にノンビリ、つかりに来たい。

 DSCN7393.jpg
 吉村寅太郎像(高知県津野町)

 

続きを読む»

熊野へ

 大逆事件では、幸徳秋水ら24名が死刑判決を受けた。(12名は翌日無期懲役に減刑)。このうち6名は紀州熊野の人たちであった。

中村と熊野は大逆事件犠牲者の名誉回復と顕彰活動を通して交流している。中村市、新宮市、本宮町の議会は、それぞれ事件犠牲者の名誉回復と顕彰決議をおこなっている。

四万十市が3年前、幸徳秋水刑死百周年記念事業を行なった際には、秋水墓前祭、サミットに、熊野から大勢参加をしてもらった。

私のほうも、2年前の3月、市長時代、新宮市で開かれた集会「大逆事件101年目へのステップ」へ参加した。しかし、この時は時間がなく、往復夜行のトンボ帰りだった。

 そんな中、6月21日、犠牲者の1人、僧侶高木顕明(無期懲役)の百回忌法要があるというので案内を受けた。今回は時間もあるので、ゆっくりとでかけた。

19日、車で徳島から和歌山へフェリーで渡り、田辺に泊まる。白浜、潮岬(串本)、那智の滝をまわる。どこも、はじめて。潮岬は本州最南端だが、断崖絶壁の足摺岬とちがい、思いのほか、おとなしい岬であった。一方、那智の滝は豪快そのもの。那智大社を含む周辺一帯が熊野信仰の象徴であり、異様な霊験を感じた。

 そして目的の新宮へ。

高木顕明は浄土真宗大谷派の僧侶で、浄泉寺(新宮)の住職だった。被差別部落の門徒が多く、差別や貧困問題に取り組む中で、平等・非戦・平和の独自の教義にたどりつく。極楽の世界には差別も戦争もない。親鸞の南無阿弥陀仏の教えこそ自分にとっての社会主義であると。仏教社会主義とも言うべきか。

しかしながら、大谷派教団は事件後、顕明をかばうどころか、逆徒として「擯斥(ひんせき)」処分(永久追放)にした。拠り所を失った顕明は獄中で自死。

それから82年後、1996年、教団は国家権力に迎合し、顕明を死に追いやった誤りを認め、顕明への処分を取り消し、名誉を回復。以後、教団の責任において、毎年法要を行っている。遠松山浄泉寺にちなんで「遠松忌」と言う。

 DSC_2208.jpg     DSC_2166.jpg     DSC_2180.jpg

百回忌にあたる今年の浄泉寺仏前には「前(さき)を訪(とぶら)う - 今、この時代に聞く非戦・平和の願い」の横断幕が掲げられていた。「前を訪う」とは、親鸞の言葉「後に生まれん者は前を訪え」。

読経、「余が社会主義」(顕明の著書)朗読のあと、顕明の復権運動にかかわってきた泉恵機氏(長浜教区清休寺住職、大谷大学客員教授)の講演「鬼哭百年の春 高木顕明師を憶う」があった。「鬼哭」とは、霊が行き場を失い、さ迷い泣くこと。最後には、顕明の孫(故人)の奥さんから挨拶があった。

法要には、教団本部以下、地元門徒、私のような全国からの支援者など、約100名が参加していた。宗教行事とは、かくも力強いものか。すがすがしい心持になった。田岡実千年・新宮市長にも2年ぶりに再会できた。

顕明は言う。「社会主義は政治より宗教に関係が深い」、「社会の改良は先ず心霊上より進みたい」。宗教がめざす究極のものは社会変革であろう。

 熊野と幡多、新宮と中村はよく似ている。太平洋に注ぎ込む、熊野川、四万十川という大河の河口に開け、かつては流域の木材の集積地として栄えた。人口もほぼ同じ。県庁所在地からは遠く離れているが、誇り高い独自の文化をもつ。中央への反骨精神・・・そういった環境から時代の先をいく人物が生まれた。しかし、彼らは明治国家にとって「許されざる者」であった。中村からの上京途上、秋水が新宮を訪ねたことで、事件のフレーム(枠)がアップされた。

 ほかに、大石誠之助、峯尾節堂、成石勘三郎、成石平四郎、﨑久保誓一、6人全員の墓も案内してもらい、手を合わせた。

 DSC_2106.jpg     DSC_2119.jpg     DSC_2134.jpg     

 DSC_2219.jpg     DSC_2282.jpg     

 大逆事件犠牲者をうたった、笠木透と雑花塾のCD「ポスター」(5曲収録)の中の「川は忘れない」の一節・・・

  和歌山と三重を 隔てる川
  ゆったりと流れる 熊野川
  その川のほとりの 小さな石碑
  気にとめる人もなく 立っている
  自由を求め 歩き続けて
  濡れ衣を着せられ 国に殺された
  熊野の流れは あなたを忘れない

その熊野川を遡り、熊野本宮大社から奈良県十津川村を縦にのぼり、和歌山から同じフェリーで四国に戻った。熊野文化も川の流れも悠久である。100年前の真実が何であったのか、すべてを知っている。

 DSCN9843.jpg     DSC_2146.jpg     DSC_2244.jpg


幸徳家の墓

 管野須賀子生誕133年の集いに参加した翌日(6月8日)、大阪市西区本田に、浄土宗竹林寺を訪ねた。かつて、幸徳秋水の先祖の墓あった寺である。私は以前大阪に住んでいたが、この寺ははじめて。大阪ドーム球場の近くにあった。

 DSCN9525.jpg     

幸徳家のルーツは京都の公家で、陰陽師であったとされている。その頃の姓は幸徳井(かでい)。その後、江戸初期に大阪に移り、幸徳となった。その初代から5代までの墓(寛保2年、1742年建立)がこの寺にあった。当時は医業をいとなんでいたとされる。6代目が、土佐中村に移り、薬種商(俵屋)を始めた。中村では結構な大店(おおだな)であり、秋水は、ここの10代目の跡取り息子として、明治4年に生まれた。

大阪に先祖の墓があったことは秋水も知っていたようで、妻と一緒に探し歩いてやっと見つけたということが、妻(師岡千代子)の回想記(『風々雨々』)に書かれている。この墓は大逆事件後もそのまま放置されていたが、昭和57年(1982)、大阪の支援者グループの協力で中村に移されたのである。

 事前に住職さんに電話をしておいて、案内してもらった。境内は決して広くはなく、やや奥まったところに、その一角はあった。人の骨が粉になったような、白いぱさぱさした土の上に、小さな牡丹の木が一本生えていた。一緒に手を合わせた。

 DSCN9535.jpg

周り見ると、黒ずんでヒビが入ったり、表面がはがれた墓石が目につく。住職さんが言うには、ここらあたりは、寺も、何もかも、昭和20年4月の大阪大空襲で焼きつくされた。その炎の熱で、黒ずみ、割れているのだ。硬い石ほど火に弱いそうだ。

大きな無縁塔が建っていた。そこには約300人の遊女が葬られている。寺の前には松島遊郭があった。東京でいえば吉原。遊女が逃げないように塀で囲まれていた。炎に呑み込まれ、阿鼻叫喚の地獄だったろう。遊郭跡は、いまは公園に変わっている。

 DSCN9556.jpg     DSCN9548.jpg     DSCN9558.jpg

寺は慶安2年(1649)に建てられた、このあたりでは由緒ある古刹。江戸幕府表敬訪問の朝鮮通信使の宿舎にもなっており、ここで客死した一人(金漢重)の墓もあった。また、森繁久弥祖先の墓(阿波屋)も。秋水先祖も医師として、それなりの家柄だったのだろう。

 DSCN9541.jpg     DSCN9532.jpg

 中村に戻ってから、正福寺に行ってみた。これまで気づかなかったが、二列に並んだ、幸徳一族の墓の一番手前に、その墓石があった。大阪大空襲の傷跡、黒ずんで、上半分がはがれ、下半分に「幸徳梅林建立」の文字が見える。

 DSCN9618.jpg     DSCN9616.jpg

正福寺には、いまは住職もいない。お堂もない。山の木が繁って、じめじめした日蔭となっており、いまの季節は、藪蚊も飛んでいる。

幸徳一族の末裔はいま中村にはいない。墓は四万十市が史跡として管理し、秋水を顕彰する会のメンバーが掃除などを交代でつとめている。3年前の、秋水刑死100周年事業で、案内看板をつくりかえるなど、周辺を一部整備したが、まだまだ不十分だ。
 
 毎年1月24日の命日には、秋水墓前祭をおこなっている。また、全国から、人知れず訪れる方も多く、ノートにメッセージも残されている。時代の先覚者にふさわしい「聖地」として、より抜本的な整備が必要だと思う。

 DSCN9606.jpg     DSCN9620.jpg

四万十川 遭難碑

四万十川橋(通称・赤鉄橋)は大正15年(1926年)に完成。
当時、延長438m、幅員5.5m、四国で最長であった。

橋ができる前の大正4年、増水のあと、ここの渡し舟の転覆事故があった。舟には、実習で中村側から具同の桑畑に向かう、幡多実科高等女学校の生徒らが乗っており、11人が亡くなった。

犠牲者の捜索には、地区民などが総出であたり、当時、旧制中村中学の生徒であった、のちの小説家・上林暁もかけつけた。事故を機に、架橋運動が盛り上がった。

この水難事故の慰霊碑が鉄橋から少し下流左岸の岩崎の道路端に建っている。平成3年(1991年)、女性徒たちの後輩にあたる、中村高校同窓会が建てたもの。
隣には、詩人・大江満雄の詩碑もある。水難犠牲者をうたったもので、地元有志によって、同時に建てられた。

DSCN9244.jpg     DSCN9241.jpg     DSCN9247.jpg

  おもふほど おもふほどに
  ふるさとは雨と嵐
  山峡の水もくるふて流れあふれる
  豪雨の日
  天のはげしきを
  おもふほど おもふほどに
  ふるさとの雨の降る日は美(かな)し。
  四万十川の水にごる日はかなし。

 大江満雄は明治39年(1906年)、いまの宿毛市生まれだが、事故当時(9歳)は中村に住んでいた。15歳の時、父に連れられ上京。貧苦の中、キリスト教洗礼を受け、石版工として働きながら、プロレタリア文学運動にも加わり、獄中生活も送った。

戦後は、宿毛高校校歌なども作詞。多くの詩集を残しており、四万十川遭難の詩は、『日本海流』(1943年)におさめられている。

詩碑の除幕式には、東京から杖をついて参列し、ふるさとに自分の詩碑ができたことへの感激の涙を流しながら、お礼の挨拶をした。その年(1991年)、85歳で亡くなった。

中村のまちは、ぐるり一周、堤防で囲まれており、私はここをジョギングコースにしている。走っているうちに、二つの碑に気付いた。周りに植えられた木々が大きくなったため、その陰に隠れて、わかりづらい場所になっていた。

私は詩人・大江満雄の名前はきいたことがあったが、この碑をみてから初めて詳しく知った。市民もほとんど知らないと思う。大正4年の水難事故のことも・・・また、二つの碑の存在も。

小さな公園のようになっているこの一角は、いま誰も管理をしておらず、放置されたままになっているようだ。せめて、木々の剪定をするなどすれば、道ゆく人や車からも気づきやすい。建立当時の関係者などと、相談してみたい。

   DSCF1723.jpg     DSCN9316.jpg

管野須賀子

 管野須賀子は大逆事件で処刑された26人(死刑12人、無期懲役12人、有期刑2人)のうち唯ひとりの女性である。死刑だった。30歳。

その管野須賀子の「生誕133年記念のつどい」が7日、彼女がキリストの洗礼を受けた、ゆかりのある大阪天満教会で開かれたので参加してきた。

 DSC_1830.jpg     DSC_1923.jpg


 大逆事件犠牲者は全国に及んでいる。彼らの名誉を回復し顕彰する運動は、戦後いちはやく幸徳秋水の地元・中村で始まり、その後、新宮(和歌山)、井原(岡山)などでも行なわれている。中村と新宮では、市議会が犠牲者の名誉回復の決議も行なった。

3年前の2011年、中村では1年間を通して、幸徳秋水刑死100周年記念事業を行ない、9月には、大逆事件サミットを開いた。全国各地で、こうした運動に取り組んでいる人たちが一堂に会し、人権弾圧のない世界をめざしていくとする「中村宣言」を採択した。

100年目以降、運動は新たな広がりをみせている。山鹿(熊本)、小千谷(新潟)に犠牲者の慰霊碑が建ち、また大阪では昨年、「管野須賀子を顕彰し名誉回復を求める会」が結成された。7日の「つどい」は、この会が主催だった。

 DSC_1880.jpg     DSC_1841.jpg

 管野須賀子のイメージは暗く、不可解である。事件の真実は隠され、事件犠牲者は時の権力によって「極悪人」に仕立て上げられたことでは共通しているが、須賀子は女であったために、いっそうひどかった。

須賀子は大阪に生まれ、小説家、新聞記者、キリスト洗礼、社会主義活動と多彩である。女性の人権が認められていない時代において、男に伍して、男にもまれた。その過程で、同志(荒畑寒村)との結婚、離別、最後は秋水との同居・同棲・・・それゆえに「妖婦」「毒婦」と宣伝された。そのイメージから、私自身も抜けきれないでいた。

「つどい」は、2人の講演(天満教会牧師・春名康範氏、研究者・三本弘乗氏)、遺詠の短歌詠踊、歌とピアノによる生誕祝賀、と多彩な内容であった。私も秋水地元を代表して挨拶をさせてもらった。

須賀子は、日本における最初の女性記者(ジャーナリスト)であり、キリスト教を通した婦人矯風会での活動、公娼制反対等、女性の人権拡大に向けた論説などをみれば、女性解放運動のさきがけとみることができる。

 DSC_1877.jpg     DSC_1867.jpg

 四万十市役所庁舎2階の市立図書館内には「幸徳秋水資料室」がある。展示資料の中に、秋水と須賀子が一緒におさまった写真がある。また、獄中の須賀子が秋水の助命を願って出した「針文字書簡」(写し)、須賀子全集(全3巻)も。

処刑された時、秋水39歳、須賀子30歳。
いまでは考えられない若さで、あれだけの論陣を張り、多くの論説、文章を残している。どんな偉業をなしても、文字に残さないとその人の思想や考えは伝わらない。
文字の力・・・

このほど、新しい須賀子研究書が出た。
関口すみこ(法政大学教授)『管野須賀子再考―婦人矯風会から大逆事件へ』。
「つどい」でも並べられていたので、求めた。
一読をおすすめしたい。

DSCN9580.jpg

集団的自衛権 首長の責任

 高知新聞が県下首長(市町村長34人)と知事に対して行なった、集団的自衛権についてのアンケート結果が3日付け紙面に載っている。

DSCN9498.jpg

質問は2つ。
①安倍首相が「限定的に行使することは許されるとの考え方で研究を進める」とした集団的自衛権の行使容認に、賛成ですか、反対ですか?
②安倍首相は憲法解釈の変更による容認を目指していますが、あなたはどう考えますか?

私なら両方に「反対」と答える。
理由は、戦争は常に「自衛」の名のもとに行なわれる。安倍首相の狙いは、決して日本の自衛ではなく、「アメリカ」が世界各地で行なう戦争に「協力」すること。アメリカがそれを求めているからだ。これでは平和憲法をもつ日本の国のあり方が変更されることになる。ましてや一内閣の判断で憲法解釈を変えるなら憲法などいらなくなる。周辺諸国との対立をあおり、意図的に危機を演出しているのが安倍首相。アメリカは日本を守るのが第一義ではなく、世界戦略の需要拠点・要所として、日本に基地をおくなどして活用しているだけ。アメリカに追随することはかえって日本攻撃(反撃)を誘導することになる。憲法9条という最強の武器をもつ日本がリードする平和外交こそ最大の防衛であり、世界平和の道だと思う。

アンケート結果
① 賛成16、反対9、 保留9
② 賛成 6、反対20、保留8
首長1人が回答なしのため、知事をあわせて計34。

1. まず、この期におよんで「保留」(判断できない、どちらとも言えない)は首長の資格が問われる。首長は住民の生命・財産を守ることに究極の責任がある。これだけ重大な問題に対して自分の意見をいまだにもてないのはおかしい。

 残念ながら、その1人が尾崎知事。
② 質問に対して「保留」している。(①は「賛成」)

 しかし、知事のコメントを読むと本音は「賛成」だ。「合理的に展開できる解釈の範囲にとどまるものであれば対応可能とみなせると考える。・・・」。先の記者会見でも「解釈で容認できる範囲ある」と答え、新聞でもそう報道されている。ならば、今回のアンケートでも正直に「賛成」となぜ答えないのか。態度をボカすことほど不誠実なことはない。

2. 多数意見は、①「限定容認」は認めるが、「憲法解釈変更」はダメということになる。
しかし、「限定容認」=「自衛に限定」、つまり日本が他国から攻められた場合を仮に想定するならば、それは「個別自衛権」で対応可能。問題は「限定」には歯止めがないこと。「限定」ほど、都合がよくて危険な言葉はない。
 「憲法解釈変更」に大多数が反対していることは、当然だし、心強い。安倍首相はやりたいなら堂々と「憲法改正」手続きを踏むべきである。解釈改憲を認めれば、法体系や世の中の秩序(決まりごと)というものがメチャクチャになる。

3. 地元の四万十市長の回答は両方とも「賛成」。
② については、「本来なら憲法改正でやるべきだが、それはすぐにはできるものではい。いまはスピード感をもった対処が必要・・・」とコメント。
現市長は、昨年11月、特定秘密保護法に対する高知新聞アンケートでも「今国会で成立」に賛成した県下2人の首長の1人であった。
今回は、そのもう1人は両質問に「反対」としている。つまり、県下首長で安倍首相のやり方に最も忠実なのが現四万十市長ということ。
 私は悲しい。





中村城と犬山城

 4月末、犬山城をはじめて訪ねた。
以前から一度行ってみたいと思っていたので、やっと念願がかなった。

理由は、中村の為松公園の一角にある幡多郷土資料館(通称・中村城)が犬山城をモデルにつくられているからだ。毎日眺める、うちの城の本家はどんな城なのか、本当に似ているのだろうか、とずっと思ってきた。

まず、撮ってきた写真をごらんいただきたい。上・犬山、下・中村。
たしかに似ている。それもそうだ、似せて設計したのだから。

 DSC_1590.jpg     DSCN8922.jpg     DSC_1584.jpg

 DSCN9322.jpg     DSCN9173.jpg     DSCN9325.jpg

犬山城は、安土桃山時代初期、1537年、織田信康(信長の叔父)が築城。いまの天守閣は現存する日本の城では最古で、国宝に指定されている。天守閣の中には、石垣がむきだしになった箇所があり、古色蒼然とした雰囲気をかもしだしていた。

愛知県犬山市のその場所は、岐阜県(美濃)との境。木曽川を望む小高い山の上に城があった。中村の城が四万十川を望む山の上にあるのと似ている。

 DSCN8870.jpg     DSCN8861.jpg

 017.jpg     016.jpg


 中村城の歴史は古い。応仁の乱を避けた京都の公家(五摂家)一條教房が下向して来て(1468年)、そのまま戦国大名として土着。この地の豪族(国人)の為松氏を家老に取り立て、つくらせたのが中村城のはじまりであり、別名・為松城とも言われている。

中村城の実像は、はっきりしない部分が多い。過去、発掘調査が行なわれ、石垣などが出てきた。5つの建物があって、それぞれ別の時代につくられたようであるが、中世の城であるから、いまあるような立派な天守閣などはなく、砦のようなものだったのだと思われる。

 DSCN9318.jpg     DSCN9334.jpg     DSCN9320.jpg

昭和48年、二ノ丸跡に幡多郷土資料館が建てられた。この時、なぜ犬山城をモデルにしたのだろうか。私はそれを知りたいと思い、このほど当時の中村市長の長谷川賀彦さん(86歳)に聞いてみた。

資料館建設のきっかけは、地元の幡多信用金庫が地元のために役立ててほしいと、中村市にまとまった額の寄付をしてくれたこと。これをどう使うかの議論の中で、広く幡多を対象にした歴史資料館をつくることで議会の同意もえた。場所は為松公園、建物は城の形がいいということになり、三層の天守閣で有名な城といえば、犬山城だろうということになった。中村と犬山城とは歴史的なつながりはないので、それ以上の特別な理由はない・・・ということだった。

私は日頃から思っていることがある。
中村の町は、はたして城下町と言えるのだろうか?
中村は「小京都」を看板にしている。
京都を城下町という人はいない。

城下町の定義は何だろうか。
城が町の中心にあり、城やそれに関係する歴史がまちづくりのシンボルになっている町のことをいうのであろう。

京都には二条城はあるが、シンボルは何と言っても御所である。
同じように、中村にも中村城(為松城)はあるが、シンボルは中村御所である。土佐一條家は居館を御所とし、御所様と呼ばれた。城には家老の為松氏を住まわせた。

残念なのは、いま中村御所跡が残っていないこと。
いまの一條神社がある小森山周辺にあったとされているが、はっきりした遺構のようなものはない。わずかに化粧の井戸があるいるくらいだ。

だからであろう。
「中村音頭」の歌詞はこうなっている。

♪♪~土佐の中村 一條公さんは
都をしのぶ まちづくり
祇園 京町 丸の内
ふるさとよいとこ 中村よいまち 城下町

私はこの歌詞にずっと違和感をもっている。
一條公、都、祇園と、城下町は似合わない。

同じ発想で、当時、城の形をした郷土資料館ができたのであろう。
場所の問題はあるにしても、もし御所の形をした資料館ができていれば、まちのイメージもだいぶ変わっていただろうに・・・
城をつくるにしても犬山城のコピーでなく、せめてオリジナルのものができなかったのか。
城下町はそこらへんにゴマンとあるが、御所の町はめったにない。

観光戦略、まちのイメージづくりは、むずかしい。
いまは中村市ではなく四万十市になった。
だからではないだろうが、いまの市の観光イメージは四万十川一色に。

「清流に歴史と文化を映すまち」
市広報誌の表紙タイトルも、この5月号から消えてしまった。
残念である。

 DSCN9314.jpg
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
フェイスブックもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR