笠木透 中津川へ

 春の彼岸。3月20日、妻の両親の墓参りに岐阜県関ケ原町今須へ。去年の9月から半年ぶり。

今須は岐阜県の西端、滋賀県境にある旧中仙道の宿場町。中仙道は京都からここを通り、木曾谷、碓氷峠を越えて、江戸に至る。木曾谷に入る手前に中津川宿がある。

いつもなら、今須で墓参りをすませたら、親戚に挨拶をしてすぐにいったん大阪へ戻るのだが、今回は岐阜県東端の町、中津川へ向かった。

私にとって、中津川といえば笠木透さん。
笠木透さんといえば中津川、であるからだ。

笠木透さんは一昨年12月に亡くなった。その時、私はこのブログ(2014.12.26)に追悼文を書いた。

 http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-132.html

笠木さんはフォークシンガーとされているが、その枠に収まらない多彩な活動をされていた。私は、5年前、幸徳秋水刑死100年の日(2011.1.24)に初めて、中村でお会いした。

それ以来、一度、中津川を訪ねたいと思っていたが、笠木さんの生前はそれがかなわなかった。

中津川に着いたのは夜。インター近くのホテルに泊まり、翌21日、笠木さんのお家をお訪ねした。事前に連絡をしていたので、奥様(由起子さん)以外に、同じ市内に住む娘さん(千絵さん)とお孫さん、フォーク仲間の大澤和代さん(男性)が待っていてくださった。

仏壇に手を合わせた。やっと来ましたよ。遅くなってすみません。あの大きな笠木さんが小さな写真に納まっていた。ああ、やはり笠木さんはもういないのだ。

しかし、お家は、笠木さんの存在感に満ち満ちていた。庭には、こぶしの木がちょうど花をほころばせていた。名曲「私の子供たちへ」に歌われたこぶしは、これだったのか。

部屋には、写真、色紙など、笠木さんのメッセージが壁いっぱいに貼られていた。「戦争放棄(箒)」「憲法104条」「ピースナイン」「でれすけ原発」・・・ 子供が自分が画用紙に描いた絵ををあちこちに貼るように。

笠木さんが訴えた「フィールドフォーク」とは、自分たちの歌は自分たちで作り、自分たちの地域で歌うこと。自分たちの歌をもつことは、自分たちを主張すること。それぞれが主張できるようになれば、権力にほしいままにされることはない。

 20160330132008f53.jpg     20160330132011979.jpg     2016033013201178d.jpg

部屋にこんな詩があった。

雑草は悲しい
いつも嫌われて
切られたり 抜かれたり
でも雑草があってこそ
微生物が生き
土は豊かになる

笠木さんたちのフォークグループ名は「雑花塾」。家の玄関横には、「雑美研究所」の看板がぶらさがっていた。

 2016033013180055e.jpg     20160330131802f75.jpg     201603301318025e2.jpg

笠木さんのお墓は、お家から近い、畑の中にあった。バックに雄大な恵那山が横たわっていた。笠木さんは恵那山に何度も登っている。恵那山に抱かれてというよりも、いまも恵那山と対峙しているよう。

まわりは、ぐるり、山の尾根。あの「我が大地のうた」は、こうしたイメージの中でつくられたのだ。

私がうたう 歌ではない
あなたがうたう 歌でもない
わが山々が 私の歌
わが大地が 私の歌

笠木さんの戒名は「為雑花透頴居士」。
雑草こそが強くて美しい、こころの花を咲かせる。
笠木さんが撒いた雑草の種はいたるところで咲き続けている。

 201603301321044bc.jpg     201603301321046ab.jpg


市民病院への心(3)

 次に、市民病院問題への市議会の対応について意見を述べたい。

市の行政運営において、市長以下執行部と議会は車の両輪である。互いに積極的な議論を行い、あるべき方向を決めていく。

私の在任中は、議員からの発言、質問も多く、議会は活発であった。特に、私は市民病院の経営改善と拡充を、最重点課題の一つにおいていたことから、毎議会きびしい質問を受けた。医師確保はどうなっているのか、24時間救急はいつ復活できるのか、医師の態度が悪い・・・など

市議会多数派は、病院に自己責任を求めるという考え方であり、2011年度予算では、77百万円の繰り入れ案を2度否決。(3度目に可決)

また、2012年度予算では、86百万円の「繰り入れ」案が議員提案により「貸付」に修正されてしまった。しかも、その修正手続きは、地方自治法のルールに反した強引なやり方で。そのため、正規の手続きに戻すために、後日もう一度議会を開き、再議決をしなくてはならなかった。

ところが、3年前、市長が現市長に交代してからは、市民病院にかかる議論はパタリと静まってしまった。

医師確保は一定進んだとはいえまだ十分ではなく、そのため24時間救急復活のメドはたっていない。資金不足は、続いており、2014年度には5億円という巨額の貸付をしたのに、である。

今月の3月議会で、医師確保の見通しなどについて、久しぶりに質問が出たが、これは一昨年9月以来、実に1年半ぶりの質問であった。

私の在任中、ほぼ毎回市民病院問題について質問をしていたある議員は、この問題どころか、議会質問そのものをほとんどしなくなり、休眠状態である。

そんな議員は市民病院問題をどれだけ真剣に考えているか。議会質問は、市長を政治的に攻撃するための道具として使っているとしか思えない。市長が交代してしまえば、あとは全権委任。市民病院などどうなってもいい。議会としてのチェック機能の停止である。

議会多数派にも市民病院への「心」がない。

4月から市民病院の医師は2人減り、11人から9人になる。また、長年献身的に病院を支えてくださってきた樋口院長も3月末で定年を迎える。いまのところ1年間は「任期付き職員」として、院長職を続けていただくことになっているが、後任院長をどうするのか。

市民の命と健康を守っている市民病院が今後どうなるのか、不安でいっぱいである。

(終)

市民病院への心(2)

 次に、この間の、一般会計から病院へ「貸付」というやり方は問題である。

私の在任中から、議会多数派は繰り入れに反対で、2011年は2度原案否決のうえ3回目でやっと通してくれたが、翌12年は、原案を貸付に修正されてしまった。

その理由は、私の前の市長と考えは同じで、病院に自己責任求めるというもの。現市長もこれを踏襲しており、この2年間は貸付で対応している。

貸付とは、当然ながら、返済を求めるものでる。しかし、いまの市民病院の現状からみて、返済が望めないのは明らかである。

なのに、貸付をすることは、当該年度の赤字のツケを将来に先送りすることになり、年度単位の病院会計の明朗化に反する。また、一般会計においても、返済のめどのない貸付は「不良貸付=不良資産」をかかえることになり、同様に会計の明朗化に反する。

だから、仮に貸付を行うとしても、その期限が来れば、繰り入れによって回収(解消)すべきである。ところが、今回、補正予算における1億円の貸付は、2012年に貸付けた86百万円の期限が到来するものを、さらに継続(延長)させるものである。

また、貸付で問題は、その額である。2014年度は5億円という巨額の貸付を行っている。なぜ、こうなったのか。

これには、少し詳しい説明がいる。
病院会計は企業会計であるから、独立会計が原則である。だから、2013年までは、資金が不足する月は、市中金融機関から短期の借入をおこない、しのいできた。しかし、会計原則に従い、この借り入れは1年以内にいったん全額返済しなければならない。自己資金を集めギリギリ返済に不足する分を、一般会計からの繰り入れで充当してきた。

ところが、2014年度は、この市中金融機関からの借り入れ分に上乗せして、一般会計からの長期貸付で肩代わりした。例年通りならば、自己資金を絞り出し、不足分の繰り入れをギリギリまで抑えるのに、だ。

気前のいい支援に見えるかもしれないが、実際はよけいな資金まで貸し付けたことになる。この結果、病院会計の資金不足比率は一挙に高くなった。会計上、借入金は「資金不足」としてカウントされるためである。

このままいけば、2018年には資金不足比率が20%を超え、「経営健全化団体」に転落することになる。「倒産企業」と見なされ、病院運営に大きな支障をきたすことになる。

貸付という、問題先送りの手法をとらず、年度ごとに、ギリギリ資金不足になる額を一般会計からキチンキチンと繰り入れをしておけば、こういうことにはならなかった。自分で自分の首を絞めたことになる。

いまになって、あわてて、また給与カットとは、見通しの甘さを露呈している。

こうした現市長の対応の根本問題は、市民病院に対する「心」がないことである。市民の命と健康を守るために市民病院がどうしても必要な病院だという位置づけが弱く、病院をやっかいもののように思っている。

現市長は、市民病院の24時間救急を復活することを公約にかかげていたのに、就任後すぐに「任期中はできません」と堂々と発言。

また、病院経営改善の根本策である医師の確保への本気度もみられない。だから成果もあがらない。西土佐診療所でも、4月から2人いる医師が1人になる。

病院の資金不足の責任を職員に転嫁するような市、市長と職員が対立してゴタゴタしているような病院に、来たいと思うような医師はいないだろう。医師は、働き甲斐がある病院、市長がしっかり支えてくれる病院を望んでいる。そんな病院で安心して働きたいと思っている。

また、給与カットは、病院の経営改善や拡充に向けて努力している職員のモチベーションを下げてしまう。職員のやる気がなくなれば、どんな改革もできない。自殺行為である。

一般会計からの繰り入れを渋る理由に、財政見通しがきびしいことをあげている。しかし、最初に繰り入れをした10年前に比べると、四万十市の財政事情は着実によくなってきている。市の貯金(基金)も積み増してきている。

現市長は市民病院をどんな病院にしたいのかメッセージもない。私が在任中、病院のホームページをリニューアルし、「病院開設者からのメッセージ」の窓を設けた。開設者とは最高責任者である市長のことだ。私は、市民病院は市民の命と健康を守るために必要であり、さらに拡充させたいということを、何度も発した。

しかし、現市長はメッセージを一度も書いたことがない。それどころか、この窓を閉鎖してしまった。(市ホームページでは「窓」は残っているが、メッセージが載ったことがない)

市民が市民病院に期待しているのは、医療の充実である。目先の赤字か、黒字か、ではない。医療が充実すれば、おのずと結果(収支)はついてくる。

いま邁進すべきは医療の充実に向けてである。それが最善の経営改善策である。木を見るのではなく、森を見なければならない。

(続く)

市民病院への心(1)

  四万十市議会3月定例会は、きょう18日、閉会した。執行部提出の議案は、すべて原案通り承認された。その中に、四万十市立市民病院会計への、次の資金対応が含まれている。

(1)2015年度補正予算 一般会計から長期貸出1億円
(2)2016年度当初予算 一般会計から繰り入れ2億円(うち1億円は市職員全員の給与カットで財源を確保)

この対応について、以下、私の意見を述べたい。

市民病院の経営問題の背景や、私が市長在任の2013年までの経過等については、このブログですでに2回書いている(2013.10.5 2014.3.8)。

要約すれば・・・
市民病院は経営収支の悪化により、2007年度から資金不足に陥った。収支悪化の根本要因は医師の減少。2004年スタートした国の新医師臨床研修制度の影響を受け、市民病院の常勤医師はピーク18人から私が市長就任した2009年には6人にまで減った。このため医療収入が減り、市は一般会計から市民病院会計へ、資金投入をせざるをえなくなった。

今回の対応までを整理すると、以下の通り。

2007年度 繰り入れ 300百万円
   8年度  同   220百万円 同額市職員全員給与カット
   9年度  同    70百万円+病院職員給与カット63百万円

  10年度        0
  11年度 繰り入れ  77百万円 議会が2度否決のうえ
  12年度 長期貸付  86百万円 繰り入れ原案を議会が貸付に修正
  13年度 繰り入れ  35百万円

  14年度 長期貸付 500百万円
  15年度  同    60百万円+(補正予算)100百万円
  16年度 繰り入れ 200百万円 うち半額は市職員全員給与カット

「繰り入れ」とは、資金ショートを防ぐため一般会計からの資金贈与することで、公営企業法では「基準外繰り入れ」という。長期貸付とは、期間3~5年後に返済を求めるもの。

最初の2007年は、初めての事態であり、私の前の市長が緊急対応として3億円を繰り入れた。しかし、翌08年は市の財政難を理由に市職員全員の給与カットで充当、09年は病院の自己責任を求め半額は繰り入れるが半額は病院職員だけの給与カットで充当、10年からは今後繰り入れはしないという方針(全額病院職員の給与カット)を出した。

そんな中、私は市長就任し、2010~13年の予算編成をおこなった。この4年間、私は1億円未満に抑えて繰り入れを行う予算をつくったが、給与カットはしなかった。(2012年の長期貸付は繰り入れ原案を議会が修正したもの)

理由は、病院経営悪化の責任は職員にはないから。私は経営コンサルを入れ、職員一丸となっていろんな経営改善策を講じたうえで、それでも不足する分は、市が繰り入れるのは当然と判断した。市民病院は市民のために必要な病院であるし、市民もそれを望んでいるから。

また、医師の確保に全力投入し、医師は6人から11人まで回復した。経営収支も着実に改善し、脳ドッグも始め、もう少し医師が増えれば黒字化という、一歩手前まできていた。このあたりのことは、以前のブログを読んでいただきたい。

そんな中、ここに来て、再び給与カットである。
「まさか」「またか」という思いである。

なぜ、こうなったのか。主因は、医師がその後増えていないからである。現市長は、就任前、自分は県や国との太いパイプをもっているから医師を増やすことができると豪語しており、それを公約にしていた。しかし、もう約3年たつのに、医師は11人のまま。

そんな中、4月から医師2人が退職する。

(続く)

17歳の特攻隊員

 高知県の特攻隊員を中心に追跡調査している大西正祐さんが、このほど2冊目の本「17歳の特攻隊員」を出版した。

大西さんの特攻隊員調査のきっかけは、昭和19年10月から始まった神風特別攻撃隊の第1陣に幡多郡大方町(現黒潮町)出身の2人(宮川正さん、野並哲さん)がいたことを知ったこと。2人とも旧制中村中学卒業生だった。この2人の生涯を軸にまとめたのが前著「二人の特攻隊員」。

今回の本で紹介をしているのは、やはり幡多郡大正村打井川(現高岡郡四万十町)生まれの特攻隊員山脇林さん。山脇さんは昭和2年生まれ、昭和19年12月、フィリピンミンドロ島沖の特攻作戦で散った。その時、わずか17歳(二等飛行兵曹)であった。

打井川といえば、四万十川支流沿い、いまは旧小学校跡に海洋堂ホビー館やカッパ館ができている。そのキャッチフレーズの通り、「辺鄙な」山の中だ。山を南に越えれば四万十市常六である。

昭和2年生まれは私の母と同年、父より2歳若い。山脇さんは父親の病死から6日後に生まれた。8歳上の兄と4歳上の姉がいた。兄が20歳で陸軍に召集されたこともあり、高等小学校を1年、13歳でやめ、農業に従事していたが、飛行機乗りになりたいという夢やみがたく、反対する家族を押し切り、16歳の時、海軍予科練に年齢制限ギリギリで志願。昭和18年4月、岩国航空隊に入った。

短期の猛訓練を受けたあと、館山、台湾、フィリピンへと移動。最後に日本を離れる時は、打井川の実家の上空を旋回してふるさとに別れを告げた。

大西さんが山脇さんの記録をまとめることができたのは、山脇さんの兄(敏麿さん)が調べた資料があったから。兄は、陸軍で満州、ボルネオと転戦し、最後は収容所に入れられたが、九死に一生を得て、昭和21年春生還した。帰国後、弟の死を知った。

以来、弟の戦友を全国に訪ね、フィリピンの基地跡(ミンドロ島バタンガス)にも出向いた。それらの資料を本にまとめたかったが、それを果たせず20年前に亡くなった。その遺志を受け継いだのが大西さんという訳だ。

17歳といえば、いまは高校生。そんな若い命を、「国のために」と敵艦に突っ込んでいかせた戦争とは、いったい何だったのか。

「国を守る」が再び喧伝される今だからこそ、多くの人に読んでもらいた。

 201603151002021a5.jpg

 アマゾン申し込み → http://www.amazon.co.jp/17%E6%AD%B3%E3%81%AE%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%9A%8A%E5%93%A1-%E5%B1%B1%E8%84%87%E6%9E%97%E4%BA%8C%E7%AD%89%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%85%B5%E6%9B%B9%E3%81%AE%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3-%E5%A4%A7%E8%A5%BF-%E6%AD%A3%E7%A5%90/dp/4863381360



石巻市立大川小学校

 きょうは3月11日。東日本大震災から5年たった。

これまでも何度か書いたが、きょうだからこそ再度強調をしておきたいことがある。石巻市立大川小学校のことである。全校生徒の7割、84人(教職員含む)が犠牲になったことから、大震災のシンボルになっている。

いま、地元では、校舎等を津波の記録として遺すか、忌まわしい記憶を払拭するために解体するか、最終議論が行われている。

大川小学校では、津波が近づいているのに、子供たちを校庭に集めたままで、避難させるのが遅れた。すぐ裏に小高い山があるのに、日ごろから避難訓練もしていなかった。そうした学校側の対応のまずさが問題にされ、くりかえし報道をされてきた。

私は震災の4カ月後、岩手、宮城の被災地視察に出かけたさい、大川小学校の惨状もこの目で見てきた。だからわかる。こうした報道に欠けていることが。

それは、大川小学校は海岸付近ではなく、内陸部にあったということ。詳しくは、北上川の河口から上流4キロの地点にあった。

現地を知らないまま報道に接した人は、海岸付近にある学校のはずなのに、なぜそんなまずい対応をしたのか、とんでもないことだとあきれる。そんな人が多いだろう。

しかし、私は現地を見て、現地の人の話を聞いた。それによれば、これまで過去の地震では、あんな大きな津波が川をさかのぼってきたことはなかった。記録にもない。だから、防災マップでも避難区域に入っていなかった。学校側も避難訓練をしていなかった。

まさに、地域ぐるみで「想定外」だったのだ。だからといって、学校側に責任がないと言いたいのではない。しかし、そうした地域であったということを、知っておく必要がある。

というのは、四万十市にも同様の地域が多いからだ。四万十川を津波が遡ってくることを想定しておかなければならない。しかも、河口から上流4キロ、大川小学校と同じような位置に、私の地元、八束小学校と八束保育園がある。

北上川と四万十川。
川も海の一部である。
川は津波を呼び込む。

大川小学校の教訓を無駄にしてはならない。

 石巻市 大川小学校     DSCN5933.jpg




選挙の主役

 7月予定の参議院選挙高知・徳島合区選挙区において、安保関連法案廃止をめざす統一候補が9日、大西聡弁護士(徳島)に決まったことを歓迎したい。

形の上では、民主党推薦の大西聡候補と共産党公認の三ヶ尻亮子候補が一本化したようにみえるが、これは単なる政党間の組み合わせの問題ではない。市民が主導して決めた統一候補ということである。

きのうの発表の場は、両県の市民団体(高知憲法アクション、オール徳島)が設営したもの。両団体と大西氏の3者で協定書に調印をした。これに野党各党も同意した。

協定に書かれたことは、以下の3点の実現をめざすということ。

① 安保関連法案の廃止。
② 日本政治における立憲主義と民主主義の回復
③ 集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回

高知憲法アクションは、昨年6月、安保関連法案に反対し立憲主義を守る市民組織として、昨年6月結成された。私も呼びかけ人の1人である。

昨年9月、安保関連法案は国会で強行採決され、日本は戦争ができる国にされてしまった。次は、憲法9条の改正が日程にのぼっている。

国民の半数以上は安保法案に反対である。なのに、アベ政治の暴走を許しているのは、選挙で自民党、公明党に多数を与えているからである。これは選挙を政党任せにしてきた市民の側にも責任がある。

ならば、選挙を市民の手に取り戻そう。次回参院選で自公に3分の2を与えれば、いよいよ憲法9条の改正が国会で発議される。これを阻止するためには、安保関連法案に反対する市民が力を合わせて選挙を戦わなければならない。

市民が立ち上がった。
こうした経緯から、今回の統一候補決定になったのである。

安保関連法を廃止するため、立憲主義を回復するため、憲法9条改正を阻止するため、私は大西聡候補を応援します。

 DSC_1142-1.jpg

陶芸家 武吉廣和

先日、陶芸家武吉廣和さんの個展に行ってきた。会場は四万十町日野地の自宅。窪川の中心部から四万十川に沿って30分ほど遡った松葉川温泉近くの山の斜面に自宅兼窯場がある。

  20160304110732c87.jpg     20160304110608f97.jpg

私は40歳になったころから焼き物にはまっている。焼き物は、土と炎の芸術である。人間は土に生まれ、火に焼かれて土に帰る。人間の原点の姿がそこにある。

といっても、私は自分で作ることよりも、作品を見るほう。東京や大阪では、百貨店の美術画廊や陶芸サロンをはしごした。また、出張の多い仕事だったので、そのついでや、休みを利用して、全国の伝統的窯場は、ほとんどでかけた。「六古窯」といわれる、瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前など。主に、ぐい呑み、徳利などの酒器を求めた。

四国には土がない。だから、伝統的窯場が少なく、高知県にも尾戸、内原野があるが、全国的に知られているのは砥部(愛媛)くらい。だから、高知県の陶芸家とは縁がなかったし、注目もしていなかった。

武吉さん初めてお会いしたのは13年前。窪川に、武吉さんという、焼き締め陶にこだわった陶芸家がいるという話を、誰かから耳にした。そこで、当時、東京にいた私は、8月のお盆の帰省のさい、南国市で開かれていた個展会場を訪ねてみた。

その作品を見て、話を聞いて、自分のふるさとに、こんな芸術家の極限のような陶芸作家がいたとは、驚異であった。以来、何度も自宅アトリエには伺っている。

武吉さんは昭和25年生まれ。全国の窯場を行脚したあと、28歳の時、父のふるさとに近いこの場所に窯をつくった。地元の土などいろんな土を使って試行錯誤したあとは、信楽土を使った焼き締め陶にこだわっている。

武吉さんのすごいところは、土と炎の極限まで追いつめること。焼成温度ピーク1350度で10日間焼き続ける。使う赤松は30トン。備前、信楽、伊賀など、私は全国の多くの焼き締め作家を知っているが、こんな作家はいない。

メインにつくる壺などの作品を見れば、その違いは歴然としている。無限、深淵、荘厳・・・言葉では言い尽くせない。

 20160304110610ba0.jpg     201603041106090ef.jpg


自分で松を倒し、マキをつくる。窯炊きは極限の作業であるため、いまは数年に一度しか炊かない(炊けない)。直近の窯炊きは3年前であり、次の予定もたっていない。

最近は、個展はもっぱら自宅で。武吉さんの極限の芸術を理解しているファンが訪ねてくる。

極限の芸術は極限の生活から生まれる。
極限の中から、日本や世界が見えてくる。

その行く末を憂い、自給自足に活路を求める。
伺った日も、裏山の開墾に精を出していた。

奥様のシカ肉料理は絶品であった。

2016030411060762f.jpg     20160304110729631.jpg     2016030411073139d.jpg

武吉廣和ホームページ →http://takeyoshi.dante.jp/





プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR