FC2ブログ

17歳の特攻隊員

 高知県の特攻隊員を中心に追跡調査している大西正祐さんが、このほど2冊目の本「17歳の特攻隊員」を出版した。

大西さんの特攻隊員調査のきっかけは、昭和19年10月から始まった神風特別攻撃隊の第1陣に幡多郡大方町(現黒潮町)出身の2人(宮川正さん、野並哲さん)がいたことを知ったこと。2人とも旧制中村中学卒業生だった。この2人の生涯を軸にまとめたのが前著「二人の特攻隊員」。

今回の本で紹介をしているのは、やはり幡多郡大正村打井川(現高岡郡四万十町)生まれの特攻隊員山脇林さん。山脇さんは昭和2年生まれ、昭和19年12月、フィリピンミンドロ島沖の特攻作戦で散った。その時、わずか17歳(二等飛行兵曹)であった。

打井川といえば、四万十川支流沿い、いまは旧小学校跡に海洋堂ホビー館やカッパ館ができている。そのキャッチフレーズの通り、「辺鄙な」山の中だ。山を南に越えれば四万十市常六である。

昭和2年生まれは私の母と同年、父より2歳若い。山脇さんは父親の病死から6日後に生まれた。8歳上の兄と4歳上の姉がいた。兄が20歳で陸軍に召集されたこともあり、高等小学校を1年、13歳でやめ、農業に従事していたが、飛行機乗りになりたいという夢やみがたく、反対する家族を押し切り、16歳の時、海軍予科練に年齢制限ギリギリで志願。昭和18年4月、岩国航空隊に入った。

短期の猛訓練を受けたあと、館山、台湾、フィリピンへと移動。最後に日本を離れる時は、打井川の実家の上空を旋回してふるさとに別れを告げた。

大西さんが山脇さんの記録をまとめることができたのは、山脇さんの兄(敏麿さん)が調べた資料があったから。兄は、陸軍で満州、ボルネオと転戦し、最後は収容所に入れられたが、九死に一生を得て、昭和21年春生還した。帰国後、弟の死を知った。

以来、弟の戦友を全国に訪ね、フィリピンの基地跡(ミンドロ島バタンガス)にも出向いた。それらの資料を本にまとめたかったが、それを果たせず20年前に亡くなった。その遺志を受け継いだのが大西さんという訳だ。

17歳といえば、いまは高校生。そんな若い命を、「国のために」と敵艦に突っ込んでいかせた戦争とは、いったい何だったのか。

「国を守る」が再び喧伝される今だからこそ、多くの人に読んでもらいた。

 201603151002021a5.jpg

 アマゾン申し込み → http://www.amazon.co.jp/17%E6%AD%B3%E3%81%AE%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%9A%8A%E5%93%A1-%E5%B1%B1%E8%84%87%E6%9E%97%E4%BA%8C%E7%AD%89%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%85%B5%E6%9B%B9%E3%81%AE%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3-%E5%A4%A7%E8%A5%BF-%E6%AD%A3%E7%A5%90/dp/4863381360



プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR