自由之碑 

 市内右山にある太平寺の下の道はいつも車で通るっているが、寺に入ることはめったにない。28日、久しぶりに階段を上って、庭の隅に立つ「自由之碑」を見てきた。

碑は明治24年11月に建てられたもので、私の背丈よりも高い2メートルくらいの石に長文の漢字が刻まれている。といっても苔むしているためとても判読はできないが、「中村市史」に、その内容が載っている。

 201612291820032d9.jpg

明治22年2月、帝国憲法が発布され、翌23年7月、わが国最初の衆議院選挙がおこなわれることになり、政府支持の国民党と反政府の自由党が争った。

自由党は自由民権運動発祥の地高知で生まれた。だから、高知県では、両派の抗争は熾烈をきわめ、ついに死者まででた。太平寺下で両派乱闘となり、自由党側の27歳の杉内清太郎が短刀で刺されたのだ。相手はすぐに自首した。市史では「右山事件」とされている。

碑には、その死を悼む内容が刻まれている。長文の最後は・・・

 生愛自由 
 死為自由
 人貴自由
 碑表自由

「自由を愛し自由のために死ぬ人は貴い」という意味。
 
 竹内綱撰
 大江卓書

2人はともに宿毛の自由党員で、竹内綱は吉田茂の父である。

この「自由之碑」は自由党のシンボルとして、いろんなところで紹介されている。

幡多での両派抗争事件は、ほかにも「下田事件」「和田事件」「伊予野事件」(小筑紫)などもあった。「伊予野事件」では、逆に国民党派運動員が自由党派から銃で殺されている。

宿毛は自由党の牙城であった。しかし、中村は国民党のほうが強かった。

幸徳秋水母の実家の叔父小野道一(妻は安岡良亮娘の英子)は国民党派の県会議員で、議長もつとめた人であった。

なのに、右山事件当時、19歳の幸徳秋水は民権運動にあこがれ中村から出奔し、大阪で中江兆民の書生になっていた。

その後、秋水は兆民に従って東京に移る。続いて小野道一も政治を離れて、家族で東京に出てきたことから、独身の秋水は小野家にしばし同居することになる。

身内同士ゆえに、考えが両派に分かれていたとしても、日常生活においては大きな問題ではなかったようだ

しかし、明治28年、小野道一が急死したことから、秋水は別に家を構えて、最初の結婚をすることになるのだが(相手は元久留米藩士の娘西村ルイ)、私は小野道一および、その残された家族(安岡良亮娘と孫)について、いま興味をもって調べている。少しずつ、書いていきたいと思っている。

 20161229181945f77.jpg     20161229182001fb2.jpg


 

 

兼松林檎郎

 12月21日は、南海地震から70年目の日であった。全国で最も多い死者286人を出した中村では、南海地震を語る場合、この人の名前が必ず出る。

兼松林檎郎は、戦後間もないころの青年団運動のリーダーであった。昭和20年8月の敗戦の翌9月、早くも中村町青年団を結成し、団長に。当時27歳(大正7年生)。

昭和21年3月、幡多郡連合青年団、22年3月、高知県連合青年団へと組織を広げ、それぞれ団長に就いている。

 20161226084755462.jpg     20161226084800ccb.jpg

林檎郎が、いつも訴えたのは「団結すれば立ち、分裂すれば倒れる」。

その活動のシンボルが、南海地震被災からの復旧支援活動であった。震災直後、道路寸断の中、高知市から海路下田に着いた救援物資は地元青年団による人海戦術で町に運ばれた。さらに、継続して幡多郡の青年団は中村に救援隊を派遣した。

いまでいうボランティア活動だが、特筆すべきは、それだけにとどまらず、青年団は行政をリードし、戦後復興の一翼を担ったこと。

その一つが、愛育園を立ち上げたこと。被災後の子どもたちを預かるために、青年団で土地を求め、バラックの施設をつくった。県の認可もえて、正式の保育園として認めさせた。役員は無報酬で運営。当時、青年団がつくって保育園として全国から注目を浴びた。

この愛育園は、その後中村町→中村市に移管された。現在も、同じ場所、同じ名前で続いている。公立の保育園としては、めずらしい名前となっているのは、そんな経過による。

いま、中村市街地にある、この「愛育園」と「もみじ保育園」の統合計画が進んでいるが、こんな歴史のある愛育園の名前は、ぜひ残してほしいと思う。

もう一つが、幡多公民学校の設立。正式名称は、「幡多郡連合青年団立 幡多公民高等学院」。戦後の混乱の中、向学心があっても経済的事情で高校へ行けない青年のために、授業は毎月1週間、年限3年の学校をつくった。

学校法人として認可も受け、卒業生は高校卒の資格が与えられた。講師陣は中村高校教員中心に、各分野から応援参加した(簿記の幸徳正三税理士氏など)。学院は10年間続き、多い年で1学年50~60人集まった。清水、北幡など、遠距離青年のために合宿施設も併設した。

こうした、一般的な青年団活動の領域を超えるような取り組みができたのは、林檎郎の指導力によるところ大であった。

しかし、林檎郎は戦時中から結核をわずらっていた。1954年(昭和29年)1月、36歳で没する。痩身色白の姿のどこ、そんなエネルギーは潜んでいたのか。短い時間とわかっていたからこそ、命を燃やしたのだろう。

1967年(昭和42年)、「幡多郡青年」(当時の仲間たち)は、中村城跡三の丸に「兼松林檎郎をたたえて」の碑を建てた。「南海大地震記念碑」のとなりに。

 20161226084818e20.jpg

いま、林檎郎を知る人はわずかになった。今回、そんな何人かに話を聞いた。また、1993年(平成10年)にまとめられた「青春の軌跡―幡多郡連合青年団活動の記録」も読んだ。

いま聞く林檎郎はカリスマ的であり、かなりの部分神格化、偶像化されている。

なぜか。戦争から解放され、新しい時代へ急旋回する、混乱と混沌の時代に、救世主のように突然現れ、あっと言う間に消えてしまったからであると思う。

一方で、彼の思想と行動は、「犠牲的奉仕活動」の域を出ず、社会の矛盾を追求し、変革をめざすような広がりをもっていなかった、という話も聞いた。

公民学校は自分の家の敷地を提供して建てたものであり、合宿青年の賄は母親、妹などが家族ぐるみで対応した。場所は、小性町のいま中村病院があるところで、そこには戦前父親が経営していた兼松病院があった。彼は家の財産を「食いつぶした」のだ。

彼は「政治」からは一線を引いていた。

しかし、昭和30年代後半から40年代、彼の指導や影響を受けた青年団活動家たちの中から、幡多郡下自治体に「革新首長」が多く生まれている。

「三川」と言われた、長谷川賀彦(中村市長)、矢野川俊喜(土佐清水市長)、小野川俊二(大方町長)のほか、中平幹運(西土佐村長)などである。

また、教育の分野でも、生活に密着した綴り方運動や、勤評反対運動などが、幡多郡で大きく盛り上がった背景には青年団運動があり、その中心に林檎郎がいたことは間違いない。

私は実物の林檎郎を知らない。伝説化された林檎郎しか。

しかし、その名前を知る人すらも少なくなってきている。誰かきちんとした記録を残してほしいと思う。

兼松家墓は市内右山にある。

 201612262008405c1.jpg



南海地震記念碑の教え

  南海地震から70年     

      南海地震記念碑 に刻まれた言葉
        四万十市 中村城三の丸跡

昭和二十一年十二月二十一日午前四時十五分突然起つ

た南海大地震は史上稀なものでわが中村町は一瞬にし

て全壊一千百余半壊六百余全焼六十六戸實に全町の八

割を失い加うるに二百七十八の生命を奪い千数百の重

軽症者を出してさながらこの世の地獄を現出した

震源地は潮の岬西南五十粁の海底であるにかかわらず

中村町の被害が特に大きかつたのは地盤が軟弱である

事が重大な原因であると学者は指摘している

太平洋戦禍につぐ震禍で中村町の復興は至難であると

思われたが不屈の町民性と燃ゆるが如き郷土愛はその

後四ヶ年にしてほとんど復興を完成したその間各方面

から寄せられた特別の同情援助に對しては永遠に感謝

を忘れてはならない

安政大地震すぎて九十二年今又次の震災に遭うて後人

に遺す言葉は


「 災害は忘れかけた頃やつてくる 」


      一九五〇年一二月二一日


 20161222171823157.jpg     201612221718103d3.jpg     20161222171809770.jpg



大河ドラマへの期待

 NHK大河ドラマ「真田丸」が終わった。

大河ドラマは、以前はたいてい見ていたが、最近は興味関心があるテーマに限っている。今年「真田丸」を見たのは、真田幸村について詳しく知りたかったから。信州上田の武士が、なぜ大坂方に味方したのか。(以前の大河「真田太平記」は見逃していた)

結構楽しめた。三谷幸喜の脚本だけあって、エンターテイメント中心で、かなり脚色されていたようであるが、そこには元武田信玄輩下の弱小一族が戦国乱世を生き残ろうとする、融通無碍のしたたかさがあった。

所属政党を変え、あるいは党名を変えて離合集散を繰り返す、いまの政治集団が重なってみえた。しかし、幸村は、最後は豊臣への「義」を通した。いまの政治の世界で「義」とは何か。考えさせられた。

来年の大河「おんな城主直虎」は見るつもりはない。またまた、時代劇か、と思うからだ。

最近の大河のテーマは、戦国もの、幕末維新ものなどの繰り返しで、代り映えがしない。特定の英雄を取り上げるのでは、もう扱う人物も底をついたのではないか。通算57作目、再来年の「西郷どん」もまたか、という感だ。

NHKはもっと近現代史を扱うべきだと思う。かつてNHKには、そんなチャレンジもあったのに。1984年「山河燃ゆ」、1986年「いのち」がそうだ。昭和を扱っていた。

特に、「山河燃ゆ」の原作は山崎豊子「二つの祖国」で、アメリカ移民の家に生まれた兄弟が敵味方に別れて戦うという、シリアスなテーマだった。戦争を真正面から取り上げていた。

また、1980年「獅子の時代」(山田太一オリジナル脚本)は、幕末維新を扱ったものとはいえ、架空の人物2人を主人公にして、近代日本の起点となった明治維新とは何だったのかを、底辺の人たちの視点から問題提起する、重厚な作品であった。

そんな時代もあったのに・・・

それに比べ最近は、女性を主人公にするとか、いろいろ工夫はしているようだが、そういう女性にしても知る人ぞ知る有名人であり、英雄史観の域を出るものでない。歴史を深く考えるというよりも、エンターテイメント中心になっている。

それはそれでおもしろいが(私も楽しんでいる)、もっと悩み考える、現在の問題につながるテーマにも挑戦してほしい。

歴史を学ぶことは、現在を知るため。

明治維新以降日本が歩んだ道が、なぜ昭和20年8月15日に行きついたのか。

その後、日本が歩んできた「平和の道」が根底から覆されようとしている今だからこそ、日本人みんなが考えなければならない。

最近のNHKは「アベチャンネル」と言われている。
そんな汚名を晴らしてほしい。

TPPと高知県知事

 尾﨑正直高知県知事は、12月15日、県議会での質問に答える形で、「米国のトランプ次期大統領がTPPからの脱退を表明し、発効が不透明となっているが、国が承認案・関連法案を成立させたことは、自由貿易拡大に向けた日本の姿勢を世界に示すもので意義がある。」と述べた。

政府の主張そのまま、コピペである。

尾崎知事は、これまではTPPに対しては、やむを得ないというようなニュアンスだったとはいえ、曖昧な言い方で逃げてきた。なのに、政府が窮地に追い込まれて、恥の上塗りのような開き直った言い方をしている今になって、ここまではっきりと言うのは、政府に助け船を出して、いい顔を見せたいというのがミエミエである。

また、あきれた発言で高知県の恥を全国にさらした、地元の山本有二農水大臣を弁護してやりたかったのだろう。

尾崎知事は、一方で、TPPの「負の側面」にも触れ、高知県のような、中山間地域が多く、高齢化が進む地域の農業などが不利とならないよう、政府に地方の実情を訴え、きめ細かな対策を求めていく、とも述べている。

しかし、これは言い訳にすぎない。

TPPが掲げる「自由貿易」とか「成長戦略」とは、強いものがより富み、弱いものがより貧しくなる、弱肉強食を加速化していくものである。

戦後一貫して続いている、中央と地方の格差、東京一極集中は、自由競争の名のもとに、労働力を都会にシフトさせるために、地方を切り捨ててきた結果であり、その構図はいまも続いており、さらにTPPで地方が決定的ダメージを受けることは明らかである。

いまの「地方創生」もそうであるが、政府は、これまでも、その都度わずかばかりのカネをばらいて、問題の本質をぼかし、地方の不満をたくみにコントロールしてきた。

TPPは、「正の側面」とか「負の側面」とか、分けて考えること自体が間違いである。本質は何なのか。高知県のためになるのか、どうかで真剣に考えるのが知事の責務である。

元財務官僚である尾﨑知事は、政府がいう地方対策が言い逃れにすぎないこと、そんなことはわかっているはずである。わかっていながら、政府擁護の発言をするのは、県民への背信である。

尾崎知事は、中山間地域対策では県の独自政策にも取り組んでおり、それはそれとして評価できる面もある。

しかし、そんな県の独自政策と正面から対立するのがTPPである。ならば、なぜ堂々とTPP反対と言えないのか。

県民と政府に対して両方に甘い顔を見せようとする。そこに矛盾がある。

伊方原発再稼働容認しかり、安保法案賛成発言しかり。
訳のわからない理屈をこねまわして、トタンに端切れが悪くなる。

県民の利益を代表するのが知事である。
政府にも堂々とモノが言えないのでは、知事の資格はない。

猫が大虎に TPP

 TPP承認法案と関連法案が、12月9日、参議院で可決された。トランプ米次期大統領が離脱を表明しているため、TPPはもはや発動されないは明らかなのに、強引に通した。まるで虎が牙をむきだしたように。

しかし、自民党は最初、おとなしい飼い猫であった。

2012年総選挙の公約は、「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、TPP交渉参加せず」であり、「TPP断固粉砕」のポスターを掲げて、政権を奪取した。

その後、TPP交渉に参加したが、国会決議「農産物主要5品目を守れなければ離脱する」を受けて、交渉次第では、いつでも手を引くということをさかんに言っていた。あくまで、受け身のようなポーズをみせていた。

ところがだんだんと猫の気性が荒くなる。農業団体からの強い抵抗を受けたことから、その仕打ちに「農協改革」と称して、農協組織つぶしに爪をとぐ。全国農協中央会組織を改編させた。

2014年総選挙でも勝ったことに自信を得たのだろう、猫の化けの皮がはげてくる。TPPは需要な成長戦略だ。自由貿易なくして日本の将来はない、などと。

数の奢りに自己陶酔してしまって、肝心のアメリカの出方の判断を誤ってしまった。大統領選挙では、両候補がTPP反対を唱えた。それでも、クリントンなら、なんとかなるだろうと勝手に思い込み。しかし、トランプが勝った。

ならば、謙虚に頭を冷やして、しばらく様子を見るのが普通である。国会承認を急ぐ必要はない。

ところが、毒食らわば皿まで。やはり猫かぶりだった。猫は大虎になってしまった。走り出した虎は止まらない。

今度は、TPPは日本がリードするのだと言い始めた。主役きどりだ。外国から見れば恥の上塗りにしか見えない。(一方では、地球温暖化対策のためのパリ協定批准は遅れた)

虎の暴走は、TPPだけにとどまらない。
安保法案、原発、沖縄もそうであるが、今回またカジノ法案も。

凶暴勝手な虎を早く仕留めないと、日本にはネズミ一匹住めなくなってしまう。
虎の遠吠え、ではすまされない。

葛根廟事件

12月4日、道の駅「よって西土佐」で、シンポジウム「葛根廟事件を考える」が開かれた。

同事件とは、太平洋戦争中、満州内蒙古葛根廟でおこったソ連軍による「日本人大量虐殺」(約1300人中、生き残り130人)のこと。

昭和20年8月9日、ソ連が参戦。戦車部隊が満州攻撃をはじめる。満州国興安総省首都興安にいた日本人は、男はほとんどが召集され、老人、女、子供が中心だった。集団で避難途上、8月14日、ソ連軍の追撃を受けた。

生き残りの1人、当時10歳であった大島満吉さん(81歳、興安街命日会代表、東京都)が生々しい体験談を、声を詰まらせながら話してくれた。

  20161205120615087.jpg

同事件のことを私はほとんど知らなかったので、事前に本(大櫛戌辰「炎昼 私説葛根廟事件」)を読み、大島さんにも質問し、わかったこと。

連合軍(米・英・ソ・中)はソ連の参戦を決めていた。日本軍(関東軍)はそれを察知し、その場合、負けることはわかっていたので、満州国首都新京以南に撤退することを、密かに決めていた。興安でも突然、関東軍が消えた。

避難民の中には、在郷軍人(軍OB)もいて、銃をもっていた。関東軍を追撃するソ連軍は、避難民の中に日本軍がまぎれこんでいるとみて攻撃した。避難民は逃げた関東軍の盾にされた。

軍人(現地召集者も)は、シベリアに送られたものの、大半が生き残って日本に帰れた。死んだのは、女、子どもたち。

西土佐(旧江川崎村、旧津大村)からも、開拓団が満州に送りこまれ、多くの犠牲者を出したが、葛根廟とは遠く離れており、この事件には関係していない。西土佐の犠牲者は、避難途上の飢餓と病気によるものが大半で、一部現地人襲撃もある。

なぜ、西土佐でシンポジウムが行われたのか。
西土佐では、満州犠牲の記録を残そうと、資料展示室(権谷せせらぎ交流館)をつくっている。また、引き揚げ者の2世、3世などを中心に、「西土佐の満州分村を語り継ぐ会」も結成されている。

そのことを聞いた、葛根廟事件生き残りの1人で、事件の追跡調査をしている大櫛戌辰氏(福岡市)が関係資料を西土佐に寄託した。また、四万十市中村には、本人は日本にいて無事だったが、父親を事件で失った青木浩さんがおられた。(高知県関係者犠牲者は16人)

道の駅が会場になったのは、「・・・語り継ぐ会」会長の林大介さん(父が満州引き揚げ者)が、道の駅駅長をされている、から。

道の駅には、11月27日~12月11日、大櫛氏から寄託された葛根廟事件資料の一部のほか、旧江川崎村満州開拓団資料も展示している。

 20161205120624e24.jpg   2016120512061497b.jpg   20161205120626cb2.jpg

道の駅「よって西土佐」は、食べ物等の商品販売だけでなく、2階は会議等にも使える地域交流スペースになっており、情報も発信している。ここで、展示も行われており、シンポジウムも行われた。

満州開拓団関係の資料館は全国に2つ。ここ(せせらぎ交流館)と、もう一つは、長野県阿智村。

11月、天皇、皇后が、阿智村資料館を訪ねている。天皇のたっての希望だったという。その感想を、大島さんに聞いたら、「うれしい」と言われた。

戦争の記録はきちんと残し、後世に語り継がねばならない。道の駅が、今後もそうした役割を果たしてくれることを期待している。

 201612051206223a1.jpg


プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR