FC2ブログ

木崎湖

NHKBS「火野正平こころの旅 とうちゃこ」へ出した手紙です。採用はされませんでしたが、以下掲載させてもらいます。


 正平さん、スタッフのみなさん、今年の春の旅のスタートでは、わが高知県四万十市においでくださり、ありがとうございました。以来、この放送を見させていただいております。 

さて、私の心の風景は、長野県大町市にある木崎湖です。もう43年前の昭和49年のこと。私は東京の大学の3年生で、日本史研究会という小さなサークルに入っていました。  

学校が夏休みに入った7月、大町市新行の名前は忘れましたがある民宿で夏合宿をすることになりました。新行は標高900mで夏も涼しく、勉強にも最適ということで、当時受験生や大学ゼミなどに人気がありました。 

私たち7名は、「日本資本主義分析」という本をテキストに使い、2日間外にも出ず、熱心に議論をし、意見をたたかわせました。

3日目の午後にやっと区切りをつけ、せっかく信州に来たのだからと、近くのお店に貸自転車があるというので、それを借りて、木崎湖まで行ってみようということになりました。  

軽快に坂を下って10分ほど走ると、目の中に青く澄み切った湖が飛び込んできました。あまりにきれいなので、湖を一周することにしました。  

ところが、途中から急に雲行きが怪しくなり、土砂降りの雨に。私たちはずぶぬれになりました。帰りの坂は自転車を押して、やっとの思いで民宿に帰り着きました。  

しかし、その夜の打ち上げは、合宿の達成感から、大いに盛り上がりました。いろんな歌をうたいました。ちょうどそのころ発表された、山本コウタローの「湖めぐり」ならぬ「岬めぐり」もその一つでした。  

私は早期退職後ふるさとにUターンしてから9年。ほかの6人もいまは全国にバラバラでなかなか会う機会もありません。 
 
しかし、一生懸命歴史の勉強をし、必死で議論を交わしたあの情熱、あの若いころの思い出が木崎湖で降られた土砂降りの雨とともに、よみがえってきます。私にとって大切な「こころの風景」になっています。

その後木崎湖には行ったことがないので、いつかもう一度行ってみたいと思っていますが、どうぞ正平さん、新行から下る道を通って、いまの木崎湖を訪ねてもらえないでしょうか。よろしくお願いいたします。 

 2017年8月13日
 高知県四万十市 田中全
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR