FC2ブログ

中村支藩の成立と断絶

10月28日、県立高知城歴史博物館館長 渡部淳氏 による講演会「中村支藩の成立と断絶 -内分支藩の問題を中心に- 」(主催:西南四国歴史文化研究会中村支部)に参加した。

土佐藩の中における中村藩の位置づけはどうだったのか、以前からよくわからなかったが、講演をきいてある程度わかってきた。

中村藩は土佐藩成立と同時に、山内一豊から弟康豊に分け与えられた。最初2万石であったが、2代目政豊に子がなかったことからいったん途絶える。まもなく3万石として復活したが、これも3代目豊明(大膳)にして、元禄2年(1689)、将軍綱吉から改易された。

中村藩は山内家の「内分分家」という位置づけ。「内分分家」とは、幕府が承認した独立した藩として参勤交代などが義務付けられているが、幕府からの指示命令は本家(土佐藩)を通じて行う、というもの。要は、本藩から独立半分・従属半分という中途半端な存在。

5代将軍綱吉は特殊な政権であった。いったん要職に登用したうえで突然改易された藩が多い。中村藩がその典型。若年寄に登用された豊明がそれを辞退したことで綱吉の怒りを買い改易。

家臣は散り散りに。町も解体された。土居屋敷46軒、侍屋敷68軒は石垣までも取り壊された。以降、中村には代官所が置かれ、本来の武士は消え(郷士、地下浪人などに)、転勤武士が交代で来るだけになった。

中村藩廃絶後、幕府は領地を取り上げた。年貢も幕府へ。しかし、土佐藩はこれに不服で、中村領地は内分分家であるから土佐藩に属していることを認めさせようと懇意の老中などを介して必死の根回しをおこなった。その結果、元禄9年、中村領が最終的に土佐藩に返還される。

中村藩の改易については、本藩の陰謀によるものという説をきいたことがあるが、決してそうではなく、幕府に没収され土佐一円支配が崩れてしまうかもしれないということで、本藩にとっても一大事であったのだ。

中村藩の改易により、中村の町は文字通り町人の町になった。家老伊賀家が治め続けた宿毛との違いはここにある。

ちなみに、中村で録を失った家臣の一人が江戸仕置役であった安岡久左衛門であり、間崎で郷士になった。実態は百姓と同じである。その子孫が安岡良亮(初代熊本県令)である。

時は流れ、維新後は

自由党(民権派)の拠点となった宿毛。
国民党(保守派)の牙城となった中村。

中村では町民文化の流れの中で、平民の中から幸徳秋水が生まれた。

その起点は中村藩の断絶にある。
このあたりのストーリーをもっと深め、筋立ててみたい。

 20171031085608ba2.jpg


 

道つくり

今日は地元実崎の氏神様である天満宮の秋祭りだが、あいにく台風にぶつかった。

実崎では、若者不足により数年前から奉納踊りと神輿かつぎはやめているので、台風に関係なく、地区役員だけで不破八幡さんから神主を呼んで、社殿の中で神事だけを行った。

きのうは雨の中、地区総出で「道つくり」をおこなった。道つくりとは、祭りの準備のことで、社殿、階段などを掃除し、鳥居にしめ縄を張り、幟も立てる。以前は地区全体の道をきれいにしていたが、人手不足から、最近は神社のまわりだけにしている。

「道つくり」とは、神様が社殿から出て来て地区を巡回し、災い等を払い浄めるために、道をきれいにするという意味だと思う。

よそでも同じ言葉があるのかと思い、ネットで検索してみたが、地区総出で溝掃除など道路を整備することというのにはヒットしたが、神事のことを書いた記事はなかった。ここらあたりだけで使う言葉なのだろうか。

ここらでは「田役」という言葉もある。田んぼの水路の清掃などを共同でやる作業だ。

これもネットで調べると、「田役」とは、もともとは神社の修理・補修等の費用に充てるために田に課す税という意味のこととあった。やはり神事につながっている。

ここらでは、地区総出の作業一般は「田役」と言い、神社の祭りの準備作業を「道つくり」と言って、使い分けている。

いずれも、参加できなかった家からは負担金を出してもらい、地区運営費に充てている。

地域を守ってくれている氏神様を地域全体で大事にする。
地域の人々のつながりがだんだんと薄れてきているだけに、「道つくり」をこれからも大切にしたい。

なお、みなさまのところでも「道つくり」という言葉があるか、またどう使われているか、教えてくださればうれしく思います。


20171028184333220.jpg   201710281843426ed.jpg   20171029102514795.jpg
写真は昨年の秋祭りの道つくり

前原の高笑い

今回の総選挙の勝者は2人いる。1人が安倍で、もう1人が前原だ。
 
前原誠司民進党代表は25日講演で、立憲民主党設立は「想定内」であった、「共産党などと共闘していれば、悲惨な結果になっていたのではないか」と発言した、と報道されている。

この言葉に 、今回の騒動の本質がある。前原の狙いは、民進党は分裂してもいいから、党全体が共産党などとの野党共闘でまとまることを阻止したかった、ということだ。「想定内」は本音だが、「共産党などと共闘していれば・・・」は強がり=言い訳である。

広田一が勝った高知2区が今回の選挙を象徴している。野党が一本化したから勝てたのだ。広田は2万1千票差で大勝したが、同区の共産党比例票は同数であったことから、共産党の協力がなければ当選できなかった。

選挙直前で時間不足ではあったが、立憲民主党、共産党、社民党は市民連合との間で7項目の政策合意を結び、ギリギリ共闘体制を組んだ。全国的に見れば、野党側が優勢だった沖縄、新潟、北海道はこうした共闘体制ができたところである。

昨年夏の参議院選挙では民進党を含めた野党共闘が全国32の一人区全てで実現し、11人が勝利した。

当時の民進党は岡田代表であったが、次の蓮舫代表の時も民進・共産・社民3党間で今後も共闘を進めるための協議をおこなっていく旨の3党合意がなされていた。これは公党間の合意であった。

このままいけば野党共闘を続けざるをえない。こうした状況下、民進党代表になった前原は共産党とはどうしても共闘したくなかった。だから、民進党をまるごと希望の党にシフトさせるという「奇策」を考えた。

結果は、シナリオ通り、野党が分裂したことにより安倍が勝利した。

全国226の小選挙区の当選者は与党183、野党43であった。しかし、朝日新聞試算では、仮に野党が一本化していれば、野党は63増え、与党120、野党106となっていた。

比例区は与党(自公)87、野党89と野党のほうが多いことから、全体では与党207、野党195と拮抗状態になっていたことになる。

こうした中、共産党は共闘が間に合わなかった選挙区においても、接戦予想区を中心に予定していた候補を公示直前になって67人降ろした。結果を見れば、立憲民主党当選者にその恩恵を受けた者が多い。僅差で競り勝った菅直人、海江田万里、阿部知子などがそうだ。山尾志桜里(無所属)も、だ。

共産党は候補者を降ろしたことも影響して比例区の票が伸びず、議席を減らした。しかし、その分、立憲民主党や元民進党の無所属の当選に貢献したといえる。身を捨てて野党共闘の大義=民主主義を守ったということだ。

安倍大勝から、前原の戦略は失敗したと報道されている。自身も責任をとって時期をみて民進党代表を辞任すると神妙なことを言っている。

しかし、本音は違うと思う。前原が一番避けたかったのは、民進党が野党共闘でまとまること。そのためには分裂させるしかない。安倍を勝たせもいいから、共産党とだけは組みたくない。

前原はこれに成功したのだから、胸の中で快哉を叫び、高笑いをしていることだろう。

しかし、見逃してはならないのは、こんな混乱を乗り越え、共闘体制を組んだ立憲民主、共産、社民を合わせた当選者は39→68人に増えていることである。さらに立憲民主が野党第1党になった。ほかに「無所属の会」の13人もいる。一方、希望の党は失速。大義を守ったのはどちらか、有権者の目は確かだ。

数だけを見れば、小選挙区制の恩恵により、自公が圧倒的多数を引き続き占めることになったが、新たな野党共闘の展望がはっきりと示されたことが今回の選挙の大きな成果である。

広田一の勝因

ドキドキしていたが、広田一さんが勝った。しかも2万1千票差の圧勝だった。

夜8時のテレビ選挙速報開始と同時に当選確実が出たので、驚いた。何かの間違いではないかと思うぐらいであった。勝利するにしても僅差の接戦になるとみていたからだ。一番驚いたのは、本人であったようだ。インタビューでもすぐには言葉がでなかった。

これだけの大差になったのは、なぜか。

第一は、まず候補者がよかったこと。新人といっても、参議院議員を2期12年経験しており、知名度は抜群。しかも、最初は無所属で当選(2回目から民主党)していることから、保守、革新を問わず、幅広い層に名前が浸透していた。さらに、人あたりがよく、さわやか。そんな人柄により、自力で多くの人脈をつくっていた。年も49歳とまだ若いのに、人付き合いがうまい。

第二は、野党共闘がうまく機能したこと。当初民進党から出馬する予定であったが、突然の民進党まるごと希望の党への移行さわぎで、無所属から出馬に変更した。これが逆によかった。元々無所属で出ていたこともあり、広田カラーにぴったりだった。また、昨年の参議院選挙(高知徳島合区)でできた野党共闘体制がうまく引き継がれた。広田さんは、安保法案反対の集会にも積極的に参加し、国会報告もしてくれた。今回このような形で共闘体制がとれたのは、高知、徳島では高知2区だけであったが、そのことは、広田さんという候補者がいたことが大きい。オール沖縄のような、オール高知という体制ができた。そしてみんな必死で動いた。

第三は、相手山本有二候補の自滅。今回が10期目ということで飽きられており、また日頃から言葉の軽い発言で地元人気もそうないうえに、昨年、農林大臣時代、TPP法案の採決をめぐる「失言」(強行採決を促す本音発言)で2度も国会で頭を下げた。これにより高知県民は恥をかかされた。地元ではTPP反対と言いながら、東京での行動と発言は別。そんな二枚舌がこれまでは支持基盤だった農林分野の反発を招いた。そこまで大きな不満が広がっているとは感じなかったが、結果をみると、やはり相当なものだったのだ。

こうした要因が重なって思わぬ大差となった。全国的にはアベ大勝という結果になったが、野党が統一すれば十分に闘えるということを示した。高知県には与党議員しかいないという厚い壁に風穴を開けたことでもこの勝利は大きい。(四国比例区で立憲民主党武内則男さんも議席をえた。2人とも幡多出身だ。)

今回の選挙は結果としてみれば、情勢が広田さんに幸運に動いた。これだけの大差がついたのは、実力以上のものである。勝ちすぎともいえるくらいだ。

敗れたとはいえ、山本有二候補は比例区で復活したことから、本当の意味の「世代交代」とはならなかった。次は、相手も必死で巻き返してくるだろう。

そのためにも、本人もわれわれ支援者も油断をせず気を引き締めて、いかなければならないと思う。

TPP発言を忘れない

私もそうだが、日本人は忘れやすい。特に政治のことは。しかし、こんなとんでもない政治家発言があったことは、いま決して忘れてはならない

日本の農業を外国に売り渡すことになるTPP法案は、去年11月、国会で強行採決された。その時は地元選出山本有二農林水産大臣であった。

衆議院で審議の最中に、佐藤勉議院運営委員長の政治資金パーティーに顔を出し、「強行採決するかどうかは、この佐藤氏が決める。だから、きょう、馳せ参じた」と、さも強行採決を促し、期待するような発言をし、野党の猛反発を受け謝罪した。

しかし、発言はそれだけにはとどまらなかった。
舌の根も乾かないうちに、別のパーティーで、今度は「この間、冗談を言ったらクビになりそうになりましたよ。これ以上、要らんことは言っちゃいけません」と発言。

さらに、別の場で、「JAの方々が大勢いるが、あすでも、この衆議院議員の紹介で農林水産省に来てくれれば、何かいいことがあるかもしれません」と。

山本議員は地元高知県では、TPPには反対であること盛んに言っていた。農協が取り組んだ反対署名にも応じた。

ところが国会に行くとだんまり。安倍首相に農林水産大臣にしてもらうと、にわかに有頂天になり、上記発言である。

野党からは大臣不適格として辞任を求められたが、安倍首相はかばい続けた。

同じ時期、別の高知県選出自民党の福井照議員も同じような問題発言をし、陳謝した。

言葉の軽さは人間の軽さである。
高知県には、こんな二枚舌議員しかいないのかと、われわれは全国に大恥をかかされた。

それなのに、いまポスターは「山に力を 海と大地に望みを」と書いている。
またも言葉だけ。しらじらしい。

こんな議員にはやめてもらったほうがいい。
高知県民の良識が問われている。
この選挙はその絶好のチャンスである。

追悼 北澤保さん

10月9日、北澤保さんが逝った。ふんばり続けた闘病生活であったがついに力尽きた。満79歳。

北澤さんは10万人に1人ともいわれる難病、消化管間質腫瘍(胃ジスト)を患っておられた。ジストとはガンの一種で胃や腸のまわりに、次から次へガン細胞であるポリープが発生する。

北澤さんは私が地元に帰ってくる前に、一度市議会開催中に議場で倒れられたことがあると聞いたが、私がはじめてお会いしたころはお元気に活動をされており、そのことは後で知った。

二度目に倒れられたのは、忘れもしない2011年3月の東日本大震災発生の時。高知の医療センターに運ばれ、開腹手術を受けられた。以降は手術の繰り返しで、術後は四万十市民病院に移り、容体が安定してから自宅に帰るというパターンであった。

私は市民病院と自宅に何度も見舞いに伺った。最後のころは、医者から手術は体に負担がかかるので無理をしなくてもいいのではないかと言われたそうだが、本人は最後まで手術を求めた。一度、笑いながら下着をめくりお腹を見せてくれたが、手術の傷跡がいたるところに地図を描いていた。開腹手術は通算で25回に及んだ。生きることへのすさまじい執念であった。

北澤さんは昭和13年、中村で生まれた。9人兄弟姉妹の3番目で次男。中村高校では剣道部。チームは県大会で団体優勝をするほどの強豪で、本人は3段であった。

高校卒業後は地元中村郵便局に入り内勤一筋。職場の全逓労働組合に入り、組合運動も一筋であった。真面目、誠実、几帳面な性格から、仕事でも組合でも周りの信頼を得たまとめ役であったそうだ。

地元労組の協議体である中村地区労では長く会長を務め、1980年代、総評解体による路線分裂以降も中村地区労はそのまま統一をした形で残り、いまでも統一メーデーが行われているのは北澤さんの接着力によるところが大きいことは、関係者の見方が一致するところである。そんな北澤さんは、土佐人にしてはめずらしく酒が呑めないというのも不思議であった。

2008年、私は里帰りしてから初めて北澤さんにお会いしたさい、開口一番、「ホウダン(豊暖)さんの息子さんだね」と言われビックリした。私の父は地元の小さな特定郵便局(八束郵便局)の局長を長くしていたので、組合の労使交渉のさい向こう側の席に並んでいたから、よく知っていると親しく話しかけていただいた。

北澤さんは郵便局を定年退職後の2001年、62歳の時、社会民主党から中村市会議員に出馬し当選し、議員を4期つとめられた。私の市長選挙でも全面的に支援していただいた。

市北部の山中にある片魚、大屋敷、常六などを1軒1軒案内してもらったことがあるが、いたるところに北澤さんの知り合いや支持者、ファンがおり、その顔の広さに驚いたものであった。北澤さんは、あゆみ共同作業所やシルバー人材センターの設立にもかかわり、それぞれ会長を務められた。

私が市長になってからも議会与党のまとめ役として支えていただいたが、少数与党であったため、何かとご苦労をおかけしたことを心苦しく思っている。

北澤さんは幸徳秋水顕彰運動でも常に先頭にたってこられた。戦後解放されてから、秋水の顕彰活動を担ってきたのは中村の労働組合であった。毎年1月24日の秋水刑死日に墓前祭を始め、いまに続いている。

北澤さんは労働運動の中で秋水を学び、顕彰運動を支えてきた。2000年、顕彰運動を組織化した「幸徳秋水を顕彰する会」では、初代事務局長に就いた。その後、森岡邦廣会長のあとを継いで2代目会長になられた。

2011年は、秋水刑死100年にあたったことから、北澤さんの提案を受け、市が主催する形で「幸徳秋水刑死100周年記念事業」をおこなうことができたことは私の市長時代の最大の歴史文化事業であったと思っており、北澤さんには感謝の気持ちでいっぱいである。

北澤さんは病気の進行により、本人の申し出があり、2015年5月の総会で秋水顕彰会会長を引かれた。顕彰会から永年のご功労に対して感謝状を贈呈させていただいた。

しかし、後任会長(3代目)になっていただいた久保知章さん(北澤さんと同年生れ)も本年6月、北澤さんより先に逝去された。(現会長は宮本博行さん)

秋水顕彰会にとって今年は、二人の元会長を立て続けに失うという大きな悲しみの底にあるが、しかし、お二人の遺志を継いで、この活動の輪をさらに広げていきたいと思っている。

北澤さんは、あちらで久保さんと一緒に大先輩の幸徳秋水に会っていることであろう。

北澤さん、どうぞ思う存分、秋水と語りあってください。
長い間、ありがとうございました。

 高知 市民と野党の共闘

 衆議院選挙高知第2区では、 高知憲法アクション(憲法改悪と安保法制をゆるさないことを目的に集った個人、民間団体による組織)と広田一氏(無所属出馬、旧民進党参議院議員) との間で政策4点において合意確認が行われ、これを受けて野党4党が同氏を共同候補者としてたたかうことを確認しました。確認協定書は以下の通り。
 なお、高知1区においても松本憲治氏(共産党)との間で同様の確認協定書が交わされています。ただし、1区においては、民進党は加わっていません。(希望の党からの候補者がいるため)
 


野党統一候補者の必勝をめざす協定書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

衆議院選挙に関する合意確認書

私たちは、昨年7月の参議院選挙における市民と野党の共闘による闘い、それに続く共謀罪反対の共同行動、毎月19日の「安保法廃止を求める」市民集会と、安保法廃止、立憲主義の回復、個人の自由や尊厳が守られる社会の実現へ向け、共闘と信頼関係を築いてきた。
この大義と信頼関係に基づき、今回の衆議院選挙において次の通り確認書を交わし、相互支援に基づき市民と野党共闘の共同候補者の勝利に向け全力を尽くす。
私たちが掲げる政策は、昨年の参議院選挙における12項目の政策、更には、本年4月に高知憲法アクションが発表した23項目の政策を基本にしながら、次の通りとする。
私たちがめざす社会像は、「誰もが個人として大切にされる社会」であり、その政策の柱は4つである。

「国に憲法を守らせる。立憲主義の回復」
「税の公正な取り方・使い方で、普通に生きられる社会への転換」
「正規雇用を当たり前に。残業なしで帰れる・暮らせる雇用政策の実現」
「原発ゼロ、再生可能エネルギーへの転換」

2017年10月5日

第48回衆議院選挙高知第2区予定候補者   広田一

戦争をさせない、戦争に行かない高知憲法アクション 呼びかけ人  川添高明 
                                             梶原守光

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 わたしたちは、第48回衆議院選挙において高知第2区予定候補者広田一氏と高知憲法アクションとの間で交わされた合意確認を高く評価し、市民と野党の共同候補者として必勝に向け力を尽くします。

2017年10月5日

民進党高知県総支部連合会 代表  近藤強

日本共産党高知県委員会  委員長 春名直章

社会民主党高知県連合   代表  久保耕次郎

新社会党高知県本部   執行委員長 小田米八
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR