FC2ブログ

紅白歌合戦

今夜は大みそか。恒例のNHK紅白歌合戦がある。
しかし、若いころは必ず見ていたが、だんだんと見ることが少なくなってきて、最近はほとんど見ない。

名前を知らない若い歌手ばかりで、見てもおもしろくないからだ。音もガンガンとうるさい。振付が激しく、歌ではなく、まるでダンスショーを見ているようだ。

かといって、年末ぐらいはゆっくりテレビを見てくつろぎたい。去年は録画をしていた寅さんの映画を見た。今年はどうしようかと思っていたら、きょうは朝からNHKBSで黒沢明シリーズをやっていたので、ちょうどいい。5作全部録画をした。その中から「七人の侍」を見ることにしよう。

紅白歌合戦の視聴率を調べてみた。1963年の81.4%が最高で、80年代までは70%をキープしていた。さすがに最近は、40%台まで落ちて来て、去年は40.2%だ。しかし、それでも「お化け番組」であることに変わりはない。

昔の記憶では、出場歌手はその頃の若い子ばかりでなく、ベテランも大勢出ていたような気がする。だから、家族みんなで楽しめた。

しかし、NHKの方針が変わったのだろうか、だんだんとベテランは隅に追いやられている。肩身が狭く、遠慮しいしい歌っているようで、気の毒だ。

それとも、昔から、紅白はその時代の若手歌手が中心であったのに、自分のほうが年をとったため、知らない歌手が多くなっているということだろうか。

時代についていけないのは、自分かもしれない。

しかし、そうであったとしても、少子高齢化のいまの時代、人口に占める若者の比率はドンドン落ちてきている。それならば、NHKとしても、もう少し高齢者にウエイトを置いた編成にしたほうがいいのではないだろうか。「思い出のメロディー」のような要素も加味してほしい。それならば、見てもいいと思う。

来年、前期高齢者に入る者のひがみだろうか。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR