FC2ブログ

学習会「四万十川を守れるか」

10月27日、脱原発をめざす首長会議主催の学習会「四万十川を守れるか~河川における原発放射能汚染を考える」を四万十市立中央公民館で開いた。

首長会議学習会は、これまでも全国各地で開いてきたが、会員相互の学習会に一般の人たちも参加を呼びかけるという位置づけであることから、定員100名の会議室で十分だろうと思っていたが、うれしい誤算で約160名の人たち(うち会員9名)が参加をしてくれた。補助イスを追加して、なんとか入ってもらえた。

最初に、首長会議の三上元世話人(前静岡県湖西市長)が挨拶。会設立(2012年、現在会員97名)の目的は、住民の生命と財産を守る責任をもつ首長として、原発のない社会をめざしていくこと。四国での学習会は初めてだが、きょうは伊方原発再稼働という重大な日に重なった。

44902234_2204983176202700_9034788552692465664_n.jpg   44958971_2204983212869363_7443355946635493376_n.jpg

第1講演は、グリーンピース・ドイツの核問題スペシャリスト、ショーンバーニさんによる「水に沈む放射能~福島原発周辺の水域への放射能調査」。

→ 資料 http://mayors.npfree.jp/wp-content/uploads/2018/10/GreenPeace_20181027-compressed.pdf

政府は原発周辺の除染を行ったというが、福島県の70%を占める森林は手付かず。放射能の一部は河川、海へと移動するが、残りは森林に貯えられ、長期間再循環または下流に向けてゆっくり移動する。一方、森林、湖、河川は巨大な放射能貯蔵庫になる。

44779495_2204983256202692_582762427104362496_n.jpg

河川の水は農業や生活に使われるため、河川に住む生物だけでなく、人間もセシウム汚染の影響を受ける。福島沿岸地方の14水系の流域に降ったセシウム総量の30%は阿武隈川水系に。

放射能は広範囲に降下し、陸地と淡水系に貯えられ、生態系内に数十年から数百年とどまる。放射能汚染は、社会・経済にも深刻な影響をもたらす。福島の湖の放射能ベクレルは琵琶湖の数千倍。

仮に、伊方原発で過酷事故がおこった場合、福島を上回る深刻な環境影響をもたらす可能性がある。

原発は、電気を「安定供給」できない。社会にも環境にも影響が少なく、かつ地域の雇用をもたらす省エネルギーと自然エネルギーに舵をとるべきである。

なお、グリーンピース調査報告書はネット公開されているので、詳しくはこちらを。

→ https://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20160721_AtomicDepths_JPN.pdf#search=%27%E6%B5%B7%E3%81%AB%E6%B2%88%E3%82%80%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%27

第2講演は、地元川漁師黒澤雄一郎氏(四万十川中央漁協アオノリ組合代表)による現地報告「四万十川生態系の現状」

黒澤氏は、福島原発事故の年、埼玉県から家族3人で避難移住。日本にこんな川がまだ残っているのかと感激し、川漁師を始めた。ウナギ、アオノリ漁などで、四万十川の恵みを日々実感している。

 45198457_2210552618979089_7436845656683053056_n.jpg

しかし、一方で、この7年間の経験からだけでも、川の環境変化に驚いている。川底に砂が堆積し、漁がむずかしくなってきており、危機感をおぼえる。

先輩川漁師にきくと、以前より水量が減った、川底の伏流水も少なくなり、川の水をためこむ力、活動力が弱まっている。

さらに、伊方で事故がおこれば、生活の場の四万十川までも失われてしまう。

続いて、質疑討論。

質問1 四万十川にも外来種のブラックバスやブルーグルはいるか。→いる。

質問2 安倍首相は、「フクシマはアンダーコントロールされている」とウソを言ったが、どこの国のトップもそうなのか。→権力者は真実を隠したがるものだが、日本のウソは特にひどい。

質問3、四万十川の名前の由来は何か(会員村西俊雄・元滋賀県愛荘町長) →いろんな説があるが、定説はない。3説紹介。

質問4、原発から海に捨てられる温排水について(明神照男・元明神水産会長)。 →海水温に影響大。

発言1 島岡幹夫さん(農業・元窪川原発反対町民会議代表)、川を守るためいま林業にも従事。

発言2 平井政志さん(NPOいきいきみはら会)、三原村での小水力発電事業への取り組みについて

発言3 岩城泰基・宇和島市議会議員、宇和島での伊方原発反対への取り組みについて。

発言4 梶正治・香川県丸亀市長(会員)、自己紹介

発言5、西村和平・兵庫県加西市長(会員)、自己紹介

脱原発をめざす首長会議から、「四国電力による伊方原発3号機の再稼働に反対する緊急アピール」を発表(佐藤和雄事務局長・元東京都小金井市長)

内容 →http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-471.html

44980354_2204983349536016_5660115860690305024_n.jpg

閉会挨拶 高瀨満伸・元四万十町長(会員)

 45004826_2210552448979106_2715886285741883392_n.jpg

学習会のテーマを「四万十川を守れるか」にしたことで、いわゆる脱原発集会とは異なる多彩な人々が参加し、会場は熱気がみなぎっていた。四万十川はみんなの生活に密着しているからだ。

例えば、四万十川対策担当の行政職員(四万十市2、四万十町2)、四万十川財団、四万十川自然再生協議会、漁業者(川、海)、農業者、林業者なども参加。

議員は高知県から四万十市6、四万十町2、愛媛県から宇和島市1、愛南町1、松野町1。

会員では、上記紹介した以外2名(沖本年男・元宿毛市長、吉門拓・元佐賀町長)参加。

以上のように、充実した学習会となった。
原発は四万十川にはふさわしくない。これを機に、地域にとっての生活の源である四万十川の将来を、みんなで考える輪が広がっていくことを期待するとともに、原発から自然再生エネルギーへ転換を促す声が一層広がることを願いたい。

 img004.jpg   高知新聞 2018 10 28
              高知新聞2018.10.28

共同通信配信記事 https://this.kiji.is/428854467741992033?c=39546741839462401

「伊方原発3号機の再稼働に反対する」緊急アピール

10月27日、脱原発をめざす首長会議が四万十市で開いた学習会「四万十川を守れるか~河川における原発放射能汚染を考える」において、発表したアピールです。


「四国電力による伊方原発3号機の再稼働に反対する」緊急アピール

2018年10月27日
於:四万十市立中央公民館

脱原発をめざす首長会議は、住民の生命・財産を守る首長の責務を自覚し、安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことを目的としている。今回の四国電力による伊方原発3号機の拙速な再稼働は、以下の理由から強く反対を表明するとともに、早急な運転停止を求める。

1.「社会通念」は3.11以降大きく変わっている
2018年9月25日の広島高裁、9月28日の大分地裁は、伊方原発3号機の再稼働を容認する決定を出した。この決定では、阿蘇山の破局的噴火について「自然災害として想定しなくても安全性に欠けるところはないとするのが、現時点での我が国の社会通念である」と述べ、稼働を許容する理由に挙げている。
しかし、現実を見ると3.11を期に日本社会での「社会通念」は、原発の過酷事故については「絶対にゼロでない限り、その稼働は認めるべきではない」という方向に大きく変わっているのではないか。広島高裁、大分地裁の決定は、現実の社会通念から大きく乖離したものと言わざるを得ない。

2.複合災害では機能しない避難計画
伊方原発からの避難経路となっている国道197号線は、土砂災害危険個所が全面的にかかっており、原発事故を含む複合災害が起きた場合、現在の避難計画は機能しないことが専門家から指摘されている。孤立する恐れがある半島先端の住民約5千人の命を守るためには、複合災害においても有効に機能する避難計画が立案され、訓練などで検証されるまでは再稼働を認めるべきではない。

3.危険区域内にある放射線防護施設
内閣府によれば、原発で過酷事故が起きた場合に、避難弱者が一時的に屋内退避できるよう防護を施した施設は、伊方原発から30キロ圏内では伊方町10件、八幡浜市3件、宇和島市1件、計14施設ある。しかし、このうち12施設が「土砂災害警戒区域」、「土砂災害特別警戒区域」、「津波浸水想定区域」のいずれかまたは両方に立地している。つまり避難弱者は放射線防護施設に入ることによって別の危険にさらされることになる。このような状況が改善されるまでは再稼働を認めるべきではない。

4.生態系の破壊
原発事故による放射性物質の汚染が発生した場合、四国だけでなく九州、中国地方など、広範囲で海産物、動植物、経済活動への被害が考えられる。海ばかりでなく、最後の清流と呼ばれる高知県の四万十川もその影響を受ける恐れがある。福島での原発事故は、事故が一度起これば、多大な被害を与えることを全世界の人々に教えた。自然が汚染されるとともに、これまで数百年以上にもわたり続けてきた人の営み、歴史、文化、つながりも壊され、とり戻すことできなくなる。そのようなリスクがありながら、原発を動かす理由は全くない。

脱原発をめざす首長会議

44902234_2204983176202700_9034788552692465664_n.jpg   高知新聞 2018 10 28


脱原発をめざす首長会議

脱原発をめざす首長会議は、福島第一原発事故の約1年後の2012年4月28日結成された。

「目的」は、住民の生命・財産を守る首長の責務を自覚し、安全な社会を実現するため原子力発電所をなくすことであり、脱原発社会のために、新しい原発は作らない、できるだけ早期に原発をゼロにするという方向性をもち、多方面に働きかけること。

世話人(呼びかけ人)は、桜井勝延(福島県南相馬市長)、三上元(静岡県湖西市長)、村上達也(茨城県東海村長)の3人で、事務局長は上原公子(元・東京都国立市長)。

その後、世話人に、加藤憲一(神奈川県小田原市長)、平尾道雄(滋賀県米原市長)が加わり、現在の事務局長は佐藤和雄(元・東京都小金井市長)に交代している。

会員資格は、基礎自治体である市町村の長およびその経験者(元職)で、最初69名でスタートしたが、現在97名(現職37、元職60)になっている。

私は、結成の1年後、元職として加入した。高知県の会員は6名(全員元職)である。

会としての活動は、原発にかかる各種情報収集や情報提供、国会議員などへの働きかけ、脱原発に向けてのアピールの発表のほか、全国各地で学習会や講演会を行っている。

あす10月27日、四万十市で開く学習会「四万十川を守れるか」は、その一環である。三上元世話人、佐藤和雄事務局長もみえることになっている。

四万十川は「最後の清流」と言われている。この川をどう守っていくか。四万十川にかかわっている漁業者、観光業者、行政関係者(国、県、市町村)、一般市民など、あらゆる分野の人たちに参加を呼びかけている。

会終了後は、交流会(懇親会)も予定している。

ぜひ、多くの方々に参加をいただきたい。

会のホームページ → http://mayors.npfree.jp/

img004.jpg

法治国家

沖縄県那覇市長選挙がきのう行われ、玉城デニー知事が応援する「オール沖縄」候補現職城間幹子氏が、安倍政権の推す候補にダブルスコアに近い大差で圧勝した。

先の沖縄知事選挙、豊見城市長選挙に続く3連勝で、辺野古に基地はつくらせない、沖縄のことは沖縄が決めるという堅い民意を、あらためてはっきりと示した。

翁長前知事死去後、沖縄県(副知事代行)は、辺野古埋め立て承認の「撤回」を表明した。県民はこれを支持したのである。

デニー知事は、さっそく安倍首相に会い、選挙で示された県民の意思を伝えるとともに、辺野古問題解決に向けて、国と県との間で話し合いの場をつくろうと提案をした。

そのあとの記者会見で、首相は、「県民の気持ちに寄り添いながら、基地負担の軽減に向けて、一つひとつ着実に結果を出していきたい」と述べた。

にもかかわらず、その舌の根も乾かないうちに、政府(沖縄防衛局)は、このほど行政不服審査請求を国土交通大臣に行った。寄り添うどころか、またも土足で踏みつけた。

菅官房長官は、「日本は法治国家だから」と盛んに言っている。裁判所の権威をバックに、沖縄県との「法廷闘争」に持ち込んでいる作戦を正当化するためである。

しかし、この言葉は天に唾するものだ。

行政不服申請とは、本来、行政処分に対する国民の権利救済の手続きを定めたものである。それを、行政機関である沖縄防衛局が「私人になりすまして」、この制度を利用することは、制度の乱用である。

だいいち、国が国に申請するなんて、身内が身内を裁くものであり、不公平もはなはだしい。デニー知事が「自作自演」と言っているとおりだ。

この「乱用」は、3年前、翁長知事が辺野古埋め立て承認を「取り消し」したさいにも行われ、法律の専門家からもきびきく批判された。

なのに、またもこの手を使うのは、政府が追い込まれているからだ。それこそ、政府が法律破り、日本は法治国家ではないことを、自ら演じている。開き直りによる暴走である。

不服申請に対しては国土交通大臣が申請を認めることは目に見えている。

沖縄県は、それを見越して、さらに対抗措置を用意しているという。

最も大事なのは民意である。沖縄には、もうこれ以上米軍基地をつくってほしくないという民意を無視し、強引に進めようという手法は、安倍政権の首を自ら絞めている。

先の自民党総裁選挙の結果(石破善戦)といい、安倍政権の「終りの始まり」を象徴している。

四万十川を守れるか

愛媛県伊方原発が10月27日から再稼働する。

四万十川は高知県の川と思っている人が多いと思うが、愛媛県の川でもある。

四万十市西土佐江川崎で本流と合流する広見川は、大半は愛媛県を流れる川である。広見川をさらに遡れば、三間川に続く。

三間川の源流部(宇和島市旧三間町)は、伊方原発から30キロ圏内である。

伊方原発で事故があり、30キロ圏内に放射能が降れば、四万十川は死の川になってしまう。

福島原発事故では四方に放射能が拡散した。地表に降った放射能はわずかながらでも除染作業が行われたし、雨が降れば放射能は時間をかけて一定流される。

しかし、流された水は川に注ぎ込み、水に沈み、沈殿する。特に、よどんだ淵の底に集中する。

国際環境NGOグリーンピースは、2016年、阿武隈川など、福島原発周辺の中小河川の放射能汚染調査を行い、セシウムなど放射性物質が高濃度で堆積していることを検出した。

その結果は、「水に沈む放射能~福島原発周辺淡水域および海水域の堆積物に対する放射能調査と分析」としてレポートされている。(ネットでも公開)

https://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20160721_AtomicDepths_JPN.pdf#search=%27%E6%B0%B4%E3%81%AB%E6%B2%88%E3%82%80%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%27

伊方原発再稼働日の10月27日(土)、私も入会している「脱原発をめざす首長会議」では、四万十市立中央公民館で学習講演会「四万十川を守れるか~河川における原発放射能汚染を考える~」を開く。二つの講演を行う。

一つは、上記グリーンピース調査の責任者、ショーン・バーニー氏(ドイツ)が「水に沈む放射能」のテーマで、調査内容を説明。

二つは、福島原発のあと、埼玉県から本市に避難移住してきて、いまは四万十川の専業川漁師になっている黒澤雄一郎氏に「四万十川生態系の現状」について報告してもらう。

地元で四万十川とかかわりをもつ、すべての分野の人たちに案内をしている。内水面漁協(流域に4つ)、観光業者(遊覧船組合など)、行政(国、県、流域市町村)、一般市民など。

四万十川は地元の人たちの生活に密着した川だが、あらゆる分野の人たちが一堂に会して、川の将来のことを考える場というものは、これまでなかった。

今回の学習講演会は、そうした場になると思う。
多くの方に参加していただきたい。

img004.jpg

大逆事件サミットin新宮

10月6,7日、和歌山県新宮市で「大逆事件サミット」が開かれ、参加してきた。

同サミットは、2011年9月、私が市長時代、四万十市が取り組んだ「幸徳秋水刑死100周年記念事業」の一環として開いたのが最初で、以降、第2回、2014年10月、福岡県豊津(みやこ町)、第3回、2016年10月、大阪市で開催。私は全てに参加してきた。(第2,3回はこのブログにも掲載)

新宮に足を運ぶのは今回で3回目。いずれも大逆事件関連のイベントだ。今回も車で行ったが、新宮は遠い(海を渡れば近いのに)。幸徳秋水を顕彰する会の高知県会員は7名参加。

1日目の会場は、市役所前の福祉センター。ホール一杯250人の熱気に驚いた。
おそらく三分の二は地元の人たち。いつもながら新宮の会(「大逆事件」の犠牲者を顕彰する会)の動員力には舌を巻く。過去最多。年々、輪が広がっていることは心強い。

今年1月、熊野地方犠牲者6人の中の一人、大石誠之助が新宮市名誉市民になったことから、地元も盛り上がっている。

43362310_2174292142605137_998686252595150848_n.jpg   43173527_2174292219271796_3533176041994452992_n.jpg

山泉進明治大学名誉教授(大逆事件の真実をあきらかにする会)開会あいさつ。
地元フォークグループ「わがらーず」が事件をとりあげた「風の記憶」を歌った。

基調講演 伊藤和則(国際啄木学会理事)「石川啄木と大逆事件」
地元報告 上田勝之新宮市会議員、辻本雄一佐藤春夫記念館長「大石誠之助の名誉市民に関して」(経過報告)
全国各団体活動報告(秋水顕彰会ほか7団体)
「新宮宣言」採択
閉会挨拶 二幸通夫 「大逆事件」の犠牲者を顕彰する会会長(新宮)

2次会の交流会も同会場で。
全国からの顔なじみの人たちが多く、情報交換をしながら、お互いの取り組みへのエネルギーをもらう。

この2年間で、共謀罪法が強行された。大逆事件は過去の出来事ではないことを、広く知らしめていくことの重要性。互いに確認をし合った。

 43765079_2182452278455790_1325031319582801920_n.jpg   43688323_2182452225122462_8665032511782387712_n.jpg

2日目は、熊野地方事件犠牲者6人顕彰碑の隣に、新たに、大石名誉市民決定と今回のサミットを記念する木柱「自由・平等・博愛」を除幕。全員で記念撮影。

 43286809_2175535385814146_8680005192978006016_n.jpg   43385744_2175535312480820_4876138051174137856_n.jpg   

続いて、市営南谷墓地の3名の墓(大石、高木顕明、峯尾節堂)を弔った。
そこで、一応解散。

 43331296_2175759905791694_6176424041235087360_n.jpg   43206444_2175759989125019_1194045691911995392_n.jpg   43375233_2175759945791690_6643761459937411072_n.jpg

私らは、今年市内にオープンした「熊野・新宮 大逆事件資料室」を見学した。

 43657210_2178263972207954_1058197383873036288_n.jpg   43415419_2178264002207951_8458845034710564864_n.jpg

その後、少し時間があったので、新宮の町を一望できるという神倉神社に登った。急な石段を、は~は~ 言いながら。

大平洋、熊野川に包まれた、新宮のまちの一大パノラマ。とても、人口2万9千人のまちには見えない。雄大で、スケールが大きい。

これこそ、暗黒の明治時代、大石らのような日本を代表する知識人を生んだ風土なのだ。底知れぬ奥行きと広がりをもつ熊野。

 43471317_2177185745649110_4274244224825688064_n.jpg   43426732_2177185685649116_4842219573451161600_n.jpg

往路は串本の海岸廻りだったので、帰りは熊野川を遡り、本宮~中辺路~田辺に出た。途中、請川の成石平四郎・勘三郎兄弟の墓を参った。

 43328101_2175760049125013_4322857958921732096_n.jpg

和歌山からフェリーで徳島に渡り、ぎりぎり、その日のうちに家に着いた。

翌日、幸徳秋水、坂本清馬墓に参り、サミット報告。
ともに、同志誠之助が新宮市名誉市民になったことを喜んでいた。

次回サミットは、2年後を目途に、神戸開催となりそう。


「第4回大逆事件サミットin新宮 宣言」全文

 大逆事件で刑に処された26名、うち24名への死刑判決、実に4分の1にあたる6名が、ここ熊野新宮の地に生きていた人たちで、次代を担うべき若者も含まれていました。現在から見れば、この土地の先人たちへの強力な弾圧であったと考えられます。
2011年「大逆事件100年」を期して高知県四万十市で産声をあげた「大逆事件サミット」は、福岡県みやこ町、大阪市と続いて、今回、熊野・新宮市での第4回開催となりました。
 私たちはこの第4回サミット開催の記念として、「志を継ぐ」碑のそばに、115年前「平民社」が発足時に掲げた「自由、平等、博愛」の木柱を建立します。直後の「大逆事件」によって葬り去られたこの理念を、改めて心に刻むためです。
 いま、基本的人権の尊重、国民主権、平和主義を掲げた日本国憲法が改悪の危機にさらされています。わたしたちの代表であるべきはずの国会の審議は、空疎な言葉が氾濫し、真摯に問題と向き合おうとしない政府の態度は、「異質な者」を排除するような社会の動きを助長する風潮に、側面から加担しているように感じられてなりません。
 ここ熊野・新宮の地に集まった各団体。各個人が、いま述べてきた共通の理念のもと、未来に向けた宣言として、「第4回大逆事件サミットin新宮」をここに宣します。

 2018年10月6日
 大逆事件サミット連絡会議
 

玉城デニー

私は、今回の沖縄県知事選挙で勝利できた最大のポイントは、玉城デニーという候補者に恵まれたことだと思う。他の候補者だったら、果たして勝てたか、勝ったとしても8万票という大差にはならなかったろう。

開票直前、私は不安でたまらなかった。負けを覚悟していた。なぜなら、台風直撃の影響もあり、投票率は上がらないうえに、期日前投票が当日投票を上回ったことから、2月の名護市長選挙の二の舞になるのでは、と思った。

ところが、びっくり、開票と同時に、沖縄タイムズが当確を出した。私は、まさかと、思った。

私はこころで詫びた。沖縄の人たちは、また間違った選択をするのではないか、政府のなりふりかまわぬ圧力に屈してしまうのではないか、と疑ったことを。

勝敗を分けるポイントはいくつかあった。

期日前投票に動員をかける相手陣営は、おそらく動員数ではほぼ目標を達し、手ごたえを感じたのではないか。小泉進次郎は3度も来た。小池百合子まで。

しかし、今回は、こちらの陣営も対抗上、期日前に力を入れたので、その中身が違っていた。名護市のようにはいかなかった。

また、自民党、公明党支持者の2~3割がデニーに流れた。締め付け、圧力が反発を受けたこと。

これは、無党派層でも同じだ。あまりにもひどい沖縄への圧力に対して、沖縄県民のナショナリズムが目覚めた。7割がデニーに投じている。

ギリギリのせめぎあいの中で、こうした流れができたのは、玉城デニーがすばらしい候補者であり、その主張が、身振り手振りなどのパフォーマンスを含めて、沖縄の人たちのこころに響いたからだと思う。人間的魅力もほとばしり出ていた。

私は、今年1月、名護市長選挙の応援にいった時、デニーの演説をきいた。歯切れがよく、要点をおさえた話だった。この人は演説がうまいと感心した。

今回は、演説の模様はテレビでしか見れなかったが、大声で叫ぶだけの相手候補との違いは、歴然としていた。

また、訴えの内容も、相手を攻撃、分断するのではなく、「イデオロギーよりもアイデンティティー」を強調し、沖縄県民のこころの結びつき、統一を熱っぽく訴えた。

翁長知事が急逝し、後継者は誰になるのか、最初はゴタゴタした。これでは、着々と準備を進めてきた相手と対等に戦える体制ができるのか、心配だった。

しかし、翁長さんは、自分の後継の名前を遺言としてこのしていた。これで、一気に戦える形ができあがった。

それでも、並の候補者だったら、こうした結果は出なかったろう。玉城デニーだったからこそ、勝てたのだ。

選挙というものは総力戦であり、組織対組織の戦いという意味合いが濃いが、しかし、候補者個人の魅力、アピール力の勝負という面もある。

デニーの父親はアメリカ兵であることから、自らが沖縄の歴史、現実を「体現」している。だから、説得力があり、オーラがある。

デニーも普通なら出馬しなかっただろう。

デニーを立ち上がらせたには、やはり翁長さんだったのだ。

本当の勝利者は翁長さんだ。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR