FC2ブログ

国立のまち

1月28日、東京から戻る日、夕方の飛行機まで時間があったので、国立に行ってきた。4年ぶり。

国立は学生時代2年間住んだところなので懐かしく、時間ができた時など、以前から時々出かけている。

国立駅に着き南口に出ると、何か建物建設工事中。大きな看板に「赤い三角屋根の旧国立駅舎再築工事中」とある。

201901311151516cc.jpg   20190131120252140.jpg

そうか、そうか、よかった。

私たちの学生時代、国立駅といえば、おとぎの国に出てくるようなかわいらしい赤い三角屋根の駅舎であった。駅前はロータリーになっており、正面に大学通、左右に、旭通、富士見通と、放射線状にまっすぐの道が延びている。

その軸になるのが駅であり、赤い三角屋根は国立のまちのシンボルであった。

その駅舎は、国鉄がJRになり、だいぶ前、駅が高架になったさい、じゃまになった。一部に保存すべきであるとの議論や運動があったようだが、結局取り壊された。国立駅はどこにでもあるような殺風景な駅になってしまった。

前回4年前に来た時に、三角屋根が消えているのを見て、寂しく思った。

しかし、その時、行政の国立市がかかわって三角屋根を復元するような動きがあるということを耳にしたので、ぜひそうなってほしいと思っていた。

看板によれば、三角屋根は大正15年、駅ができた時からあったもの。国立市はこれを文化財に指定し、総事業費3億1千6百万円で復元事業に着手したのだ。

底地もJRから買収したという。工期は2018年6月~2020年2月。竹中工務店施工。

行政としてのすばらしい判断だ。国立市に拍手を送ろう。

母校一橋に向かって歩く。駅を出た右側にあった東西書店はなくなり、ドラグストアーに変わっていたが、その他は4年前と変わらないまちなみ。喫茶白十字や増田書店は学生時代のまま。洋書の銀杏書房も健在だ。

20190131115155d39.jpg   20190131115158884.jpg

名物の桜並木は冬枯れで閑散としているが、48年前、受験のために最初に降り立った時もこの季節だったので、イメージに合っている。

増田書店に入ると、地元プロカメラマンが撮った大学キャンパスの写真集があったので、買った。その中に、旧駅舎の写真が載っていた。そうそう、こうだった。

20190131115159961.jpg   2019013111515974b.jpg   20190131115529ef5.jpg

大学構内は平日なのに閑散としていた。広い校内には、以前はなかった研究棟などがその後建っているが、赤レンガ造りで統一しているので、周囲の緑と調和をしており、全体の落ち着いた雰囲気は変わらない。兼松講堂は改修工事中。

2019013111553354a.jpg   20190131115532360.jpg   20190131115918cd6.jpg

生協の食堂や書籍コーナーを覗いたが、やはり学生が少ない。試験中だろうか。「中村政則の歴史学」は1冊だけ置いてあった。

本館にも入った。以前学長室があったあたりは、事務室に変わっていた。

201901311155341ad.jpg

恩師中村政則先生の研究室があり、そこでゼミを行っていた歴史研究棟(いまはどう呼ばれているかわからない)はそのままであった。

201901311233023ef.jpg   20190131123304e10.jpg

私は国立の2年間は中和寮に住んでいた。(その前の2年間も当時小平分校内にあった一橋寮)

大学通り向かいの西校舎を通り抜け、中和寮に向かった。私らの時代は前期1,2年は小平分校であったが、その後、西校舎に移転。全学生が国立になった。

以前はほとんど建物がなかった西校舎は窮屈になっている。

20190131115535166.jpg   20190131115919f4b.jpg

中和寮の建物はそのまま。しかし、時代を反映してか、玄関はセキュリティーロックがかかっていた。ブザーを押し、入れてもらい、管理人さんにいろいろ聞く。

いまは大学院生寮になっている。私らのころは2人で使っていた部屋は個室使用。食堂はなくなっていた。管理人さんも管理会社から派遣。寮の裏側のラグビー場はそのまま。

2019013111591492f.jpg   20190131115915ce1.jpg

以前の院生寮は西校舎にあり、ボロボロの木造であった。火がつくとすぐに燃え尽きると言われていた。

いまの学部生(1~4年)はみな小平の一橋寮。私らのころの一橋寮は4人部屋だったが、いまはこちらも個室とか。しかし、一橋寮には食堂はあるのだろう。あってほしい。

寮の良さは一緒の釜の飯を食うことで、団結や友情も生まれる。私自身、学生時代の思い出は寮のほうが多いし、いまもつながりをもっている友人は寮生が中心。

旭通を歩いて駅方面に戻る。途中に谷川書店という古本屋があり、いつも立ち寄っていたが、なくなっていた。ご主人が亡くなったためとか。思い出がひとつ消えた。

白十字に入り、コーヒーを飲む。学生時代は、敷居が高くて、なかなか入れなかった店だ。

国立はいつ来てもいい。思い出がいっぱいだ。

次に来る時は、赤い三角屋根の駅舎が復元されていることだろう。楽しみだ。

20190131115919625.jpg
三角屋根の旧国立駅舎




大逆事件処刑109回追悼集会

1月26日、上京し、標記集会に2年ぶりに(3回目)参加してきた。

この集会は、大逆事件で秋水らが処刑された直後、生き残った堺利彦らが集まり、無念の思いで同志を偲んだのが始まりである。活動が窒息させられた冬の時代も「茶話会」と称して、毎年密かに続けられた。

いまの形になったのは戦後で、「大逆事件の真実をあきらかにする会」が発足(1960年)してからは、同会主催で、管野須賀子墓のある正春寺(渋谷区代々木3丁目)で開かれている。

毎年1月、大逆事件に関連した催しをやっているのは、この集会と中村の秋水墓前祭。秋水墓前祭は今年は刑死「108」周年なのに対し、この集会は「109」回となる。

今年も全国から約80人が集まった。最初に、須賀子墓を全員で弔ったあと、寺のお堂の中で集会を行った。

51121368_2347686011932415_1320728595575865344_n.jpg   50830640_2347686055265744_1979582836549615616_n.jpg

毎年この日に合わせ、同会の機関誌、「大逆事件の真実をあきらかにする会ニュース」の最新号が発行・配布される。今年も58号(80ページ)が配られた。

機関誌には全国各団体、個人から投稿があり、執筆者はたいてい参加をしているので、順次その内容に添って報告スピーチが行われた。

同会の山泉進事務局長(明治大学名誉教授)が「巻頭言」を書いているので、最初に開会あいさつし、司会もおこなった。

次に、この1年間の物故者への追悼の言葉を関係者が述べ、黙祷。今年は5人(森岡邦廣、池田千尋、藤原智子、柏木隆法、内田剛弘)。私は、幸徳秋水を顕彰する会初代会長であった森岡邦廣さんについてお話をした。また、2日前の秋水墓前祭の報告もした。

51279110_2347685965265753_4845497024340033536_n.jpg   51149374_2347685875265762_3301379521772519424_n.jpg

新宮、岡山井原、大阪、京都(岩崎革也研究会)、新潟小千谷、真宗大谷派、国際啄木学会、平出修研究会などからも次々に報告。横浜事件再審裁判の原告木村まきさんからも。

新しい映画(ドキュメント)「熊野から」をつくった田中千世子さんからは映画紹介があった。新宮などではすでに上映をされた。

今年は平成最後の年であることもあり、会場から天皇制についての発言もあった。元号は天皇制の象徴である。

私は3回目の参加で、だいたい様子がわかってきたが、この集会は、何かを決めるものではない。人権弾圧のない社会をめざす活動に参加をしている、または関心がある団体、個人が集まり、それぞれの取り組みなどを報告し、交流をすることで、刺激等をもらいながら、自分たちの活動に活かしていくということ。

だから、大逆事件という名前をつけているが、それだけではない、幅広い人たちが参加をしている。

思えば、大逆事件から108年を過ぎたというのに、このような集会が続いているということ自体、天皇制の存続を含め、あの時代に秋水たちが提起した問題や、秋水たちの首をくくった社会構造のようなものは、いまだ根本は変わっていないということだろう。

最近の安倍強権政治がそのことを示しており、参加者みんな危機感をもっている。

幸徳秋水刑死108周年墓前祭

1月24日、秋水108回目の命日、恒例の幸徳秋水墓前祭を開いた。

例年、この日は雪が舞うなど、寒い日となることが多いが、今年は天気に恵まれた。例年と同じぐらい約70名集まった。

最初に、幸徳秋水を顕彰する会宮本博行会長が追悼文を読み上げたあと、順次菊の花を献花。

50601031_2340415029326180_4080478523318337536_n.jpg   50603751_2340414949326188_6892989066275454976_n.jpg

今年は遺族関係者として長尾正記さんが初めて参加された。

秋水が家を出たあと幸徳家を支えたのは駒太郎であった。駒太郎は久保川村の長尾家に生まれた。幸徳家(俵屋)に下僕として入ったが、その真面目な人柄と仕事ぶりを見込まれ、28歳の時、秋水の伯父篤道(父の兄)の養子になる。

秋水は2歳の時父篤明を亡くしているので、伯父は父親代わり。同じ屋根の下に同居していた。だから、秋水は駒太郎のことを兄と呼んだ。

長尾家がいまはどうなっているのかずっとわからないままであったが、昨年、同じ久保川地区に残っていることが判明。今年の墓前祭にご案内をしたところ、快く参加してくれた。

駒太郎の墓は秋水の隣。自分の実家の子孫(兄のひ孫)が来てくれて、心強く思ったであろう。

50830631_2340414999326183_5703779005027581952_n.jpg

今年も県外からは2名が参加。京都府南丹市の奥村正男さんと岡山市の森雄二さん。お二人には簡単なスピーチをしていただいた。

このうち奥村さんは京都丹波岩崎革也研究会会員(元代表)で、今年の墓前祭記念講演会「岩崎革也と幸徳秋水」の講師としてご招待。

岩崎革也は、秋水より2歳年上の地主、資本家、銀行家(頭取)で、京都府の須知町長も務めた人物で、平民社に対して多額の寄付を行うなど、秋水、堺利彦らの活動を経済的に支援した、いわばスポンサーであった。

秋水らが刑死直後、堺利彦が犠牲者遺族慰問のために全国を回り、中村にも来ているが、その金300円を出したのも革也であった。

私は昨年3月、革也の地元を訪ね、このブログで紹介をしているので、ごらんいただきたい。

http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-416.html

講演会には40名が残ってくれた。秋水と革也の縁で、両地の交流が深まるきっかけになるであろう。

50343464_2340415079326175_2834598069406793728_n.jpg   50581475_2340415135992836_7163740690764005376_n.jpg

秋水が大逆罪で刑死した西暦1911年は明治44年。明治は翌45年で終わり大正、さらに昭和に。

大逆罪(旧刑法73条)とは天皇家だけを対象にしたもので、危害を加えんと「謀議」をするだけでも死刑。天皇は絶対君主であり、神であった。

日本は敗戦により、軍備は撤廃、戦力も放棄。天皇は人間となった。

しかし、制度としての天皇制は一部温存された。その一つが元号である。

昭和はそのまま継続し、敗戦翌年の昭和21年、駒太郎の長男富治が幸徳家の墓前供養として始めたのがいまの墓前祭の最初である。

秋水が「思うに、百年ののち、だれか私に代わって言ってくれるものがあるであろう」と言い残して死刑台にのぼった、その100年後は平成になっていた。

さらに平成も今年で終わる。初めての生前譲位による代替わりであるが、誰がどう決めたのか、国民的議論にはほど遠かった。

天皇制のあり方につながる元号の是非の議論もタブーとして封印されている。

憲法は瀕死の状態で、軍備はますます増強、共謀罪では「謀議」も復活。

平成最後の秋水墓前祭。秋水の嘆きが聞こえて来た。

50610842_2340417252659291_1683368597230977024_n.jpg   50605881_2340415182659498_2607747573393391616_n.jpg


桑原戒平(4)

以上は、「文芸はた」第5号への投稿をそのまま転載したものであり、昨年9月時点で書いたものであるが、その後、新たにわかったことなどについて、以下追記をさせていただきたい。


1. 同求社について

同求社は戒平が西南戦争終結後中村に帰って来てから立ち上げた事業組織である。

土佐藩が行っていた事業の払い下げ等を受け、親戚縁者等から資金を募ったことはわかっていたが、その内容、規模等は不明であった。

このほど、郷土史家松岡司氏による研究論文「高知県帝政派の研究」(青山文庫紀要5~13)の中に、書かれていることを知った。

それによれば、同求社は明治10年頃より準備が始められ、県下数百名の同志から資金を集め同16年1月設立。本社は大阪南安治川、分社は高知農人町と中村。

幡多郡江川村(元西土佐村)でアンチモニー(アンチモン)鉱山開発・製造や大阪・高知間の運輸(汽船速凌丸)など。

さらに、幡多郡田ノ口銅山も開発し、同鉱山には17年5月時点で従業員200人いたという。

びっくりするほどの規模の士族授産事業であり。出資を募った範囲の広さや、本社が大阪だったとは。弥生新聞(帝政派)の人気投票において「商法」部門で戒平が県下1位になった背景は、こういうことだったのか。

アンチモニー開発は実弟の小野道一が主導をしたと書かれている。道一はその後の事業破綻の犠牲者のように思っていたが、共同事業のような形で深くかかわっていたとこがうかがえる。

2. 戒平が中村を出た経緯について

同求社は「士族の商法」で破綻する。戒平は中村にいられなくなり東京に出て北豊島郡長になるのだが、その後は中村に戻ってきた記録がないと、先に書いた。

しかし、東京の戒平子孫の方から連絡があり、娘清の手記に少なくとも一度は戻っているという記述があることがわかった。

戒平は明治19年8月、北豊島郡長の職に就いているが、当時、普通なら4年任期のところ約2年で同21年7月に辞め、いったん中村に帰ってきていた。そして約2半後の同23年12月に再び出て、今度は小笠原島司になっている。

なぜ帰ってきたのかの記述はないそうだが、間違いなく同求社の破綻整理のためであろう。

私は、同求社破綻後に中村を出たものと思っていたが、そうではなく、少なくとも最初中村を出た頃は、経営悪化していたかもしれないが、破綻まではしていなかったのではないかと思われる。引き継いだのは道一だろうか。

県会議長までも務めた小野道一がこれの責めを負い(県から貸付を受けていた)、議員を辞職し、一家で東京に出たのも同じ明治23年7月である。兄弟ともに、同年に出たことになる。

また、桑原家長男であった戒平は中村を出る時に家督を弟の義忠へ譲って出たものと思っていたが、実際はそれより前、維新東征の際であり、国事に奔走するためであったこともわかった。

安岡良亮が弟良哲に、自分はいつ命を落とすことになるかもわからないからと家督を譲ったのと同じである。戒平、良亮ともに、中央志向が強かったのであろう。

その後、戒平が中村に帰ってきたことがあるかどうかは、いまのところわからない。

3. 東京での桑原家と小野家、幸徳家の関係について

私は互いの行き来の記録を見つけられないことから、事業破綻がきっかけで断絶状態になったのではないかと思わせる書き方をした。しかし、そうではなく、親戚同士として普通の行き来があったことがわかりホットした。

一つは、その後桑原家の古いアルバムを見せてもらったが、その中に小野家との交流を示す写真が出てきたこと(両家のこどもの写真)。

二つは、師岡千代子が書いた「雨々風々」中に戒平と秋水の交流をうかがわせる記述が見つかったこと(戒平は憎めない爺さんで、秋水はいつまでも洟垂れ小僧に見られていた・・・と)。

三つは、秋水日記、たとえば明治32年9月に、桑原民衛(一族の譲長男)がたびたび秋水家を訪ねてきている記述があること。


以上1,2,3から思うことは、戒平、道一兄弟ともに、浮き沈みの激しい、時代に翻弄された一生であったということ。

兄戒平はそれでも命を全うしたが(大正9年没)、弟道一は明治28年自死している。

その原因の一つがが兄弟の断絶にあったのではないかと推測したが、そのような関係ではなかったことはわかった。

では、なぜ。
最後は生活も苦しく、病気になっていたというから、それが主因なのか。

道一の娘岡崎輝は「従兄秋水の思出」に、秋水が平民新聞に、自分が社会主義者になった理由の一つに、うち続く身内の不幸があったと書いているのは、道一の一生があまりに惨めであったということだと、記している。

私の最大の関心はここにある。
引き続き調べていきたい。(終り)


蕨岡 桑原墓   遠祖 桑原長義墓
 蕨岡 桑原墓        遠祖 長義墓

羽生山 桑原墓   桑原義厚墓(戒平父)
 羽生山 桑原墓      義厚墓(戒平父)

桑原家墓 寿福寺 
鎌倉寿福寺 桑原家墓(戒平)




桑原戒平(3)

3. 佐竹音次郎、沖本忠三郎、永橋太郎


晩年は鎌倉に隠棲した。鎌倉で小児保育園を営んでいた佐竹音次郎からの勧めがあったためである。

音次郎は元治元年(一八六四)下田村竹島の農家生まれ。明治十九年、向学の志を立て二十二歳で上京し戒平の家の門を叩いた。面識はなかったが同郷先輩を頼ったのである。

戒平は快く書生として住み込ませた。先に書いた三人の書生の一人であったものと思われる。

音次郎は軍人志望であったが、年齢制限にかかった。そこで戒平は北豊島郡下の巣鴨小学校校長の職を紹介した。音次郎が中村でとった教員免許をもっていたためである。

音次郎はその後医者になり、明治二十七年、鎌倉の腰越に医院を開業する。

患者の中に家の事情で育てられない赤子がいたことで、孤児を預かる「小児保育院」を併設。「保育」とは音次郎が初めて使った言葉で「保んじて育む」という意味であった。「保育の父」と言われる所以である。

音次郎はキリスト教に入信。「聖愛一路」の精神から、孤児救済のための事業に専念する。鎌倉に同三十九年、鎌倉小児保育園を設立した。

音次郎の事業を二人三脚で献身的に支えたのが妻熊(熊子)であった。熊は下田村鍋島の郷士沖本忠三郎(嘉永元年生)の二女。忠三郎は維新東征迅衝隊十二藩隊で戒平の部下であった。のち熊本で警部をしたと記録されているから、安岡良亮や戒平に従ったのであろう。

熊は明治九年神風連の乱の直前熊本で生まれたのでその名をつけられたものと思われる。

既刊の記録では、音次郎に熊を紹介したのは安岡友衛だとされている。友衛は安岡良亮の弟良哲の長男(明治五年生、従兄秋水の一年下)であり、東京で医学を学び中村で開業していた。音次郎とは医者つながりで交流があったのかもしれないが、音次郎のほうが八歳上である。戒平が自分の元部下の娘を音次郎に紹介し、その仲立ちを中村でしたのが友衛であったと考えるのが自然であろう。

忠三郎の娘には長女幸(幸子)もいた。幸は十五歳で東京に出て、牧師植村正久に就いてキリスト教に帰依。のち同郷の東京帝大教授弘田長の指導を受け小児科医となり、音次郎の腰越医院を継いだが、関東大震災で圧死した。
 
才女二人を育てた沖本忠三郎については今後調べたい。

戒平の書生には三原村出身の永橋太郎(音次郎と同年生)もいた。永橋は八丈島、小笠原、台湾にも同行し、官務につきながら家族の世話もした。ふるさとに帰ったあとは、三原村長(明治三十四~四十年、大正九~十年)を務めている。

永橋村長は明治三十七年、国政選挙で高知二区(幡多郡など)から出馬し当選した安岡雄吉(良亮長男)の応援をした記録が残っている。

戒平は、東京にいても郷里中村、幡多の人脈を大切にした。しかし、自らは土佐に帰省した記録は見あたらない。

同求社の事業失敗で親戚に迷惑をかけたことから、帰りたくとも帰れなかったのであろう。

親戚側でもそれは深いわだかまりとして残った。

戒平は安岡家とは東京でも行き来があったようで、清は雄吉やその弟秀夫にかわいがってもらったとある。

しかし、小野家、幸徳家とは溝を埋めることができなかったのではないか。

県会議員を辞めた実弟小野道一は、これも中村にはいられなくなり明治二十三年東京へ出た。当時独身であった秋水を下宿させたりするが、困窮生活であった。病気にもなり、ついに同二十八年、原因不明の自死。

この間、兄戒平は一時島司で東京を離れていたとはいえ両家の手記等(岡崎輝「従兄秋水の思出」など)に互いの名前は出てこない。

同じ東京にいながら兄は救いの手を差し伸べなかったのか。弟が拒絶したのか。秋水の記録にも、安岡家との行き来は出てくるが、戒平の名前は出てこない。

戒平は音次郎の影響もあって七十歳を過ぎてから鎌倉メソジスト教会会員となり、夫婦で洗礼を受けた。聖書を携え熱心に教会に通った。

大正九年三月十四日、七十六歳で昇天。
鎌倉保育園すぐ近くの寿福寺に葬られた。

辞世の句の「みつかい」は「(神の)御使い」。「罪」とは神への罪か、それとも・・・と思う。

みつかいのつばさの音や雪の空
雪の空罪のしるしのあともなし              

「文芸はた」第5号
 2018年12月刊所収  転載は以上で完。 追記が続く。

桑原戒平(2)

2.北豊島郡長、小笠原島司、台湾新竹支庁長


戒平には中央官吏時代からの人脈があったのであろう。上京後、北豊島郡長(明治十九~二十一年)に就いた。板橋に構えた屋敷には、車引き(運転手)のほか、書生三人、女中二人がいた。旧山内侯も迎えたこともあったという。

続いて、八丈島島司、小笠原島司に。島の責任者はいえ、いまの感覚では左遷のようなイメージがあるが、海洋進出をめざしていた当時は重要な国境拠点であった。

さらに、日清戦争で日本統治となってまもない台湾北部新竹支庁長に(明治二十九~三十二年)。途中から、新竹国語伝習所長も兼務した。

台湾総督として仕えたのは乃木希典と児玉源太郎であった。二人とも熊本時代が重なっている。ウマが合ったのは融和型の乃木のほうで、強圧型の児玉とはぶつかった。結局、児玉に辞表を書き、官を辞した。

戒平には六人(四男、二女)の子がいた。長男の順太郎は清国留学中の明治三年に生まれた。秋水より一年上であり、幼いころ中村で一緒に遊んだ仲であった。

後年、秋水は「順太郎さんを見よ、あんなに大人しうせねばいかんといって、順太郎さんのお陰で何遍母に叱られたか知れん。子供のときには大に順太郎さんを怨んだものだ。」(岡崎輝「従兄秋水の思出」)と語っていた。

順太郎は鉄道技師となり、後に朝鮮で鉄道敷設を行ったりしたが、当時は徳島にいた。戒平は台湾から徳島に引き揚げ、しばらく滞在した。

その後再び上京、王子、小石川などに住んだ。娘清はまもなく結婚し家を出たので、手記には以降の戒平の様子はあまり書かれていない。官を辞したあとは公職にはつかず、悠々自適の生活を送ったようである。

明治三十四年、若き頃の剣術の師であった樋口真吉の伝記『樋口先生』の編集出版をした。また、西南戦争などを記録した『西南紀伝』の編集にも協力したと書かれている。(続く)

「文芸はた」第5号
2018年12月刊所収

桑原戒平(1)

本誌二,三号に「安岡良亮とその一族」(本ブログ 2017.1.6-12, 2018.1.17-21)について書かせていただいた。幸徳家と姻戚等で深い関係にある家として、安岡、桑原、小野、木戸などをあげたので、本号では次に桑原戒平にスポットを当ててみたい。


1.維新東征、熊本、幡多郡長

戒平は幕末から維新にかけて安岡良亮と行動を共にした人物として「中村市史」等に登場する。熊本神風連の乱を生き延びたあと幡多郡長を務めている。

しかし、ほどなく中村を離れたので、その後の事績等については没年を含め、これまで明らかでない部分があった。

私の記事をネットで読んだという東京に住む戒平子孫から今年連絡が入り、戒平の娘清(せい)が生前書き残した手記が残っているという。清は明治十八年中村生まれで、幼いころ親戚の秋水(同四年生)に遊んでもらったと話していたという。私は上京し、この子孫(戒平やしゃご)に会った。

以下は、清の手記の内容を加えながら、戒平の実像に迫りたい。

桑原家は初代中村藩主山内康豊に従ってきた医師の家柄であった。中村藩廃絶後は、江ノ村に移り、郷士格の庄屋となり、楠島、蕨岡等にも分家した。

戒平(別名長太郎)は蕨岡伊才原大庄屋桑原義厚の長男として、弘化元年(一八四四)生まれた。

母教は小野家出身で、姉須武子は小野雲了妻となっていたので、その娘多治(秋水母)と戒平は従兄関係になる。

戒平は学問を安岡良亮(十九歳上)に、剣術を樋口真吉(二十九歳上)に習った。

維新東征では迅衝隊十二藩隊半隊長差引役で、会津城攻めで負傷。軍功により、三人扶持、切米七石を与えられた。安岡良亮長女芳と縁組。

維新後、政府派遣清国留学生七人の一人に選ばれた。帰朝後、宮内省権大録八等出仕、おうまや長官となった。しかし、部下がおこした昭憲皇后馬車事故の責任をとり辞任。

明治八年、安岡良亮が先に赴任していた白川県(のち熊本県)へ七等出仕。同九年、神風連の乱に遭遇。県令良亮は斬り殺されたが難を免れ、県令代理として事件処理に奔走。

翌年も西郷蜂起の西南戦争があったが、これが収束後中村に帰郷。初代桑原平八(同族)に続き、二代目幡多郡長(明治十三~十五年)になった。

戒平は事業意欲も盛旺だった。親戚縁者から資金を募って同求社を立ち上げた。

旧土佐藩貨幣局の事業の払い下げを受け、樟脳の輸出、大阪港路開設等のほか、板垣退助から権利譲渡を受け、田ノ口銅山採掘にも乗り出した。

この事業は当時、県下的にも注目を浴びたのであろう。明治十八年七月、高知の「弥生新聞」が読者人気投票で選んだ「土佐十秀」の中の「商法家」部門において、戒平は二百十四票を獲得して一位となった。

他は「慷慨家」板垣退助、「理論家」植木枝盛、「画家」川田小龍など、高知の錚々たる顔ぶれの中で、戒平は郡部で唯一登場。当該記事は自由民権記念館に展示されている。

「商法家」とは「商売」「起業」に近い意味であろうが、この事業はそれこそ「武士の商法」で、たちまち行き詰った。戒平は中村にいられなくなり、家督を弟義忠に譲り、一家で東京へ出た。出奔同然であったものと思われる。

事業失敗は親戚縁者に多大の累を及ぼした。

俵屋(幸徳)は同求社に事務所を提供していた。運悪く、その頃、秋水が通っていた中村中学が廃校となり、高知中学に吸収されることになった。しかし、家の経済状況悪化から、秋水はすぐには高知へ転校ができなかった。秋水最初の挫折となった。

また、戒平実弟で小野家養子になっていた道一は、当時県会議員で議長も務め、国政出馬への準備もしていたが、事業破綻のあおりを受け、議員を辞職せざるをえなくなった。今でいう公民権停止であったものと思われる。(続く)


「文芸はた」第5号
 2018年12月刊所収
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR