FC2ブログ

斑唐津

私はやきものに興味をもっている。趣味と言えるかどうかわからないが、結構いろんなやきものを集めている。

以前、転勤や出張の多い仕事をしていたので、全国各地をまわったさい、休日や時間の合間をみて、その土地の窯場や陶芸作家を訪ねた。

全国のちょっと名の知れた窯場はたいてい歩いた。

伝統的窯場は西に多い。六古窯(備前、丹波、信楽、越前、常滑、瀬戸)のほか、九州沖縄では、壷屋、薩摩、小代、小鹿田、小石原、上野、有田、伊万里、唐津、中四国では、萩、島根、鳥取、砥部、大谷、内原野、関西では、京都、伊賀、赤膚、出石などだ。

関東は、笠間、益子など。
北海道にも転勤でいたので、結構徘徊した。

東京、大阪にいた時は、全国の作家たちが、個展を開くので、見に出かける。都会にはこだわりの専門店も多い。いつしか、かさばらないものとして、ぐい吞み、徳利などの酒器をメインに買うようになった。

いまは地元に引っ込んだので、そうした出会いも少なくなった。もっぱら以前に買ったものを眺めたり、触ったりして楽しんでいる。それぞれに出会った時の思い出が埋め込まれているので、古い日記をめくるような、楽しさや恥じらいがある。

好みもいろいろに変わったが、いま気に入っているのは斑(まだら)唐津である。斑唐津とは、藁灰釉をかけて焼くと器の表面に釉薬が流れて斑模様になる、唐津焼の手法の一つ。

この独特の斑模様は、唐津の土でないと出ない。砂が混じった、唐津でしか取れない粘土。

唐津とは唐(中国)につながる津(港)という意味であるように、唐津の焼き物は中国、朝鮮から伝わったもの。瀬戸焼がセトモノになったように、唐津焼もカラツと呼ばれ、焼き物全般をさす言葉にもなっているくらいだから、ともに日本を代表する焼き物産地であるということだ。

20数年前、福岡に転勤していたころ、唐津にはたびたび出かけた。そうした中で、ご縁ができた作家の一人に府川和泉さんがいる。

彼女は当時30代前半で、修行から独立をして間もないころだった。山の中に窯をつくり、こんな寂しいところに若い女性が大丈夫なのだろうかと、余計な心配をしたものだった。「空(そら)」という陶房名をつけていた。

彼女の作品は、唐津の伝統にのっとったもの。奇をてらわず、コツコツと焼く。地味な中にも、女性らしい柔らさや温かみのあるものだった。

私が福岡を離れてからは、会う機会はなくなったが、作品はいろんな縁で求めてきた。

6年前、はじめて高知市で個展(3人展)を開くという案内をもらい、びっくり。久しぶりに本人に再会した。

そして、今度は、いの町の土佐和紙工芸村で個展(2人展)という葉書をもらったので、5月30日、またお会いした。

前回は斑唐津が少なかったので、今回は多めにとあらかじめ頼んでいたところ、約束どおり、たくさんもってきてくれた。

どれも素晴らしい作品ばかりだった。垂涎とはこのことを言うのだろう。この間の彼女の「進化」というよりも「深化」がにじみ出ている。

日々、黙々と土と対話をしていると、土のほうから、こういう形にしてほしいというようなリクエストが伝わり、勝手に指先が動くという。自然体のフォルム。

人間がつくるのではなく、土が人間をつくる。何事も極めるということは、日々の地味な作業の積み重ねなのだろうが、彼女の作品には、それだけではない、唐津という風土、歴史が大きなバックにある。

唐津には6年前に久しぶりに訪ねたが、また行きたくなった。大陸につながる玄界灘の濃いブルー。土と海が呼んでいる。

20190601121524f45.jpg   20190601121511157.jpg

以前の唐津の記事
http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

高知を勇気づけた作家たち

「高知市民の大学」というのがあり、5月21日、そこに呼ばれて、幸徳秋水の話をしてきた。

同大学とは、「時代や地域が必要とするテーマを取り上げた講義を開き、市民の知的開発及び教養の向上の機会を提供する」ことを目的に、同大学運営委員会、高知市教育委員会、高知市文化振興事業団の共催で開いているもの。昭和54年からスタートしている。現在は、ややこだわり、専門的なテーマで、1講座15回コースを年2回開いている。会場は、かるぽ~と会議室。

私は高知市民ではないので、この大学のことは最近まで知らなかった。今回、高知大学の先生から依頼があったものだが、同運営委員会はどうも高知大学関係者(現役、OB)が中心になっているらしい。市民に開かれた大学にしようということで、行政(高知市)と連携して開いているようだ。行政からは補助金(運営費)が出ている。

高知市では、ほかに昭和26年から続いている「夏季大学」もある。こちらのほうは、幅広い市民を対象に、芸能人や文化人を含む気軽に聴ける講師陣としている。会場も、かるぽ~と大ホール。四万十市民大学は、こちらのほうと同じ内容だ。

「市民の大学」今回の講座(85期)は、「高知を勇気づけた作家たち(その2)」というテーマ。高知県にゆかりのある作家について話をするもの。

幸徳秋水は一般的な意味での作家ではくくれない多彩な顔をもつ。思想家、ジャーナリストであり、革命家、社会主義者、アナーキスト・・・。ここでいう作家とは、文章を書く人、モノ書き、という意味ぐらいに、広くとらえている。漫画家だっている。
 
今回選ばれた15人は、以下のとおり。

田岡嶺雲、河田小龍、倉橋由美子、中脇初枝、横山泰三、岡本弥太、幸徳秋水、上林暁、平尾道雄、馬場孤蝶、司馬遼太郎、槙村浩、寺田寅彦、青柳裕介、田岡典夫

2015年、先に開かれた「その1」(77期)では以下のとおり。

紀貫之、河田小龍、植木枝盛、大町桂月、寺田寅彦、大原富枝、吉井勇、安岡章太郎、宮地佐一郎、宮尾登美子、山本一力、坂東眞砂子、横山隆一、やなせたかし、西原理恵子

講師も多彩。それぞれの一家言のあるひとたち。このシリーズは大学の先生は少なく、高知県立文学館やそれぞれの人物記念館等の学芸員が多い。

高知市民の大学

いわゆる作家ではくくれない者が多いのが高知県の特徴か。

その中でも漫画家が多いのが目立つ。横山泰三、青柳裕介、横山隆一、やなせたかし、西原理恵子。「まんが甲子園」は高知だもの。

絵師河田小龍、科学者寺田寅彦は2回とも登場している。

幸徳秋水以外でも、田岡嶺雲、植木枝盛、槙村浩は、思想家、社会運動家といえる。中江兆民がもれているのが気になる。

紀貫之は、たまたま土左日記を書いた、平安時代の役人であり、歌人だ。


私は、今回、幸徳秋水はなぜ高知ではなく中村で生まれたのかについて持論を話した。

秋水は町人(平民)の子であったが、母方は士族であった。そんな異例の縁組ができた背景には、中村藩断絶以降、中村は町人中心のまちになったという歴史がある。秋水は身分や階級に敏感な子として育った。中村の歴史や文化が秋水を生んだ。

このことについては、以前、このブログに書いている。
http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-435.html

さもしい演出

アメリカトランプ大統領が来日している。安倍首相の対応ぶりがさもしいこと、このうえない。

日米関係の重要性は誰もが認めることであり、令和改元後の最初の国賓としてアメリカ大統領を迎えることは、当然と言えば当然であり、そのこと自体に私はケチをつけるつもりはない。

昨夜の豪華な宮中晩さん会も歓迎の意を示す意味で当然であろう。オバマ大統領の時も行われたし、他の国賓を迎えたさいも、たびたび開かれていることだ。

私が言いたいのはアベの心根である。

トランプと仲がいいことを見せびらかそうと、周りの迷惑も顧みず、異常なまでの演出をしているからである。額も能力もない者が、大物の尻にくっついて、虚勢をはる。はしゃぎまわる。虎の威を借るキツネか、金魚の糞。アベには、アメリカと対等独立であるべき日本の代表という誇りや気概が微塵も感じられない。自らの中身の軽さを示してる。

そのシンボルが大相撲観戦。よりによって千秋楽。国技館には天皇も座る貴賓席があるのに、わざわざ土俵に近いところの升席を撤去させ、イス席をつくらせた。厳戒警備のため、一般客を締め出し、まわりの席も大量に確保。

なのに、トランプは相撲には興味がないようで熱戦にも無反応で、正直な顔。特別トロフィー授与のために土俵に上がるさいは、特製の木の階段をつくってやり、さらになんとスリッパ。

はだしか、草履であがるのが日本の流儀、伝統文化であるだろう。相手国の文化を尊重するのが真の友好だろう。

相撲協会は官邸の無理難題にはさからえず、屈辱であったろうが、これは相撲協会だけではない、日本文化、日本人が踏みつけられたのだ。

ゴルフもそうだ。千葉県でやるとなると、警備や交通規制が大変だ。みんなに迷惑がかかる。重要な日米協議のために来日したのだろう。オバマはゴルフはやらなかった。常識があった。

しかし、トランプはしたたかである。こんな演出に協力したのは、アベに貸しをつくるためである。

トランプはトランプでアメリカ国内支持維持に必死である。そのためには、アメリカが言うところの日米貿易改善が急務である。アメリカ農民票をゲットするためには、日本にもっとアメリカ農産物を買えと圧力をかける。

記者会見では、8月には、いい発表ができるだろうと堂々と予告した。TPPは関係ないと。トランプもあせっている。

日本政府は国内向けには、TPP以上に不利な妥結はしないとさかんに言っているが、すでに裏取引ができているのだろう。7月には参議院選挙があるので、そのあとに発表するシナリオのようだ。記者会見でアベは、だんまり。

日本の農家、国民を犠牲にしてまで、トランプの歓心を買うためにシッポをふり、仲のよさを演じてもらう。それは、自分の権力維持のため、国民をだまして参議院選挙(衆参同日選も)に勝つためである。

拉致問題もそうだ。今回もトランプは拉致被害者家族に会った。2回目。安倍が頼んだのだろう。しかし、アメリカはやる気がないのは見え見え。

家族たちの憔悴した顔が象徴している。これまで何度もアベに利用され、裏切られてきている。今回も同じであることはわかっている。しかし、政府に頼るしかない。そこにつけこんで、利用しまくる。北朝鮮問題では、日本は完全に茅の外に置かれているのに。

日本は独立国家である。アメリカの属国ではない。
しかし、アベでは、対等平等の日米関係はますます遠くなる。
アベには、一日もはやくやめてもらうしかない。

高知の偉人とは

高知市ひろめ市場前の道を少し西に進んだところ、高知城歴史博物館裏入口前のNTT高知支店の建物壁際に「土佐ゆかりの偉人」の看板があることをご存知の方は多いと思う。現在18人の人物の顔写真と解説文が載っている。

今回調べたところ、この看板は、観光客向けにNTTが約20年前に設置し、最初12人からスタートし、以後何度か追加削除を続け、今年の4月から5人を追加、3人をカットし18人になった。

私はこれまでここに幸徳秋水と中江兆民の名前がないのが不満であったが、今回の入れ替えでこの2人が加わった。これは当然であり、遅きに失した感はあるが、よかったと思う。

60184319_406288030213097_773683309778567168_n.jpg   20190526100513596.jpg

今回加わったほかの3人は、紀貫之、義堂周信・絶海中津(2人セット)、小野梓。カットされたのは、見性院(山内一豊妻千代)、坂本乙女(龍馬の姉)、大町桂月、である。

ちなみに、18人中残りの13人は、長宗我部元親、山内一豊、野中兼山、中浜万次郎、山内容堂、武市半平太、岩崎弥太郎、坂本龍馬、板垣退助、中岡慎太郎、牧野富太郎、濱口雄幸、寺田虎彦、である。

60362422_462169537887628_7902751360922157056_n.jpg   60385370_402880136964672_5415016233319792640_n.jpg
 

これまではNTTが歴史愛好家などの意見を任意に聞いて人物選定をしていたようだが、今回は高知城歴史博物館の監修を受け選定をし直し、パネルの中身も新調したそうだ。だから、この顔ぶれは実質的に高知県の公式認定といってもよいくらいの重みをもつといえるだろう。

こうした中で、幸徳秋水、中江兆民の師弟が選ばれたことは、やっと二人が地元で正当に評価をされたといえるものであり、私も安堵している。

そのうえで、言いたいことがいくつかある。

1.「偉人」とは「偉い人」という意味だが、だれがえらいか、えらくないのかの選定はむずかしい。その基準は人の判断によって異なるのは当然である。

ここの18人は、歴史上の有名人物であることは間違いないが、戦国武将の長宗我部や山内などが、えらい人であるというのには違和感がある。この看板は、土佐ゆかりの「人物」とするのが適当であると思う。(高知城歴史博物館はそのような意見を言ったが、NTTは受け入れなかったという。)

なお、この看板は、今年3月までは「土佐の偉人」であったが、紀貫之のような土佐以外生まれの人物も今回選定したので、「土佐ゆかりの」に変更をしたという。これは正しい。

2.高知県ホームページの高知県の歴史紹介コーナーの中に「高知の偉人」があり、11人が掲載されている。

長宗我部元親、山内一豊、野中兼山、中浜万次郎、武市瑞山(半平太)、坂本龍馬、板垣退助、中岡慎太郎、牧野富太郎、岩崎弥太郎、吉田茂。

http://www.pref.kochi.lg.jp/info/ijin.html

ここでは、NTT看板にある幸徳秋水、中井兆民など8名が漏れている一方で、看板にはない吉田茂が入っている。(吉田茂の父竹内綱は宿毛出身だが、吉田茂は東京生まれ)

NTT看板の18人は高知県公認の顔ぶれといえるだろう。それなのに、高知県ホームページの顔ぶれと一致しなのは、いかがなものか。

高知県は「偉人」という言葉が使われていることを含めて見直しを行い、NTT看板の18人に合わせることを提案したい。

秋水で日韓交流

5月13日、韓国ソウルから金昌徳(キムチャンドック)さんが、幸徳秋水を訪ねてみえた。東京のアナキズム、金子文子研究者の亀田博さんと一緒に。

金昌徳さんは、国民文化研究所の総務理事で、韓国アナキズム学会の副会長、韓国アナキスト独立運動家記念事業会の事務局長をされている。

日本語も堪能で、たびたび来日されているそうだが、高知県ははじめてで、私も初対面。今回は日本帝国主義の朝鮮支配からの独立運動に影響を与えた二人の高知県人、幸徳秋水と槙村浩の調査研究が目的。前日は槙村の高知市内を歩いた。

今年は朝鮮独立3.1運動から100年。日本は改元。幸徳秋水を顕彰する会では6月16日、韓国映画「金子文子と朴烈」を上映予定で、グッドタイミングでの来訪となった。

午前10時、顕彰会メンバー4人で2人を中村駅で迎えたあと、最初に市立図書館内「秋水資料室」に案内。韓国の国営テレビ局KBSのカメラマン1人も同行取材。秋水をテーマにした番組をつくるそうで、終日、金さんだけでなく、亀田さんや私も、インタビューを受けた。中平市長も在席されていたので、飛び込みで、挨拶をさせてもらった。

2019052110253788e.jpg   2019052110255508e.jpg

市役所建物内の図書館に秋水資料室があることは、四万十市として秋水を顕彰しているという姿勢を示すものであり、金さんへのアピールとなっただろう。

昼食をはさんで、秋水墓、生家跡、遊焉義塾・木戸明邸跡、為松公園内の絶筆碑、郷土博物館へ。

20190521102648eda.jpg   2019052110264242e.jpg

秋水らが最後に逮捕された1910年(明治43)は、日韓併合と同年である。首相は桂太郎。

その前年、伊藤博文がハルピン駅で朝鮮独立運動家安重根にピストルで撃たれた。秋水は、安の「義挙」を称える漢詩をつくったことは有名。秋水は、朝鮮、中国の独立運動に関心を寄せていた。

日本におけるアナキストの第1号は秋水である。1906年、アメリカサンフランシスコから帰国し、議会主義から直接行動論へ「余が思想の変化」を発表。クロポトキンの「麺麭の略取」も翻訳した。秋水の本は朝鮮でも出版された。

秋水刑死後、秋水思想は、申采浩(シンチェホ)など、朝鮮独立運動家に影響を与えた。そんな流れの中で、朴烈、金子文子が登場するのである。

20190521103058eef.jpg

日本では幸徳秋水は有名だが、金子文子はあまり知られていない。しかし、韓国では逆であり、文子とその裁判を弁護した布施辰治は有名だが、秋水のことが知られ、評価されだしたのは最近になってからのことだという。文子と布施は、韓国国家から名誉称号をもらっている(日本人では2人だけ)。

2011年、韓国SBSテレビが、韓国独立に影響を与えた日本人3人、金子文子、布施辰治、幸徳秋水を取材に来日し、中村にも来たことがある。当時市長であった私もインタビューを受けた。

博物館の屋上(天守閣)から一望できる中村のまちの眺めを、カメラマンが感嘆の声をあげながら、さかんに取り込んでいた。韓国には、これほどの緑の景色はないそうだ。

20190521103104f96.jpg

佐田沈下橋、香山寺、一條神社も案内をした。

20190521105615a86.jpg   2019052110310148e.jpg

20190521103118818.jpg

夜は、カメラマンを含め計7名で中村料理を囲んで日韓交流。大いに盛り上がった。

今年の3月1日、ソウルの広場で独立運動100年式典が開かれたさい、日本の外務省は、反日ムードが高まり危険だから韓国への旅行は控えるようにと発信をした。

しかし、実際はそんなことはなく、参加日本人は大歓迎であったという。韓国国民は過去の日帝支配と一般国民をきちんと分けている。

反日をあおっているのは安倍政権である。そのほうが支持率が上がるから。徴用工、従軍慰安婦問題でも、異常なほどの発言を繰り返していうのはそのためである。ヘイトを国が主導している。

金子文子は栃木刑務所で抗議の自殺をした。その遺骨は韓国に運ばれ、朴烈のふるさと聞慶(ムンギョン)に丁重に葬られている。そばには朴烈記念館もできている。毎年7月23日の文子命日には、そこで式典が開かれるそうだ。

金さん、亀田さんから誘われたので、今年の7月行ってみようかなと思っている。

なお、安重根は死刑になったが、その裁判(旅順の関東都督府地方法院、当時の清国)で弁護士をつとめたのは水野吉太郎と鎌田正治。水野は高知県香南市出身。鎌田は鳥取県生まれだが、のちに水野に従い高知に来て、ともに活動をした。

また、検察官の溝渕孝雄や小松憲兵(警察)など、裁判に関与した人間に高知県関係者が多かった。これは偶然だが、こんな経緯から、安が獄中で書いた漢詩などが、高知県に残されていた。いまはソウルの安重根記念館に寄贈されている。
こうした面での韓国ー高知の交流も行われている。

このことについては、自由民権運動研究者、公文豪さんが詳しい。

知事訪中に疑問

尾﨑知事は4月24日~29日、中国北京を訪問した。その目的は何だったのか疑問である。

県ホームページ「知事の動き」よれば、尾﨑知事は安倍首相の特使としての任務をもった自民党二階幹事長を団長とする訪中団に加わり、ほぼ連日行動を共にしている。

二階氏は中国が提唱する「一帯一路」国際フォーラムへの出席に合わせ、各国首脳と精力的に会談。初日、習近平中国国家主席との会談では安倍首相からの親書を手渡し、訪日を促したことが大きく報道された。また、ベトナム首相、ネパール大統領らとも会談。いずれにも尾﨑知事は同席(記者会見にも)している。

習近平との会談を載せた高知新聞記事(4月25日付、共同通信配信、同紙は同行せず)の写真には日本側の一番隅に知事が写っている。

img038.jpg

しかし、高知新聞にも書かれていないように、習近平との席においては当然ながら知事の発言機会はなく、ただ「お供」のように同席するだけのことが高知県知事としての公務とどう関係するのであろうか。

このことを県秘書課に問い合わせたところ、二階氏は安倍首相の特使であり、日中関係改善を地方の立場からサポートするため、とのことであるが、本来国家間の問題は沖縄基地問題のようなケース(沖縄だけが大きな負担を強いられている)を除けば、基本的に国政マターであろう。

知事も政治家であるから、自らの政治信念等から国政に絡む行動をとることは自由である。しかし、それならば知事公務ではなく政務(私費)として峻別すべきではないか。

県秘書課は、今回知事は本県観光や園芸産品のトップセールス等も行なっているというが、以下の全体スケジュールを見ればわかるように、二階氏に帯同した行動の合間に少し組み込まれているに過ぎない。いかにも、主要な目的をカモフラージュするために、とってつけたように見える。

尾﨑知事には、政務と公務を混同するような、こうした出張は控えてもらいたい。


 知事訪中スケジュールは以下の通り。

24日 

午前 東京から中国・北京市へ。

午後 北京市で「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラム結団式。
二階俊博自民党幹事長と習近平国家主席との会談に同席。
記者会見に同席。

25日 

午前 「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラム分科会「資金融通」に出席。

午後 スマートレストラン「海底撈花鍋」を視察。
シートリップ北京・日本地域マーケティングゼネラルマネージャー&戦略的パートナー。
中国旅遊集団公司・旅行事業グループ副総裁。
エイチ・アイ・エス北京・総経理、春秋旅行社・総経理との懇談。タニン・チャラワノンCP(チャロン・ポカパン)グループ資深董
事長主催夕食会。

26日

午前 北京市。「一対一路」国際協力ハイレベルフォーラム開幕式。

午後 宋濤中国共産党対外連絡部(中連部)部長との昼食会。
「一帯一路」国際協力ハイレベルフォーラム会議。
二階俊博自民党幹事長とベトナムのグエン・スアン・フック首相との会談に同席。

27日

午前 北京市。精華大学への図書贈呈式、大賀蓮植樹式。
二階俊博自民党幹事長と同大学書記との会談に同席。同大学書記主催昼食会。

午後 日中地方交流対話に出席し、プレゼンテーション。日本産品発信イベントでプレゼンテーション。
中日友好協会会長との夕食会。

28日 

午前 二階俊博自民党幹事長と胡春華国務院副総理との会談に同席。二階幹事長とアリババ集団のジャック・マー董事局
主席との会談に同席。

午後 日中緑化協力記念林を視察。
北京国際園芸博覧会の日本館と中国館を視察、植樹式に同席。同博覧会の開幕式に同席。

29日

午前 二階俊博自民党幹事長とビディヤ・デヴィ・バンダリ・ネパール大統領の会談に同席

午後 記者会見に同席。
駐中国特命全権大使主催昼食会。
中国から帰国。東京泊。

10連休

10連休が今日で終わる。

毎日が日曜日の私にとっては連休とは関係のない10日間だった。どこにも出かけず、天気がよい日には、家の前の畑仕事をすることが多かった。

畑仕事や芝桜の草採りなどをする時にはラジオを聞くようにしている。これまでラジオを聞くのは車を運転する時ぐらいであったが、聞き始めるとラジオはなかなかいい。

まず、作業をしながら聞けるので、一石二鳥のお得感がある。これが一番いい。
また、内容もテレビより充実している。深みがあり、「聞かせる」ものが多い。
ニュースでもテレビより突っ込みが鋭い。

先日、民報ラジオであるお坊さん(住職)が、連休中もまわりは静かでみんな淡々と過ごしているのに、テレビやマスコミだけが、令和、令和と言って浮かれている。ごく一部の騒いでいる人だけ、場面だけをクローズアップして放送している、あきれる、と言っていた。テレビではこんな発言は放送されない。

その通りだと思う。四万十川への観光客は例年のゴールデンウイークに比べると多く来ているようには感じるが、ただそれだけのことで、特に改元だと言って浮かれている人はいない。

これまでの改元の時は、喪に服すことが優先された。前回の改元の時の重苦しさは思い出したくもない。

その点、今回は初めての生前譲位ということで、国民もマスコミも初体験。どうなることかと思ったら、国民は生活は普段通りなのだろうが、マスコミの浮かれぶりは目を覆いたくなる。

政府の意向を忖度したものであろうが、戦前は、マスコミがこのような統制によって言論の自由が奪われ、あのような戦争に国民を動員していったのだろうと思う。

かつてテレビが登場した時、「一億総白痴化」と言われたが、いまの改元報道はこの通りだと思う。象徴天皇制はどうあるべきかの議論を避け、ただお祭り騒ぎだけを演じている。

これはテレビだけではなく、新聞、ラジオを含め、報道全体に共通をしていることだろう。しかし、テレビが特にひどいと思う。

とにかく、10連休がやっと終わる。普段の生活に戻る。
やれやれだ。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR