FC2ブログ

文子を追っかけ韓国日記(5)

5日目、帰国後まとめ

最終日7月26日は8:25発高松行きなので、帰るだけ。まだ薄暗い5時半タクシーでホテルを出た。仁川空港まで、高速を使い1時間で料金は5900円だから、やっぱり安い。

来るときとは違い、あとは学習効果でスムーズ。10:05高松着。あっけない。外国から帰ってきたというような感じがしない。

これで旅は終わったので、まとめ、感想を書いておきたい。

大変中身の濃い充実した旅になった。ひとえに、金昌徳さんをはじめ韓国、国民文化研究所のみなさんの温かい心のこもった受け入れ体制のおかげである。東京の亀田博さんにも大変お世話になった。

最初にも書いたように、この旅が実現したのは、幸徳秋水と金子文子の導きによる。韓国独立3.1事件から100年の年、日韓関係が悪化の状態の渦中というのも、運命的なものを感じた。

秋水らが逮捕された大逆事件と同じ年(1910年)、日本は韓国を併合。それから100年以上たつというのに、日本政府は植民地支配への、心からの反省がいまだできていない、中途半端な形でしか、戦後処理をしこなかった、そのツケがいま来ている。

今回のことの発端は、徴用工への補償問題。日本側は1965年の日韓請求権協定で解決済みと主張している。しかし、この協定は国と国の締結であり、被害者個人からの請求権までは否定しているものではないということを、日本政府も過去の国会答弁で認めている。

しかも、今回は韓国最高裁判所の決定である。日本も韓国も三権分立。行政は司法に介入できない。なのに、日本政府は韓国行政になんとかしろと追及。法の秩序を破れと言っているのだ。逆の立場で、日本の最高裁判所の決定に外国から異を唱えられたら、日本政府はどうするだろうか。

こんな情勢下、初めての韓国訪問であったから、韓国の反日ムードも高まっているだろうと心配していた。

ところが、まったくそうではなかった。これは日本の報道の仕方に問題がある。もちろん一部には反日の人たちもいるだろうが、日本ではそうした部分だけを、さも国民全体がそうであるかのように、過剰に報道している。それによって反韓、嫌韓をあおる。日本政府がそれを望んでいるからである。対外的な危機をあおれば、国民は結束するから当該政権に有利に働く。

恥ずかしながら、私は最近まで、金子文子の墓が韓国にあり、毎年追悼式を韓国の人たちがおこなってくれていることを知らなかった。

今回、追悼式に初めて参加をして、私は韓国の人たちのこころの広さ、懐の深さを痛感した。日本人の文子を顕彰し、朴烈義士記念館の1Fフロアーいっぱいに詳しい展示をしてくれている。その詳細さは、朴烈以上であった。

今回、私らはソウルからチャーターバスに乗り、聞慶市での追悼式に参加してホテルに泊まり、翌日も同じバスで文子が暮らしていた芙江にも連れていってもらった。これらの費用はすべて韓国側持ちであり、私ら日本人10人は招待された形になっていた。

文子追悼式関連のイベントについては、国からの補助金が出ており、おみやげ(記念タオル、文子をデザインしたマグカップ、メモ帳)まで、持たせてもたった。

20190805150637149.jpg

2日目、芙江での歓迎式費用は、地元の一人の実業家がいっさいを出してくれていると聞いた。歓迎するとなれば、まるごと。それが韓国流なのだと同行の日本人から聞かされた。

聞慶は朴烈の生地ではあるが、文子は住んだことがない。しかし、芙江には7年間住んでいた。

文子は手記に書いているように、芙江では日本人が地元民を虐待し、差別してきたのをみている。普通に考えれば、いまも芙江に人たちは日本人がにくいはず、少なくとも良い思いはもっていないはずである。

なのに、われわれを歓迎してくれる。文子が暮らした足跡をいまも調べ続け、詳しく案内してくれる。芙江では、これまで地元出身の有名人がいないこともあり、文子をまちのシンボル、英雄として、広く知ってもらおうと力を入れているのだと聞いたが、日本ではありえないことだろう。

このことは、安重根義士記念館、西大門刑務所跡の展示を見ても感じた。日帝支配の歴史を忘れてならないと、生々しい展示に徹底している。学校でもこのことを教えているという。

なのに、われわれに対しては極めて友好的である。それは今回受け入れてくださった方々ばかりでなく、ホテルの人、レストランの人、おみやげ店の人、みなそのように思う。反日の人はいったいどこにいるの?

韓国人は国家として、日帝を憎んでいる。しかし、その場合の日帝とは為政者のことであり、日本国民一般ではない。そこをきちんと分けて考えている。なんと、心が広いことだろう。

逆の立場の日本人では、ありえないこと。日本が戦後アメリカに7年間軍事占領されていたこと(サンフランシスコ条約締結まで)とは、問題の深さが異なる。

日本は島国であった。しかし、韓国は、過去の歴史においても、周りの大国(中国)から干渉を受け続けた試練、苦難の歴史があり、いまも南北に分断されている。民族としての鍛えられ方が日本とは違うのだ。大人の対応だ。

私は韓国の人たち=反日、というイメージをずっともってきた。私には、過去の日本が与えた強制、迫害、差別への負い目がある。その裏返しと自己分析している。

しかし、今回の旅で、韓国の人たちの本当の心が幾分なりともわかったような気がする。だから、いま日本政府が仕掛けている対立の構図が許せない。

両国の歴史をきちんと学び、知り、真摯に向きあう。これが大事だと思う。知らないことは怖しい。

韓国の人たちは言っていた。いま、両国は対立しているが、私らの友好は深いし永遠であると。その通りだと思う。

いまの対立を早く克服できるよう、私も今回教えてもらった韓国の人たちに思いを、ひろく日本人に伝えていく努力をしたい。(終り)

201908051506561b5.jpg
国民文化研究所 李鉉盆副会長


プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR