FC2ブログ

秋水を生んだ風土と人々(5)安岡良亮

5.安岡良亮

秋水の母多治の実家小野家は代々山路村庄屋を務め、名字帯刀を許された士族格の名門であった。父雲了(亮輔)は三男のため中村に出て医師になっていた。

小野家は同格の他の庄屋や郷士たちと「ひきつりひっぱりあって」(幡多弁で親戚つながりの意味)いた。その代表格が安岡家であった。

安岡家の祖は中村藩(藩主山内康豊=一豊の弟)の重臣であったが、元禄二年、中村藩改易後は禄を失い、間崎村に移り、郷士になった。

雲了の姉菊は、その後中村に戻っていた安岡良輝(故五郎)に嫁いだ。二人の長男が良亮で、多治の従兄になる。

安岡良亮は樋口真吉らと遠近鶴鳴(町人学者)の塾で学問を学び、幕末幡多勤王運動のリーダーとなった。維新東征には迅衝隊(隊長板垣退助)の第二小隊半隊長として参加、小軍監に抜擢された。千葉流山で捕らえた新選組近藤勇に、谷干城と斬首を命じたことは有名。

良亮は新政府に仕えるため明治二年、家族を引き連れ上京。

弾正台大忠、集議判官、民部少丞から高崎県(群馬)参事、度會県(三重)参事、さらに白川県権令、白川県が熊本県に改まってからの初代県令(知事)となった。

これらの県はいずれも廃藩置県後、政情不安で難治の県とされていたところであり、良亮の人心掌握力を買った大久保利通の任命であった。

良亮には忠実な部下がいた。迅衝隊が甲府進軍のさい現地で馳せ参じて来た尾崎行正で、以後高知県士族となり、良亮に影のようについて来た。東京駿河台の屋敷では離れに同居、その子尾崎行雄(咢堂)は良亮から直々に学問を教わった。行雄はのちに「憲政の神様」と言われた。

熊本では不平士族の敬神党(神風連)が暴発寸前であった。良亮は硬軟両用の融和策を使い効果をあげていた。しかし、廃刀令が出たことでこれを抑えきれず、ついに明治九年十月、斬り込みに遭い命を落とした。

翌年には鹿児島の西郷隆盛も立ったが(西南戦争)、谷干城は熊本城(鎮台)を死守し、英雄となった。迅衝隊の盟友二人の運命は熊本で分かれた。

旧大方町出身のタカクラ・テルに「幸徳秋水の墓に詣づるの記」という小文がある。「小生幼児母より寝物語に聞き申し候安岡熊本縣令惨殺の物語に関してにて御座候。母はその物語の終りに常に申し候ひき。此の安岡懸令の妹(注・従妹の誤り)こそは秋水の母なる人なり」、母は秋水母の遠縁であったと聞いている、と。幸徳富治(駒太郎長男)にも同じようなことを書いた手記(「伯父幸徳秋水」)がある。

テル(高倉)の母美弥(吉田)と秋水母多治の関係については判然としないが、美弥の母智恵が間崎姓であり、間崎姓の本家は安岡家と同じ間崎村の庄屋であったことからではないかと推測される。

神風連の乱当時秋水は五歳。後に中村の出世頭は良亮であったと残念がっていたと、師岡千代子が書いているように、良亮の死は同族親戚に衝撃を与えた。(続く)

安岡良亮


週刊 高知民報連載(全12回) 2019.8.11

秋水を生んだ風土と人々(4)商家・俵屋

4.商家・俵屋

幸徳家のルーツは京都。安倍清明の流れを受けた陰陽師であったとされ幸徳井(かでい)と称し、のちに大阪に出て幸徳になり、医業を営んでいた。

五代篤興(梅林)の長男篤胤は薬の扱いを通じた人脈があったのであろう。享保年間(年次不詳)、土佐中村の薬種問屋俵屋に誘われ、堺から渡った。

俵屋は一條家時代から続く中村土着の有力商人。篤胤は俵屋の暖簾を継ぎ、俵屋嘉平治を名乗るようになり、中村幸徳家の初代となった。

中村三代目嘉平治(篤親)には息子が二人。長男篤道は役人志向が強かったことから、次男篤明(秋水の父)が俵屋を継ぎ四代目嘉平治となった。

篤道には子がなかった。弟篤明夫婦からもらう約束ができていたので、篤明の長男亀治を養子にした。

伝次郎は次男であったが、そんなことで、生まれた時から、五代目嘉平治を継ぐ運命にあった。ところが秋水二歳の時、父が病死。母多治は三十代にして寡婦、母子家庭になったので、伯父の篤道夫婦が俵屋に戻り、差配するようになった。篤道は伝次郎の父親代わり、後見人に。幸徳家は一つ屋根の下に二家族が住むという、複雑な家となった。

さらに、篤道は役人時代(久保川村庄屋)に目をかけていた農家の三男長尾駒太郎を下僕として俵屋に入れた。駒太郎は実直、真面目で店の番頭を任せるまでになったので、自分の養子(廃家予備)にしたことから、ますます複雑になった。

幸徳家の墓は中村の裁判所裏、正福寺にあり、毎年一月二四日、秋水墓前祭を開いている。秋水、篤明、駒太郎らの墓が並んだ一角は県内外から墓参者が絶えない。

その手前の山際にも古い墓があるのだが、気づく者は少ないので、二年前、「俵屋・幸徳家先祖墓」の看板を立てた。中村幸徳家の初期の墓石や、幸徳家が入る前の俵屋の元禄期以降の墓石が並んでおり、「町人のまち中村」を今に伝える史跡としての価値もある。

幸徳家が中村に移る以前の大阪の菩提寺は竹林寺(大阪市西区本田)。自分の家系に深い関心をもっていた秋水は、明治三九年、アメリカから帰朝後里帰りのさい、大阪に立ち寄り、あちこち歩いた末この寺を捜しあてたことが、妻師岡千代子「雨々風々」に書かれている。

竹林寺は昭和二十年三月、大阪空襲で丸焼けになったが、黒くすすけた幸徳家先祖墓(梅林建立)が一基だけ残っていた。昭和五七年、大阪の社会党関係者たちの提案、協力を得て、この墓石を正福寺に移設した。

俵屋は宇和屋(遠近)、吸田屋(木戸)などとともに町老(年寄)を務める「おまち中村」の代表格の商家であり、当然婚姻も互いに結び合った。篤道の妻は富田(百足屋)、養子亀治(秋水兄)は木村(叶屋)から迎えた。秋水の姉二人も、民野は福島(亀田屋)、寅(牧子)は谷川(和泉屋)へ嫁いでいる。

しかし、秋水の父篤明だけは士族格の山路村庄屋小野家の三男で医師の小野雲了(亮輔)の長女多治を迎えた。(続く)

俵屋・幸徳家先祖墓(正福寺 )
 俵屋・幸徳家先祖墓

週刊 高知民報連載(全12回) 2019.8.4
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR