FC2ブログ

秋水を生んだ風土と人々(9)小野英、輝

9.小野英、輝

明治二八年、叔父小野道一の自殺は、当時二四歳の秋水にとって衝撃であった。

本連載冒頭で紹介したように、秋水は明治三七年、平民新聞に「予は如何にして社會主義者となりし乎」を書いた。そこに自分の境遇と読書(学問)をあげ、境遇の一つに「維新後一家親戚の家道衰ふるを見て同情に堪へざりし事」をあげている。岡崎輝は「従兄秋水の思出」において、これは道一の死のことであり、秋水へ与えた「精神的打撃は甚大」であったと書いている。

輝は道一、英(ふさ)夫婦の三女。当時七歳、東京で同居していた秋水を兄と呼んでいた。

道一は当時「かっけ」にかかっていた。病気と生活困窮を苦に自ら命を絶ったことが考えられるが、ほかにも追い込まれていた何かがあったのではないか。秋水はそこに社会の不条理のようなものを見たのではないか。 

道一の妻英は安岡良亮の次女。周りからの援助の手(谷干城など)を断り、娘二人を連れ千葉館山で教員になり自立。後に日露戦勝記念として中村に最初にできた幼稚園の初代園長として迎えられ、高知県保育(幼児教育)の魁として名を残している。

小野家としては、道一の死後、小野別家に嫁いでいた長女達の三男行守を次女武良の養子として籍に入れ、家を継がせた。秋水は明治四十年、最後の里帰りをし、クロポトキンの「麺麭の略取」を翻訳したさい、当時中学生であった行守に筆記の手伝いをさせた。このエピソードを作家上林暁が聞いて、小説「柳の葉よりも小さな町」に書いている。

英は秋水が東京に戻るさい、「傳次さんよ、今度東京へ行っても亦先のやうな危いものはどうしても書かれんぜ、お母さんはもう七十一ぢゃけん、何時どんなことがあるかも知れんから、お母さんの生きている間に再び牢に入るやうなことをしてはならんぜ」(輝前掲著)と念を押した。

しかし、秋水は中村から船で大阪に出て、親戚の桑原政明の家に泊まってから紀州新宮の大石誠之助のもとに立ち寄ったことで、大逆事件の罠にはめられることになった。

秋水は獄中から母に何度も手紙を書いている。その手紙を母に読んでやるのはいつも、小学校教員になっていた輝であり、母の返事も輝が代筆をした。

英は晩年は大阪豊中の岡崎家に引き取られ、輝に言われ「八拾余年の思出」を書き残した。幕末維新の頃の中村のまちの人たちの暮らしを伝える貴重な記録となっている。昭和十二年没、八七歳。

輝は文筆に優れ、戦後昭和二二年「従兄秋水の思出」を書いたほか、丘佐喜子のペンネームで「南国新聞」(中村の地方紙)にもたびたび寄稿。昭和四三年没、七九歳。

なお、小野家を継いだ行守は陸軍士官学校出。京都帝大、英国留学を経て兵器工学の権威となった。満州関東軍少将の時、牡丹江でソ連に抑留され、昭和二二年八月、ハバロフスクで病死。五五歳。

小野雲了以下一族の墓は中村の羽生山にあったが、のちに太平寺に移された。しかし、いまは撤去され跡形もない。(続く)

小野英(前)と娘の輝  上岡正五郎「小野家一族之系譜」より
小野英(前)、輝(後)

週間 高知民報連載(全12回) 2019.9.15

秋水を生んだ風土と人々(8)小野道一

8.小野道一

小野は秋水母多治の実家である。小野雲了、須武子の子は娘二人、多治と嘉弥子であった。普通ならどちらかに婿をとるのであろうが、多治は商家幸徳に、妹の嘉弥子は雲了の姉菊が嫁いでいた郷士安岡の次男良哲(良亮の弟)に出し、小野家養子として桑原義厚、教の次男で甥の道一を迎えた。道一の兄は前号に書いた桑原戒平である。

道一は嘉永三年生れ、戒平の六歳下。兄同様、安岡良亮に学問を、樋口真吉に剣術を学んだ。維新後、谷干城に従って上京、大学南校で法律を学んだ。干城、良亮、戒平は維新東征迅衝隊の幹部であったという関係が背景にあったと推測されるが、上京の詳しい経緯や時期等についてははっきりしない。道一はその後も生涯、干城と深いかかわりをもつ。

安岡良亮は新政府入りのため明治二年一家で上京。道一も官に入り、明治三年、東京で良亮次女の英と結婚した。いとこ同士であった。(良亮の長女の芳も桑原戒平妻になっていた。桑原兄弟と安岡姉妹が結婚。)

道一は度會県(三重)、三潴県(福岡)警察部長、鹿児島裁判所、大審院を歴任後、兄戒平と同時期中村へ帰り、兄に続き第三代幡多郡長、さらに県議会議員を四期十年(明治十三~二三年)、第十代議長も務める。明治二十二年、東京で開かれた帝国憲法発布式典には県議会議長として参列している。

一は民権派(自由党)と対立する帝政派(国民党)の領袖であり、一時は国会議員候補として名前があがるほどであった。道一にとってこの約十年間が「華の時代」。

しかし、道一の政治生命は県議会議員を辞職に追い込まれたことで終わる。兄戒平が立ち上げた同求社に協力したことで一蓮托生であった。

道一は県から資金を借り入れたが、事業が行き詰り返済不能に。議会民権派から格好の攻撃材料にされた。

財産のすべてを失った道一は家族を連れて再び上京。旧友杉浦重剛らの経営する日本新聞に職を得た。日本新聞の社主は陸羯南であったが、杉浦は設立メンバーの一人であり、大学南校同窓であった。

当時秋水は独身で中江兆民の書生をしながら国民英学会へ通学していたので、神楽坂の小野借家に同居することになった。岡崎輝「従兄秋水の思出」によれば、道一と秋水は「党派は違ふけれども心安くしてゐた」。しかし、秋水の当時流行りの軟文学好きに対しては、堅い学問をしてきた道一は「汝は極道ぢや」と叱るなど、秋水の生活態度には厳しかったようで、秋水を悩ませた。

明治二四年、道一は日本新聞をやめ、逓信大臣となった後藤象二郎の紹介で金沢郵便局長になる。しかし、腸チフスの大患にかかる。二年後東京に戻り、中央新聞に就職していた秋水と再び同居。

道一の体調は戻らず家で療養していたが、明治二八年八月、療生のため伊田(旧大方町)の小野分家に嫁いでいた妹仲のもとへ帰る途中、神戸摩耶山の麓で縊死。四六歳。神戸から高知行の船に乗ろうとしたのであろうが。

輝は「父が極めて不遇の中で急死した」とだけ書いている。(続く)

小野道一 上岡正五郎「小野家一族之系譜」より
 小野道一

週間 高知民報連載(全12回) 2019.9.8

秋水を生んだ風土と人々(7)桑原戒平

7.桑原戒平

桑原家の祖は初代中村藩主山内康豊に従ってきた医師。中村藩改易後は江ノ村に移り庄屋となり周辺に分家。戒平は蕨岡伊才原大庄屋桑原義厚の長男として弘化元年生まれた。

母教は小野家出身で、教の妹須武子は小野雲了の妻となっていたので、その娘多治(秋水母)と戒平は従姉弟になる。

戒平は学問を安岡良亮に、剣術を樋口真吉に習った。維新東征では迅衝隊十二藩隊半隊長差引役、会津で負傷。安岡良亮長女芳と結婚した。

新政府に入り、清国に留学派遣。明治八年、安岡良亮が先に赴任していた白川県(熊本)へ七等出仕。同九年、神風連の乱に遭遇。県令良亮は斬られたが難を免れ、県令代理として事件処理に奔走。翌年も西郷蜂起の西南戦争があったが、収束後中村に帰郷。初代桑原平八(同族)に続き、二代目幡多郡長(明治十三~十五年)になった。

戒平の長男、順太郎は秋水より一歳上。後年、秋水は「順太郎さんを見よ、あんなに大人しうせねばいかんといって、順太郎さんのお陰で何遍母に叱られたか知れん。子供のときには大に順太郎さんを怨んだものだよ。」(岡崎輝「従兄秋水の思出」)と語っている。

戒平は事業意欲も盛旺。親戚縁者から資金を募って同求社を立ち上げた。旧土佐藩貨幣局の事業の払い下げを受け、大阪港路開設、樟脳の輸出等のほか、板垣退助から権利譲渡を受け、田ノ口銅山採掘にも乗り出した。本社大阪、分社高知、中村。

戒平は明治十八年七月、高知の弥生新聞(帝政派)が読者人気投票で選んだ「土佐十秀」の中の「商法家」部門において二百十四票を獲得して一位となった。他は「慷慨家」板垣退助、「理論家」植木枝盛、「画家」川田小龍など、高知の錚々たる顔ぶれの中で幡多から唯一登場。高知市立自由民権記念館に、その記事が展示されている。

しかし、事業はそれこそ「武士の商法」で、たちまち行き詰った。戒平は中村にいられなくなり、家督を弟義忠に譲り、東京へ出た。
事業破綻は親戚縁者に累を与えた。俵屋(幸徳)は同求社に事務所を提供していた。運悪く、その頃、秋水が通っていた中村中学が廃校となり、高知中学に吸収されることになった。しかし、秋水は家の経済状況悪化からすぐには転校できず、安岡秀夫らに一年遅れて高知へ出たが、授業についていけず落第、学校放棄。秋水最初の挫折となった。

戒平には官時代の人脈があった。上京後は北豊島郡長、八丈島島司、小笠原島司から日本統治後まもない台湾新竹支庁長などを歴任。台湾では総督の乃木希典、児玉源太郎に仕えている。

東京では親戚として秋水と行き来があったようで、師岡千代子は「風々雨々」の中で「私が嫁いだころには、最う白髪童顔の好い加減の老人であったが、見るからに何處か剛腹な人であったやうに記憶して居る。如何にも尊大なこの人だけは、何時までも秋水を鼻垂れ小僧扱ひにしてゐた」「さすがの秋水もこれには参って居た」と書いている。

戒平は老いてからキリスト教に入信。大正九年、七六歳で没。墓は晩年暮らした鎌倉にある。(続く)

69587543_375530146712815_2735881802341154816_n.jpg
 桑原戒平

週間 高知民報連載(全12回) 2019.9.1
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR