FC2ブログ

高知新聞の知事選報道

尾﨑知事が12月6日退任した。きょう7日付高知新聞は、第1面に「新たな道切り開いて」「尾﨑知事 県庁に別れ」の見出しで、花束を持って手を振る写真を載せている。

20191207130823b42.jpg

8月21日、尾﨑知事が記者会見をし、4選不出馬、国政転身を表明してからの「狂騒」も、これでひとまず終った。

この間の動きの主役は一貫して尾﨑知事であり、「尾﨑の乱」と言われるように、名実ともに自作自演のひとり舞台であった。

高知新聞はさまざまな角度から記事にした。地元新聞にとって4年の一度の知事選挙は最大イベントであるから、これは当然のことであり、しかも過去2回の知事選は無投票であったことから、なおさらのことであると思う。

いま改めて、この間の高知新聞の知事選挙関連記事を振り返ってみると、これでもかというほどに、何度も連載が繰り返されるなど、記事の量は膨大である。私は、これは異常なほどであったと思う。

通常の記事と異なり、各種選挙関連記事となると、記事の内容は「公平」でなければならないのは当然である。記事の中で有権者が投票するさいの判断材料を提供するのはいいとしても、特定候補に肩入れをし、投票を誘導するようなことがあってはならない。

今回の知事選挙を振りかえってみれば、主役はもう1人いた。それが高知新聞である。

高知新聞はそれを意図していたかどうかはわからないが、結果として、尾﨑ひとり舞台を見る客を集めるための動員に大きな役割を果たしたことは間違いがない。高知新聞が「尾﨑正直物語」をクローズアップする「流れ」「世論」をつくった。選挙争点においても知事側が言うのと同じ、「継続か転換(混乱)か」、を拡散した。

以下に、この間の高知新聞主要連記事をのせるのでごらんいただきたい(これ以外にも、たくさんあるが省略)。最後(末尾)の11月5日記事は「評価 時代が求めた役割果たす」とあるように、尾﨑礼賛でしめくくっているのが、象徴的である。


10.5~10.18
検証・尾崎県政 第1部 浮揚へのイムズ

1. 転換 理念から実利追及へ
2. 政治基盤 相乗りと「武大清桑」
3. 対県議会 総与党化で「1強」に
4. 計画づくり 凡事徹底 仕事の「型」に
5. 牽引 率先垂範で堅調に疲弊も
6. 怒れる知事 周囲突き動かす
7. 地震対策 想定との闘い 妥協なく
8. 学力重視 教育現場に成果求め
9. 政策提言 県益獲得へ現実主義
10. 対市町村 積極関与し戦線拡大
11. 懸案処理 県民への説明 主眼に
12. 人口減 地方の底上げ 道半ば


10.22~11.2
検証・尾崎県政 第2部 産振レガシー 計画10年

1、 地産外渉 上 「どぶ板」と「飛ぶ営業」
2、  同   下 問われ続けるコスパ
3、 人材育成 学ぶ機会全国一目指し
4、 輸出 「YUZU」で手法確立
5、 高知家 県民性の本質突く
6、 観光 「博」重ねノウハウ蓄積
7、 進取性 強味発揮へ独自の挑戦
8、 移住促進 人生の決断に数値目標
9、 ものづくり マッチング苦戦でも・・・
10、 地域ビジネス 上 ヒトもカネも出す
11、   同    下 「県主導」の功と罪
12、 庁内 政策作りの「型」根付く

11.3~11.5
‘19高知県知事選 12年ぶりの「選」

1、 上  ポスト尾崎 路線継承か、転換か
2、 中  浜田陣営 与党が支える「後継者」
3、 下  松本陣営 広田氏軸に野党共闘


11.14~11.21
‘19高知県知事選  高知県の「現在地」 県政課題ポイント解説 

1. 財政 国の支援受け積極型
2. 地震対策 「犠牲者ゼロ」へ課題多く
3. 人口 「社寄増減ゼロ」難しく
4. 高齢者医療 「2025」へ対策急務
5. 少子化 産み育てられる環境を
6. 不登校 特効薬なく模索続く
7. 県内総生産 人口減下の拡大続くか


11.22
‘19高知県知事選
集活センター58カ所に 交流、活力創出に一定効果 補助金頼み、自立へ人材難

橋本大二郎前知事に聞く


11.27~11.30
継 ダブル選総括 2019知事選・高知市長選

1. 令和決戦 新時代のリーダー像は
2. 後継者 尾崎氏前のめりで信任
3. 野党勢 共闘の限界超えられず
4. 5氏乱立 現職多選批判かわす(高知市長選挙)

12.1~12.5
検証・尾崎県政 第3部 あの日あの時 記者座談会

1. 静寂からの船出 1期目 追い風逃さず好発進、学力で「成果」急ぐ
2. 懸案対応 「積年の課題」で手腕
3. 素顔 職員動かした「熱」、「情」優先した判断も
4. 尾﨑流 「弱みを強みに」の論法
5. 評価 時代が求めた役割果たす、4選不出馬は賢明?


尾﨑県政は県民の評価が高かった。県政満足度は選挙期間中89%であったことに示されているように、これも異常な数値である。一連の記事は、その背景、理由を解析するような形で編集されている。産業振興計画、観光、高知家・・・など。

しかし、私からみれば、確かに数字でみれば、成果が表れているように見えるものも多いが、しかし、全国的な水準、位置からみる限界等については、堀下げが甘く、県が発表している資料、データを書き直したようなものがほとんどであり、もの足りない。

私はこの間、四万十市長を経験した。地方自治の基本単位は市町村、地域住民を最終的に守るのは市町村であり、県ではない。この間の尾﨑県政により、市町村の自主性は弱体化、県の出先機関化し、「県庁栄えて市町村枯れる」を実感したことから、10月7日、高知新聞「所感雑感」欄に、「尾﨑県政12年を問う」を投稿した。

この記事は掲載されるか不安であったが、そのまま載せてくれた。しかし、私の主張は、「尾﨑正直物語」の洪水に呑み込まれてしまった。

私は尾﨑県政の功罪のうち「功」は、すでに「物語」とされ、さんざん書かれているような数値(過剰表現はあるが)であったと思う。これは率直に認めなければならない。

しかし、「罪」も多い。私はその最大のものは、国→県→市町村→個人という、中央主権的なヒエラルキーをつくる立役者になったということであると思う。

国の方針に従い、市町村や個人をコントロールする体制をつくったということである。高知家キャンペーンがそれを象徴している。「高知県は一つの大家族ながやき」ということは、家長(知事)のもとに、みんなまとまれということ。市町村や個人の個性や自主性は抑圧され、県の意向に従えということ。そこには「個」を育てるという視点はない。

私はそれを自分の選挙で体験している。再選をめざす2013年四万十市長選挙に尾﨑知事が突然介入、牙をむいてきたからだ。大義名分を示さないままに。

同じようなことが2016年香南市長選挙でもあり、こちらは知事が「個人的に」親しかった現職が劣勢なのをみて、参戦した。

香南市長選挙については、高知新聞の記者座談会(12月3日)では、理(大義名分)ではなく「情」を優先した判断であったと、美談風、免罪的に書いている。

78896712_2910536155647395_3444030619921678336_o.jpg

しかし、こうした「理」のない介入こそ、尾﨑県政の狂暴、独裁的な体質を示しているのであり、高知新聞が堀り下げるべきであった。

選挙後の「検証第3部記者座談会」は、まるでお仲間同士が勝利の余韻にふけっているようである。

また、投票日の2日前(11月22日)の記事もひどかった。2日前といえば、無党派層など、どちらに入れようかと迷っている人たちが最後に意思を決める時である。

そんな日の社会面に、「集活センター58カ所に」「交流、活力創出に一定効果」と58カ所の一覧表までのせた記事を書いた。集落活動センターは尾﨑県政の目玉政策の一つであり(私は投稿でその問題点を指摘している)、その実績をわざわざ紹介してやった。最終盤で浜田陣営に有利に働き、ダメ押しになったと思う。

20191207130827c17.jpg

私は第2次安倍政権誕生以降、特に全国紙劣化が目をおおう状況の中で、地方紙、特にわが高知新聞は健闘をしていると評価し、誇りに思ってきた。

しかし、今回知事選の一連の報道は、社会の公器(木鐸)としてのジャーナリズムの役割を逸脱したものであり、高新どうした、これから大丈夫か、と大いなる不安を覚えた。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR