FC2ブログ

自衛隊の中東派兵

1月11日、海上自衛隊の哨戒機2機が沖縄から中東ソマリア海へ飛び立った。後続の護衛艦も2月に派遣されることになっている。

何のために派遣なのか。日本の石油タンカーの航行安全確保のための情報収集活動が目的だというが、「情報収集」とは具体的には何のことか? 

これは言葉の遊びであることは、関係者はみんなわかっている。本当はアメリカの意を受けた軍事行動であることが。しかし、マスコミはこのことに突っ込まない。

アメリカのトランプ大統領はかねてより、イラン包囲網を築くための有志連合を呼びかけている。しかし、日本は以前からイランとも友好関係を維持していることから、板挟み状態になっている。

そのため、アメリカの意を受けるが、イランにも配慮する必要があることから、イランに接するホルムズ海峡を避け、少し離れたサウジアラビア沖のソマリア海への派兵となったのだ。要は、アメリカへの忖度であり、このことを昨年11月、閣議決定した。

しかし、その後状況は急変した。今年に入り、アメリカはイランの最高司令官をロケット弾で殺害。イランはすぐに報復攻撃した。きょう現在は小康状態であるが、両国は戦争状態に入っている。

アメリカの行動は明らかな先制攻撃であり、国際法に違反している。国連事務総長も批判している。

こんな無法をまかり通している危険な時に、ノコノコト自衛隊が中東に出ていくことは、世界各国から、日本はアメリカに加担をしているとみられることは明らかである。

現に、中東3か国訪問を予定していた安倍首相は、これを見合わせることを発表した。しかし、その後、小康状態になったことで、もとに戻し、予定通り行ってきた。

最初の訪問国はサウジアラビアとし、記者会見で自衛隊派兵への賛成をとりつけたと自慢顔に言っていたが、サウジはアメリカの同盟国であり、以前からイランに敵対している国である。有志連合にも早々に参加を表明している。

そんな仲間内の国に行くのは、自衛隊派兵反対世論を抑えるための日本国内向けパフォーマンスであるからである。

憲法違反の安保法制が施行されたことにより、自衛隊はまさに名実ともに軍隊となり、海外どこでも戦争に参加できるようになった。安倍政権はその実績づくりを着々と進めており、今回の派兵はその重要なステップである。

イラク戦争の時、自衛隊がサマーワに派兵されたが、その時は、実際は戦闘地域ではあったが、「非戦闘地域」だからという説明があった。しかし、今回ソマリア海は非戦闘地域であるかと問われても、答弁をはぐらかしている。

そのうえで、河野太郎防衛大臣は、仮に攻撃があった場合は、大臣の命令で反撃=「海上警備行動」ができるとまで言っている。政府として、今回が戦闘地域への軍隊の第1号だと位置づけているのである。

このような重要な決定が国会審議を経ずに一内閣の一存で決められる。国民の知らないところで、戦争へ参加するということだ。

きのうの報道によれば、アメリカは、駐留米軍への日本の財政的負担(おもいやり予算)の大幅増を要求してきているが、カネの問題だけでなく、軍事をともなう日米防衛負担の見直しも求めている。

すでに日本の自衛隊はアメリカ軍の一部となっており、実質的にアメリカ軍の指揮命令のもとに動いているが、さらにこれを進め、アメリカが海外でおこす戦争への自衛隊の派兵を求めているのである。

今回の自衛隊派兵は、その一環である。

こんな大事なことをマスコミは報道しない。逆に、NHKなどは、政府の方針を容認・促進するようなトーンで、国民世論を危険な方向へ誘導している。

いまこそ戦争反対の声をあげなければならない。

中村喜四郎

私はいま政治家中村喜四郎に注目している。元自民党衆議議員で、宮澤内閣で建設大臣を務めたが、いまは野党の立場に転じ、広田一と同じ無所属に会に所属している。

きっかけは、昨年11月行われた高知県知事選挙において、野党共同候補松本けんじの総決起集会に応援弁士として突然現れたこと。

私は中村喜四郎の名前は、かすかに覚えていた。1994年、ゼネコン汚職事件で逮捕された茨城県の旧田中派現職代議士として、当時大きく報道された。

しかし、25年も前のことであるから、その後すっかりその名前を忘れていた。すでに政界から消えてしまったものと思っていた。ダーティーなイメージを残したまま。

ところが、突然に私の前に現れた。まだ政治家を続けているのかと驚いた。そして、なぜこんな政治家が応援に来るのか、違和感があった。

しかし、決起集会での演説の迫力はすざましいものであった。いまの自民党批判をぶち上げた。いまの自民党は昔の自民党ではない。内部での自由な発言、議論は封じられてしまっている。野党が手を組んで、こんな自民党を倒さなければならないと。鬼気迫る熱弁であった。みんなが圧倒された。

2020011318210495f.jpg

高知県知事選挙は、危機感を強めた自民党が菅官房長官を送り込むなど、組織を引き締めたこともあり、惜敗をした。しかし、松本けんじが応援のお礼に上京し、野党各党をまわったさい、中村の呼びかけで、各党幹部が集まり、慰労会を開いてくれた。いまや野党結集、反自民のキーマンは中村だというのが、もっぱらの評価になっているようだ。

そんな中、昨年末に、常井健一著「無敗の男 中村喜四郎全告白」(文藝春秋社)という新刊本が出版されたので、すぐにネットで買って、正月をはさんで読んだ。

本の腰巻には「25年の沈黙を破ってついにすべてを語った!」「ゼネコン汚職で逮捕されるが<完全黙秘>をつらぬき、検事をして<男の中の男>と言わしめた伝説の男。ムショ帰り後も当選を続け、今も現役の<選挙の鬼>」と、派手に書かれている。

本の中身は、選挙になぜ強いか、無所属でもなぜ自民党に勝てるのか、地元で鉄壁の後援会がなぜできたのか、ということがメインになっている。両親も国会議員で、父親の名前を襲名したこと、選挙区(茨城7区)の全有権者に隈なく足を運んでいることなど。

与党、野党を問わず、選挙で一番効果があるのは、政策うんぬんではなく、有権者とスキンシップを重なることであることがわかる。地道に足を動かし、汗を流すことである。

中村の生い立ち、家庭の内情、政治家としての立ち位置など、さまざまな角度から人物像をあぶりだしている。

中村は、逮捕から復帰後は無所属を通しているが、自民党会派に入っていた期間もあった。しかし、民主党政権を経て、自民党が政権を奪還して以降は完全無所属を通してきた。安保法案採決では退席、共謀罪法案には反対。いまは岡田克也らの無所属の会に所属。

自民党がおかしくなったのは、野党に力がなくなり、一強体制になったから。自民党に自浄作用がなくなったから。

この国もおかしくなった。国民が政治を避け、あきらめている。投票率も低下を続けている。安倍政権は、国民に政治をあきらめさせることに成功している。

だから、この国を救うには、強い野党をつくらなければならない。そのためには、
野党が結集をしなければならない。

「共産党だからダメとか、応援できないとか、そういう考えを持っていたから自民党の強い時代が今まで続いてしまったんだ。野党が強くなるためには、政策の話よりも選挙で党派を超えて戦うことなんです。野党は戦わないから忘れられる。戦ってなんぼの政党、野党共闘。戦わないから風頼みと言われてバカにされる。」

その通りだと思う。勝たなければ話にならない。
ますます、中村喜四郎に注目したい

2020011318202835d.jpg

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR