FC2ブログ

自衛隊の中東派兵

1月11日、海上自衛隊の哨戒機2機が沖縄から中東ソマリア海へ飛び立った。後続の護衛艦も2月に派遣されることになっている。

何のために派遣なのか。日本の石油タンカーの航行安全確保のための情報収集活動が目的だというが、「情報収集」とは具体的には何のことか? 

これは言葉の遊びであることは、関係者はみんなわかっている。本当はアメリカの意を受けた軍事行動であることが。しかし、マスコミはこのことに突っ込まない。

アメリカのトランプ大統領はかねてより、イラン包囲網を築くための有志連合を呼びかけている。しかし、日本は以前からイランとも友好関係を維持していることから、板挟み状態になっている。

そのため、アメリカの意を受けるが、イランにも配慮する必要があることから、イランに接するホルムズ海峡を避け、少し離れたサウジアラビア沖のソマリア海への派兵となったのだ。要は、アメリカへの忖度であり、このことを昨年11月、閣議決定した。

しかし、その後状況は急変した。今年に入り、アメリカはイランの最高司令官をロケット弾で殺害。イランはすぐに報復攻撃した。きょう現在は小康状態であるが、両国は戦争状態に入っている。

アメリカの行動は明らかな先制攻撃であり、国際法に違反している。国連事務総長も批判している。

こんな無法をまかり通している危険な時に、ノコノコト自衛隊が中東に出ていくことは、世界各国から、日本はアメリカに加担をしているとみられることは明らかである。

現に、中東3か国訪問を予定していた安倍首相は、これを見合わせることを発表した。しかし、その後、小康状態になったことで、もとに戻し、予定通り行ってきた。

最初の訪問国はサウジアラビアとし、記者会見で自衛隊派兵への賛成をとりつけたと自慢顔に言っていたが、サウジはアメリカの同盟国であり、以前からイランに敵対している国である。有志連合にも早々に参加を表明している。

そんな仲間内の国に行くのは、自衛隊派兵反対世論を抑えるための日本国内向けパフォーマンスであるからである。

憲法違反の安保法制が施行されたことにより、自衛隊はまさに名実ともに軍隊となり、海外どこでも戦争に参加できるようになった。安倍政権はその実績づくりを着々と進めており、今回の派兵はその重要なステップである。

イラク戦争の時、自衛隊がサマーワに派兵されたが、その時は、実際は戦闘地域ではあったが、「非戦闘地域」だからという説明があった。しかし、今回ソマリア海は非戦闘地域であるかと問われても、答弁をはぐらかしている。

そのうえで、河野太郎防衛大臣は、仮に攻撃があった場合は、大臣の命令で反撃=「海上警備行動」ができるとまで言っている。政府として、今回が戦闘地域への軍隊の第1号だと位置づけているのである。

このような重要な決定が国会審議を経ずに一内閣の一存で決められる。国民の知らないところで、戦争へ参加するということだ。

きのうの報道によれば、アメリカは、駐留米軍への日本の財政的負担(おもいやり予算)の大幅増を要求してきているが、カネの問題だけでなく、軍事をともなう日米防衛負担の見直しも求めている。

すでに日本の自衛隊はアメリカ軍の一部となっており、実質的にアメリカ軍の指揮命令のもとに動いているが、さらにこれを進め、アメリカが海外でおこす戦争への自衛隊の派兵を求めているのである。

今回の自衛隊派兵は、その一環である。

こんな大事なことをマスコミは報道しない。逆に、NHKなどは、政府の方針を容認・促進するようなトーンで、国民世論を危険な方向へ誘導している。

いまこそ戦争反対の声をあげなければならない。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR