FC2ブログ

コロナ政局4 スペイン風邪は3波3年続いた。

きょうで4月が終わる。新型コロナの状況は、ますますひどくなっている。

きのうの休日(昭和の日)、中村に車で出かけたが、飲食関係の店はほとんど全部閉まっている。先週まで開いていたコメダ珈琲店、花まるうどん、肉そばラーメンも。マルナカスーパーは開いていたが、休憩・喫茶コーナーにはロープが張られていた。マクドナルド、ミスタードーナツは、テイクアウトだけ。

GWの初日だというのに、車も少なかった。三密を避け、河川敷を散歩する人が目立った。家の中にずっといることができないのは誰も同じだ。

休日なのに国会は開いていた。コロナ対策の補正予算を早く通さなければならないので、野党も協力。ただし、論戦は激しくやっている。

いま社会が止まっている。こんな経験はいまの日本人のだれもしていない。空から爆弾が降ってきて日本が戦争に負けた時も人は動いていた。

いまと同じような状況といえば、大正7年(1918年)のスペイン風邪大流行の時だ。しかし、その記録は正確には残っていない。その時、中村の町がどういう状況だったのか。先に幸徳秋水の従弟で中村の医師安岡友衛の妻がスペイン風邪で命を落としたことは書いたが、その他の事例はわからない。

当時は、コレラや赤痢など、毎年のようにいろんな疫病が流行していた。スペイン風邪は犠牲者が多かったとはいえ、その中の一つであり、さして詳しく記録に残すほどでもなかったということのようだ。防疫体制が進んだいまとは意識・感覚が異なるのだ。

そうした中、土佐史談会副会長の公文豪さんが2012年12月「土佐史談」251号に書いた論文「スペイン・インフルエンザと高知県」は当時の少ない記録、新聞記事等から調査したもので、貴重である。

→ http://tosashidankai.com/image/251supeinnkaze.pdf?fbclid=IwAR0r1Sf6V-IiR6AoxD5Ha0jbyNhEpH7jQNRx2BLt5NPrxW_B_0gIS0LxAkk

スペイン風邪では世界人口の三、四分の一がかかり、日本では約40万人が死亡したと言われている。しかし、正確な数字データはない。

高知県では当時の内務省衛生局の記録では死者924人とされているが、歴史家速水融の推定では3,410人であり、幅が大きい。いずれにせよ、いまよりひどい状況であった。公文さんは、当時の新聞などでその状況を調べている。

学校、飲食店などがほとんど休んだのは、いまと同じ。違うのは、

1、 軍隊(高知44連隊)1600人中1500人が罹患。演習もできず。
2、 新聞(土陽、高知)の紙面が大幅縮小。最悪2ページに。
3、 郵便局で電報の受発信が止まった。
4、 警察派出所に警官がいなくなった。
5、 裁判所では民事、刑事とも公判が開けなくなった。
6、 土電の運転が日に数本になった。
7、 監獄の囚人にも感染拡大。
8、棺桶がなくなり、値段が倍になった。35円→6,70円。

いまより深刻な状況だったのがわかる。宮尾登美子の小説「櫂」には、貧民街に特に蔓延したと書かれている。

スペイン風邪は大正7年が最悪であったが、その後3波、3年にわった。時間がたてば免疫ができるので、罹患者は少なくなるが、逆に致死率は高くなった。ウイルスが強大化するためだ。

歴史は繰り返す。いまの新型コロナも、いったん夏ごろには落ち着くかもしれないが、さらに強いウイルスとなって、2波、3波が来ることは予想しておかなければならない。

あと2,3年は続く。来年に延期されたオリンピックは、またダメだろう。オリンピックどころではない。やっかいな時に、やっかいなものを、もってきたものだ。

いまみんな体調がおかしくなっているが、この状況は続く。コロナとは長いおつきあい。イライラするよりも、早く、生活ををいまの状況に慣らせたほうがいい。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR