FC2ブログ

コロナ政局6 専門家会議(2)

きのう20日、衆議院予算委員会で参考人質疑が行われ、新型コロナウイルスに関する政府専門家会議の脇田隆字座長(国立感染症研究所)が出席した。その模様がNHKテレビで中継され、今朝の高知新聞記事には顔写真が出ている。

20200521121519501.jpg

私は、この間、専門家会議では、もっぱら副座長の尾身茂氏(独立行政法人地域医療機能推進機構理事長)が記者会見や国会対応の前面に出て、座長の脇田氏の顔がさっぱりみえないことに対する疑問を先に書いた。

私の把握する限りでは、脇田座長が専門家会議を代表してこうした場に登場するのは初めてである。私のような疑問を抱く人は多いことであろうから、今後は本来座長が果たすべき役割を果たすという正常な形になったのかなと一瞬思ったが、どうもそうではないらしい。

というのは、きのうの参考人質疑に呼ばれたのは3人で、尾身氏も呼ばれていたからである。ただし、尾身氏は基本的対処方針等諮問委員会の会長として、である。(諮問委員会の役割については前回書いたので省略する。)

もう1人は、慶応大学教授で経済学者の竹森俊平氏であり、経済面での影響予測について、考えを述べていた。

なぜ、国会は、こんな人選をしたのだろうか。

コロナ問題について、広く意見を聞くというのなら、専門家会議の座長と副座長の2人(ともに医療分野)をダブって呼ぶより、教育、福祉など、ほかの分野の意見を聞いたほうがいいだろうに。

2人はどんな話をしたのか。

尾身氏は、いつものように、感染拡大、終息の見通しについて話し、緊急事態宣言を解除しても、見えない感染が続いていると考えるべき、と。

脇田氏は、もっぱらワクチン開発について述べ、有効なワクチンができるにしても年を越えるだろうし、いつになるのか予想はできない、と。脇田氏はかつてC型肝炎に有効なワクチンを開発した実績があるように、ワクチンの分野の専門家である。

2人は、それぞれ得意な分野について意見を述べており、「分業」したといえるので、納得できる面はある。

しかし、2人は、専門家会議では座長と副座長なのであるから、どちらか1人が代表して(普通なら座長)話をすればいいし、その空いた枠を医療以外の分野の人の意見を聞いたほうがよかったのではないかと思う。

それと、最近ほかに気づくことがある。

相変わらず、テレビには尾身氏ばかりが出ているが、同氏の肩書は、ずっと専門家会議の副座長と紹介されていたのに、最近は諮問委員会会長として紹介されている。

たとえば、緊急事態宣言が5月14日から39県で解除されたさいの首相記者会見に同席した尾身氏は司会者から諮問委員会会長と紹介されたし、その前後、国会に1人呼ばれたさいも、議長からそう呼ばれていた。明らかな変化である。

私のような疑問をもつ声が多く届き、副座長では格好がつかないということになったのだろうか。それとも、ほかに深い意味があるのであろうか。

尾身氏はWHOで仕事をしてきた経験を持っているし、日本では感染症対策の第一人者であるという理解で、私も納得している。今回も実質、専門家の立場で対策を仕切っているのは尾身氏であることは明らかである。

それならば、2012年新型インフルエンザ対策の有識者会議会長を尾身氏がつとめたように、今回の専門家会議座長も尾身氏がつとめれば、私があれこれ悩むこともない。

今回の専門家会議の座長をなぜ尾身氏がつとめないのか、私なりの推測は前回書いたが、本当のところを知りたい。ご意見をいただければ幸いです。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR