FC2ブログ

中村と西土佐

ふるさと四万十川は私の母であり、父です。

私は二〇〇九年五月から二〇一三年五月まで四年間、四万十市長を務めさせてもらいました。私の大きな公約は次の五つでした。

一 対話を大切に市民の力を引き出す。
二 弱い立場の人を応援する。
三 「地元で出来るものは地元で」、地元を優先する。
四 四万十川を再生する環境・産業を育む。
五 幡多の歴史と文化を育む。

公約の一番目にあげたのは、市民のみなさまとの「対話」です。就任一年目、市内二十四か所で「市政懇談会」を開きました。

併せて、広報四万十に「市長談話室」を設けました。このコラム欄では毎月、私が考えていること、その時々の市政の課題など、届けたいメッセージを書かせてもらいました。それらに対して、市民のみなさまから多くのご意見等をいただきました。

「市長談話室」は、市長と市民の間のキャッチボールの場となり、いただいた貴重な声は極力市政に反映をさせたつもりです。ここには、この間書いた四十二回のメッセージ(二〇〇九年十一月~二〇一三年四月)をそのまま載せています。私は広報のこの欄がずっと継続されることを願っています。

私が長く離れていた地元に帰って来たのは、合併によりふるさと中村市がなくなったことがきっかけです。「中村」の輝きを取り戻したい。

全国とのネットワークを拡げるため「四万十市ふるさと応援団」制度を設け、同時にインターネット交流サイトFB(フェイスブック)にも加入。市の情報発信を始めました。いまでは四万十市議会もFBを開いています。

FBには私も個人として一緒に加入しましたが、市長退任後はさらにブログ「幡多と中村から」も始めました。ブログではまとまった意見、考え等を発することができます。

二〇一五年四月十日、四万十市合併十周年にあたる日、私はブログに「四万十市合併十年を考える」を書きました。これを、この本の後半に載せています。

合併とは何だったのか。四年間のいわば「総括」として書いたのもですから、最初にこの後半ページを読んでくだされば、私の想いをご理解いただきやすいかもしれません。

ふるさとは厳然としてここにあります。いまさら「創生」(つくりだす)の必要はありません。自立、自尊、自愛。現にあるふるさとを守りぬく。そして次世代に誇りをもって伝えていく。

私はそんな取組みの輪に引き続き加わりたいと思っています。

DSC_8615-6.jpg

田中全『中村と西土佐』「はしがき」より
2015年10月出版

遅咲きのヒマワリ(2)

連続テレビドラマ 「遅咲きのヒマワリ 〜ボクの人生、 リニューアル〜」 が 10 月23日 (火)から始まりました。

市内各所で行なわれた第1次ロケ (9月 18日〜 10月2日) では、 急な交通規制等でご迷惑をおかけしましたが、エキストラ出演等を含め、 市民の皆様のご協力により、無事放送がスタートできたことに対しまして、お礼を申し上げます。

市は9月議会でドラマ制作支援の補正予算を計上するなど、 全面協力をしています。 放送は年内10回の予定です。

第1回放送では、 のっけから市内のあちこちが画面に登場し、 驚きました。 中村駅、 市民病院、 市役所、 佐田沈下橋、 勝間沈下橋、 かわらっこ、 安並水車公園、天神橋商店街、一條神社、 など。

主人公の小平丈太郎 (生田斗真) は、 東京で派遣切りにあいます。インターネットで四万十市が「地域おこし協力隊」 を募集していることを知り、 食いぶちにありついたような、 軽い気持ちでやってきたのですが、 親切に世話をしてくれていた近所のおばさん (倍賞美津子)の死にいきなり立ち会うことになります。

丈太郎がおばさんを運びこんだ市民病院で処置をしたのが女性医師の二階堂かほり(真木よう子) 。 東京の大学病院から医師不足の地元に不本意ながら帰されたことからくさっていたが、おばさんの救急処置がうまくできなかったことでプライドをズタズタにされ、自分の未熟さを思い知らされる。

ベテラン看護師のセリフ、 「急に怖く なりましたか?  このまちの人の命を 預かることが」

市役所の課長のセリフ、 「ここは都会よりも人が身近ってことですから。それは人の死も身近ってことですから」

おばさんの葬式で丈太郎がポツリと漏らすセリフ。「自分はこの仕事はただの雑用だと思っていたが、 このまちの人が生きていくためにすごく重要なこと」

これらは今後の展開を予想させるキーワードでしょう。

この作品は若い男女7人の群像劇ということになっていますが、 いまどきのチャラチャラした恋愛ものや、 現実離れをした奇想天外なストーリーのドラマとは違います。

過疎高齢化や人口減少、地域医療など、今の地方がかかえる重い現実に対して、不安や迷いにもがきながらも、 最後はしっかりと向き合っていく若者。 その軸になるのが移住をしてきた青年です。

第1回放送最後の、こいのぼりを見上げてカヌーをこぐシーンは、 制作者が最もこだわったもの。時流に乗り遅れてきた青年が自分の生き方を見つけた、天にも昇る喜びを表現したものでしょう。 撮影場所は、かわらっこです。

このドラマはフジテレビの芸術祭参加作品。 民放の、 しかも連続ドラマとしては、 きわめてめずらしいことです。 四万十市から発信をしたいという、 テレビ局の意気込みの表われです。

市としてもこのドラマを成功させ、 ともに発信をしたい。

11月後半からは、第二次ロケが始まります。交通規制等でご迷惑をかけることもあると思いますが、なにとぞスムーズなロケ進行にご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。


広報四万十「市長談話室」 2012年11月

遅咲きのヒマワリ(1)

本市を舞台に連続テレビドラマがつくられます。タイトルは 「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、 リニューアル〜」 。フジテレビ (共同テレビ) 制作。10月から毎週火曜日夜9時放送。 県内では高知さんさんテレビで放送されます。

映画やテレビドラマを誘致することは、 観光PR等地域活性化のための起爆剤になることから、 本市としても 「龍馬伝」 を誘致した実績のある高知県観光コンベンション協会 (フィルムコミッション) と連携をして、 関係方面にその働きかけをしてきました。そうした中、 このほど制作会社から、本市でロケが可能か打診があり、何度もテレビ局スタッフと協議、打ち合わせをしたうえで、 全面協力を約束しました。

フジテレビでは、かつて北海道富良野を舞台に名作「北の国から」 を制作しました。今度は西日本の大自然を舞台しにて、地方で生活をし、 悩みながらいろんな問題に向き合っていく若者群像を描きたいと、各地を調査した結果、四万十川という自然があり、中山間地対策や地域医療を守る課題に取り組んでいる本市がピッタリということになったのです。

本市では、 8月から 「地域おこし協力隊」3名を都会地から採用しました。また、市民病院では9月から地元出身の泌尿器科医師 (中尾昌宏先生)が帰ってきてくれました。ドラマ脚本はオリジナルであり、このような内容も盛り込まれる見込みです。

主人公 (出演者 ・ 生田斗真) は、四万十市の「地域おこし協力隊」 に応募し東京から移住をしてくる青年です。東京での生活に将来の夢を見つけられず、カヌーに興味をもっていたからでもあります。

相手役 (同 ・ 真木よう子) はこれも東京の大学病院から市民病院に帰ってくる地元出身医師です。この若い二人を軸に、同世代の友人たちを絡めてドラマは展開していきます。

「どこか懐かしく、 だけど、 現代の日本を映し出す、 新しい群像ドラマ」「将来への不安を持ちながら、毎日変わらない生活を送る若者たち。そして彼らを取り巻く人々。その街に、ある男が移住してきたことで何かが変わり始める」という企画です。

過疎、高齢化が進む中山間地域の問題やその中で市民病院が果たすべき役割などもテーマとして扱われますので、市民のみなさんもごらんにあり、一緒に考えていただきたいと思います。

「龍馬伝」 では実際のロケは県内ではほとんど行われませんでしたが、このドラマでは
9月中旬から市内各地でロケが行われます。

テレビドラマでこれだけのロケ隊が入るのは、本市でははじめてのことです。四万十市は実名で登場し、四万十川や中村の町の風景がふんだんに紹介される予定です。

出演者はほかに、 国仲涼子、 木村文乃、 桐谷健太、 香椎由宇、 柄本佑などです。

フジテレビの夜9時台のドラマと言えばゴールデンタイムです。 本市の映像が全国に流れることは、 観光面でも大きな追い風になります。

ドラマの成功に向けて市民のみさんのご協力をよろしくお願いいたします。


広報四万十「市長談話室」 2012年9月

幸徳秋水の非戦論

 1.社会の木鐸

世界報道自由度ランキングというのがある。報道の自由や言論の自由を守るために世界のジャーナリストが設立したNGO「国境なき記者団」が世界一八〇か国と地域のメディア報道の状況について、独立性、多様性、透明性、自主規制、インフラ、法規制などの側面から客観基準で数値化した指標によりつけた順位である。

日本が一番高かったのは民主党鳩山政権時代の二〇一〇年の十一位。しかし、第二次安倍政権になってから大きく低下し二〇一六、二〇一七年が七二位、今年二〇二〇年は六六位である。(韓国四二位、台湾四三位より低い。) 

日本人の多くは、日本は報道の自由が保障されている国と思っているのではないか。この事実はあまり知られていない。当事者である日本の報道機関が情報を流さないからだ。

七年八か月という長期に及んだ第二次安倍政権は、格差拡大、公文書改ざん、解釈改憲(集団的自衛権)などとともに、報道統制という「負の遺産」を残した。

高市早苗総務大臣はテレビ、ラジオ局に対し電波法の許認可権をちらつかせた。古館伊知郎、国谷裕子などの有名ニュースキャスターの交代が続いた。

安倍政権は国政選挙に際しては「公平な報道」を要求。政府を批判するな、というプレッシャーである。選挙報道が少なくなり、国民の選挙への関心、投票率を低下させるという作戦は成功した。政府は特定秘密法も強行した。

顕著なのがNHK。政府の広報機関のごとくなってしまった。政府を批判する報道は抑制し、忖度を繰り返している。 

報道統制を仕切ったのは菅官房長官(当時)である。後継首相になった際、アメリカのメディアからは「マスコミ報道を委縮させた人物」と評された。

ジャーナリズムは「社会の木鐸(ぼくたく)」であり、権力の横暴を監視し、批判することにその最大の使命があるのに、日本のジャーナリズムはいまや瀕死状態にある。


2.萬朝報記者時代

権力に立ち向かった代表的ジャーナリストが幸徳秋水である。

秋水は中江兆民の書生となり、自由・平等・博愛思想を学んだ。国民英学会を卒業し、職を選ぶに際し、「医者は嫌い、役人になって上役に迎合することは到底できない。商人は勿論性に合わぬ。なるものがない、新聞記者ならば自ら言わんと欲することを言い、正しいと思うことをやれ、人に頭を抑えられずに天下を闊歩し得る無冠の帝王である。」(岡崎輝「従兄秋水の思出」)という理由で新聞記者を選んだ。

秋水は自由新聞、広島新聞、中央新聞を経て、一八九八(明治三一)年、黒岩涙香(安芸市出身)がつくった萬朝報に入社。広島新聞を除き兆民の紹介によるものである。

民権少年だった秋水の得意分野は政治社会問題。藩閥政府打倒の立場から野党自由党に期待を寄せていたが、自由党は一九〇〇年八月、政敵伊藤博文がつくった立憲政友会と手を結び吸収された。失望した秋水は「自由党を祭る文」を書き、自由党と決別した。

秋水はこの二年前、片山潜らがつくった社会主義研究会に誘われ入会していた。唯物論、社会主義思想に関心を深めていく。

一九〇一年四月、『廿世紀之怪物帝国主義』を出版し、唯物論の立場から「帝国主義は所謂愛国主義を経(たていと)となし、所謂軍国主義を緯(よこいと)となして、以て織り成せるの政策に非ずや」、経済が発展すれば、市場、領土拡大を求めて各国間の紛争、戦争がおこると説いた。五月、社会民主党結成にも参加(即禁止)。

大陸進出をめざす日本は日清戦争勝利で朝鮮半島の権益を獲得。これの拡大をめぐってロシアとの対立が鮮明になってきていた。愛国心をバックに国民には増税が強いられ、軍事費は膨張した。

世論は開戦論に傾いていたが、萬朝報は非戦の立場を堅持していた。すでに社の看板記者になっていた秋水は「日露の関係(朝鮮問題)」「非戦争主義」「排帝国主義論」「非開戦論」「開戦論の流行」「戦争論者に告ぐ」「好戦心の挑発」などの論説を書いた。しかし、世論はロシア撃つべしと沸騰、ついに社長の涙香は社是を開戦論に切り替えざるをえなくなった。

一九〇三年一〇月、秋水と同僚の堺利彦は退社を決意。涙香は慰留をしたが、応じなかった。萬朝報は二人の「退社の辞」を掲載、「予等二人は不幸にも対露問題に関して朝報紙と意見を異にするに至れり」。内村鑑三も社を去った。

秋水、萬朝報道時代の五年八か月(満二六~三一歳)は自由に筆を振るうことができた期間であった。足尾鉱毒事件被害者救済のため田中正造から頼まれ天皇直訴文を書いたのも、師の中江兆民の死に臨んで伝記『兆民先生』を書いたのも、『社会主義神髄』を書いたのもこの時期である。


 3.平民新聞発刊

秋水と堺は退社した翌月一一月一五日には、平民社を立ち上げ平民新聞(週刊)創刊した。事務所は麹町区有楽町に置いた。

 「平民社宣言」(抜粋)

 一、 自由、平等、博愛は人生世に在る所以の三大要義也。
 一、 吾人は人類の自由を完からしめんが為めに平民主義を奉持す。
 一、 吾人は人類をして平等の福利を享けしめんが為めに社会主義を主張す。
 一、 吾人は人類をして博愛の道を尽さしめんが為めに平和主義を唱道す。

「平民」は秋水の思想、行動を象徴するキーワードである。秋水は中村の平民の家(商家俵屋)に生まれたことで、幼い頃から身分、階級に敏感な子、民権少年として育った。

秋水は英語のDemocracyの訳語に「平民主義」をあてたぐらいだから、「平民」へのこだわりは相当なものがあった。

平民新聞の主筆は秋水であり、堺は経営全般(庶務会計など)を分担した。他に石川三四郎なども協力している。

創刊直後は年末年始だったこともり、「自覚せよ車夫諸君」「奮起せよ巡査諸君」「世田谷の襤褸(ぼろ)市」「東京の木賃宿」などの社会ルポを書いたが、いよいよ日露開戦が迫っていた。

一九〇四年一月一七日、「吾人は飽くまで戦争を非認す」を口火に再び非戦論を展開する。

 吾人は飽まで戦争を非認す
 之を道徳に見て恐る可きの罪悪也 
 之を政治に見て恐る可きの害毒也 
 之を経済に見て恐る可きの損失也 
 社会の正義は之が爲めに破壊され 
 万民の利福は之が爲めに蹂躙せらる 
 吾人は飽まで戦争を非認し 
 之が防止を絶叫せざる可らず

同日付で「予は如何にして社会主義者となりし乎」を載せ、育った境遇と読書(学問)をあげている。秋水の非戦論は社会主義、平和主義、平民主義と一体のものであり、秋水の思想の総体であった。

秋水は続けて一月二四日、「戦争と道徳」「道徳の理想」「真に已む可らざる乎」を、二月七日、「和戦を決する者」を書いた。

二月八日、日本陸軍は仁川への上陸を開始し、二月一〇日、政府はロシアへ宣戦布告した。

秋水は二月一四日、「戦争来」「兵士を送る」「戦争の結果」を書いた。さらに、続けて「兵士の謬想」「戦死者の遺族」「戦争と新聞紙」「列国紛争の真相」「嗚呼増税」「戦時と非戦論」など、燃えるペンは留まることはなかった。

敵国ロシアでもトルストイが戦争反対の平和論をロンドンタイムスに掲載したことを知ると、すぐに堺と翻訳し平民新聞に全文を紹介した。

そのうえで、「トルストイ翁は、戦争の原因を以て個人の堕落に帰す、故に悔改めよと教へて之を救はんと欲す、吾人社会主義者は、戦争の原因を以て経済的競争に帰す」と、自分との違いを解説している。

「行矣(ゆけ)従軍の兵士、吾人は今や諸君の行を止むるの由なし」で始まる論説「兵士を送る」は、作家丸谷才一が「情理兼ね備はるといふ賛辞はこの文のためにあると思はれるほどの傑作」と評した名文として知られている。(丸谷『文章読本』)


 4.日米開戦を予測

財政的基盤のなかった平民新聞は京都丹波の岩崎革也(地主、銀行家)らの経済的支援を得て発行された。(「文芸はた」六号掲載、奥村正男「時代を駆け抜けた先覚者―岩崎革也と幸徳秋水―」参照)

しかし、明治政府による発禁処分、読者への干渉などの相次ぐ弾圧により、一九〇五年一月、わずか一年二か月、六四号をもって終刊を余儀なくされた。

 二月、秋水は禁固五か月の刑(筆禍事件)により入獄。一一月、周囲の勧めもあり療養を兼ね、アメリカの同志を頼ってサンフランシスコへ渡った。亡命同然であった。 

 すでに世界に名の知られていた秋水は西海岸の日系社会の人々と交流、講演や新聞投稿等を行った。

 その中で、太平洋をはさんで接する日米は将来必ず衝突すると予測した。「若し日本にして今後奮躍して、大に威を東洋に振はんとせば、其第一着に争衡すべきは、実に彼れ米国に非ずや」(「日米関係の将来」、日系紙『日米』一九〇六年一月二一日)。

秋水は三五年後の日米開戦を予想していたのである。

秋水の非戦論は戦後、日本国憲法九条として結実した。

来年二〇二一年は秋水生誕一五〇年(一一月五日)、刑死一一〇年(一月二四日)にあたる。

幸徳秋水を顕彰する会ではこれを記念し、秋水の非戦論の代表的論説「吾人は飽くまで戦争を非認す」の先に紹介したフレーズを石に刻み、平和を愛し守る日本国民総意のシンボル「非戦の碑」として建立する計画を立てている。

建立場所は秋水墓がある浄土宗正福寺境内、時期は秋水の誕生日(一一月五日)に合わせて一一月を予定している。建立にかかる費用については協力寄付金を募集している。

秋水の碑はすでに刑死七〇年記念事業として一九八三年、「絶筆碑」を為松公園に建立しているので二つ目の記念碑となる。

 (注、秋水の原文の旧字体は新字体に改めました。)


「文芸はた」第9号所収 
2020年12月20日発行

土佐佐賀駅

正平さん、3年半ぶりの幡多(幡多地方、高知県西南部)へようこそ。

私にとっての思い出の場所、心の風景は黒潮町佐賀にある土佐くろしお鉄道土佐佐賀駅です。

土佐くろしお鉄道の前身は国鉄中村線でした。国鉄の土讃線窪川駅から先が中村線として建設が開始され、1963年、最初に土佐佐賀駅までが開通しました。私が中村市(現四万十市)の小学校5年生の時でした。

私が6年生の時の修学旅行の行先は高知市でした。同級生は56人で、学校から貸し切りバスで2時間かけ土佐佐賀駅まで来て、ここで列車に乗り替えました。

私は窪川駅から一度汽車に乗ったことはあったのですが、土佐佐賀駅からは初めてでした。同級生には汽車に乗るのが始めての子も多く、バスの中はわくわくドキドキ、期待と緊張感が漂っていました。

土佐佐賀駅は始発駅だったので、あちこちからのバスが集中して、大変込み合っていました。改札口からホームで待っている列車が目に入ると、みんな早く乗りたいとあせっていましたが、先生に順番に並んでからと言われ、じっとがまんしていました。修学旅行の楽しみの一番は汽車に乗れることでした。

私はその後高知市内の高校へ進学しましたので、夏休みなどの里帰りは土佐佐賀駅で降りて、いつもバスに乗り換えていました。乗客全員が降りるので、バスの席をとるのが大変でした。

そのことが気になり、わずかな小遣いで家への土産にと高知から買ってきたお菓子を網棚に忘れ、家に帰るまで気づかず、そのままになってしまったこともありました。

土佐佐賀駅は「終着駅は始発駅」であり、いつも大変込み合っていましたが、私が高校3年生の時、1970年10月1日、線路が私の地元の中村まで延びたため、それ以降は私にとっては通過駅になってしまいました。あれだけ込み合っていた駅を過ぎる時、窓からながめても閑散としていました。

中村駅まで延びたことは私にとってはよかったのですが、何か裏切ってしまったような、申し訳ない気持になりました。土佐佐賀駅はすぐに無人駅になりました。賑わいはわずか7年間で終わったのです。

その後、1988年、中村線そのものも国鉄の分割民営化に合わせ18年間で廃止され、第三セクター土佐くろしお鉄道に引き継がれ、いまに至っています。

最近は、人口減少に加え、高速道路の延伸などの影響で、鉄道の利用客は減っています。

私も車を利用することが多くなり、土佐佐賀駅の前の国道を通る時ホームに目をやっても、人影を見ることはほとんどありません。私はますます申し訳ない気持ちになっています。

土佐佐賀駅は、この10月で通過駅となってから50年たちました。しかし、いまでも地元の駅としてふんばっています。

正平さん、どうぞそんな土佐佐賀駅を訪ね、がんばっているねと激励をしてやってください。

佐賀の町は、カツオの一本釣りの基地であり、おいしいカツオが食べられますよ。


高知県四万十市(旧中村市)
田 中 全  67歳

NHK とうちゃこ への手紙
(採用されませんでした。)



映像の幡多

ど ん な 恋 で も な い よ り ま し や ん ・ ・ ・ 最 近 封 切 ら れ た 映 画「 パ ー マ ネ ン ト 野 ば ら 」は 女 の 恋 の 物 語 で す 。

恋 な く し て は 生 き て い け な い 女 の こ わ れ そ う な 心 が ス ク リ ー ン に 揺 れ る 。メ ル ヘ ン の よ う 。

い か に も 少 女 漫 画 風 だ が 、そ の 背 景 に あ る 土 地 に 根 を 張 っ た 女 の た く ま し さ 、生 活 や 風 土 を 支 配 す る 女 性 の し た た か さ を 見 落 と し て は な ら な い 。

南 国 ム ー ド が た だ よ う 舞 台 に 地 名 は 出 て こ な い が 、ロ ケ 地 は 宿 毛 市 小 筑 紫 の 港 町 栄 喜 。監 督 吉 田 大 八 、出 演 菅 野 美 穂 、 江 口 洋 介 。原 作 は 高 知 市 出 身 の 西 原 理 恵 子 の 同 名 の 漫 画 。女 性 だ か ら こ そ 描 け る 世 界 な の で し ょ う 。

淡 々 と し た 映 像 が 受 け て ヒ ッ ト 中 と い う 。 一 方 、男 の 恋 は 欲 望 。衝 動 的 で 即 物 的 。 映 画「 祭 り の 準 備 」( 一 九 七 五 年 、監 督 黒 木 和 雄 、主 演 江 藤 潤 )は 対 極 に あ り ま す 。 オ リ ジ ナ ル 脚 本 は 中 島 丈 博 。赤 裸 々 、む き だ し の 人 間 。

地 元 と し て は そ こ ま で 野 蛮 ・ 野 生 で は な い と 言 い た い が 、昭 和 三 十 年 代 の 下 田 と 中 村 を ニ ガ リ を き か せ て た っ ぷ り と 描 い て く れ ま し た 。河 口 砂 州 が 消 え て い る い ま 貴 重 な 記 録 映 像 で も あ る 。

同 年 の キ ネ マ 旬 報 第 二 位 と な っ た プ ロ 好 み の 作 品 だ が 、竹 下 景 子 の デ ビ ュ ー 作 と し て も 付 加 価 値 が つ い た 。原 田 芳 雄 の 迫 真 の 演 技 が 見 も の 。太 陽 館 も 登 場 し ま す 。

幡 多 を 舞 台 に し た 映 画 は ほ か に も あ る 。主 な 作 品 を 時 代 順 に 。 「 足 摺 岬 」( 一 九 五 四 年 、監 督 吉 村 公 三 郎 、主 演 木 村 功 )。原 作 は 田 宮 虎 彦 、脚 本 新 藤 兼 人 。津 島 恵 子 と の 絶 望 的 な 恋 愛 が テ ー マ 。映 画 人 気 で 足 摺 岬 が 一 躍 世 に 知 ら れ 、幡 多 観 光 の さ き が け と な っ た が 、 自 殺 の 名 所 と し て も 有 名 に な っ た 。男 は 脆 い 存 在 で あ る 。

「 雲 が ち ぎ れ る 時 」( 一 九 六 一 年 、監 督 五 所 平 之 助 、主 演 佐 田 啓 二 )。伊 豆 田 峠 で バ ス が 転 落 し た 実 話 に も と づ く 。実 際 バ ス を 落 し た ロ ケ が 話 題 を よ ん だ 。峠 に は ロ ケ の 二 年 前 に 隧 道 が 掘 ら れ て い た が 、 い ま で は も っ と 下 に 新 ト ン ネ ル が で き 、 幽 霊 が 出 る と こ わ が ら れ た 昔 の 難 所 の 面 影 は な い 。有 馬 稲 子 、仲 代 達 矢 、倍 賞 千 恵 子 も 出 演 。

「 孤 島 の 太 陽 」( 一 九 六 八 年 、監 督 吉 田 憲 二 、主 演 樫 山 文 枝 )。沖 ノ 島 で の 荒 木 初 子 さ ん の 献 身 的 な 保 健 士 活 動 を 描 い た 。 原 作 は 伊 藤 桂 一 の ル ポ 小 説『 沖 ノ 島 よ 、 私 の 愛 と 献 身 を 』。荒 木 さ ん は 風 土 病 フ ィ ラ リ ア を 撲 滅 。漫 才 師 横 山 や す し も 産 婆 と し て と り あ げ た と か 。共 演 勝 呂 誉 、 宇 野 重 吉 。

「 四 万 十 川 」( 一 九 九 一 年 、監 督 恩 地 日 出 夫 、主 演 山 田 鉄 平 )。西 土 佐 出 身 の 郵 便 局 員 作 家 笹 山 久 三 の 小 説『 四 万 十 川 ― あ つ よ し の 夏 』が 原 作 。川 を 生 活 や 教 育 の 場 と し て 成 長 し て い く 少 年 の 心 を 情 感 豊 か に 描 い た 。同 じ 川 で も 河 口 で 育 っ た 中 島 丈 博 と は 描 く 人 間 像 が ま る で 違 う 。 自 然 と 人 間 が 融 合 し て 文 化 が 生 ま れ る 。 原 作 の 舞 台 は 津 野 川 だ が 、ロ ケ は 藤 ノ 川 で 行 わ れ た 。両 親 役 は 小 林 薫 と 樋 口 可 南 子。

私 は い つ も 思 い ま す 。幡 多 は 土 佐 の 中 に あ っ て 土 佐 で は な い 。く ろ し お 鉄 道 で ル ー プ 式 ト ン ネ ル を ぐ る り と 下 れ ば 、ま た 急 カ ー ブ の ハ ン ド ル を 切 っ て 片 坂 を 降 り れ ば 、そ こ に は 違 う 世 界 が あ る 。空 気 が 違 う 。言 葉 や 文 化 も 違 う 。映 像 に も そ れ が 敏 感 に 描 か れ て い る 。

だ か ら 幡 多 に は ま と ま り が あ る 。行 政 の 分 野 で は 六 市 町 村 が 一 緒 に 溶 融 炉 を 運 営 。定 住 自 立 圏 へ の 取 組 み に も 力 を 合 わ せ て い ま す 。

先 月 か ら は 同 じ く 一 緒 に 運 営 し て い る 幡 多 広 域 観 光 協 議 会 が 一 般 社 団 法 人 に 移 行 。県 の 支 援 も 得 て 、体 制 を 強 化 し 、 事 務 所 を 中 村 駅 近 く に 構 え ま し た 。四 万 十 川 、足 摺 岬 、入 野 海 岸 、柏 島 、だ る ま 夕 陽 と 篠 山 、三 原 の ど ぶ ろ く 、等 々 。山 ・ 川 ・ 海 と 食 を セ ッ ト で 売 り 込 む 。幡 多 の 連 携 が 強 み で す 。

協 議 会 で は 、修 学 旅 行 や 体 験 学 習 の 生 徒 た ち を 多 く 受 け 入 れ て き た 実 績 が あ り 、法 人 化 に よ り 旅 行 代 理 店 資 格 を 得 た こ と で 滞 在 型 ・ 体 験 型 観 光 に 一 層 力 を 入 れ る と と も に 、一 般 観 光 客 も 積 極 的 に 呼 び 込 み ま す 。

幡 多 の 豊 富 な 観 光 資 源 を 活 か す も 殺 す も わ れ わ れ 次第 で す。


広報四万十 2010年7月
市長談話室

中村市史断章

新 し い 市 庁 舎 が 落 成 し ま し た の で 、旧 庁 舎 は 間 も な く 取 り 壊 し ま す 。

旧 庁 舎 は 中 村 市 の シ ン ボ ル で し た 。風 雪 に 耐 え て き た そ の 姿 は 、産 卵 を 終 え た 鮭 の 屍( し か ば ね )の よ う に 、壮 絶 か つ 崇 高 な 生 き ざ ま を さ ら し て い ま す 。

中 村 市 が 名 実 と も に 幕 を 引 く に あ た っ て 、旧 庁 舎 建 設 に い た る 経 過 を た ど っ て み ま し た 。

ま ず『 中 村 市 史 』( 昭 和 四 十 四 年 )か ら 。 昭 和 二 十 八 年 六 月 、国 会 で の 町 村 合 併 法 制 定 の 動 き を 受 け 、中 村 町 が 東 山 村 、 下 田 町 に 呼 び か け て 市 制 施 行 準 備 協 議 会 を 開 く 。 翌 七 月 、三 町 村( 世 話 人 )は 、後 川 村 、蕨 岡 村 、具 同 村 、八 束 村 、東 中 筋 村 、大 方 町 に も 参 加 を 呼 び か け る 。 十 二 月 、オ ブ ザ ー バ ー と し て 出 席 し て い た 富 山 村 、大 川 筋 村 か ら 参 加 申 し 出 が あ り 、こ れ を 認 め る 。( 大 方 町 は 離 脱 ) 昭 和 二 十 九 年 一 月 、宿 毛 市 側 と の 間 で 揺 れ て い た 中 筋 村 の 申 し 出 も 受 け 入 れ 、 十 一 町 村 の 枠 組 み が 確 定 。

市 名 に つ い て は 、中 村 町 が 気 兼 ね し て 一 条 市 、南 海 市 な ど を 考 え て い た が 、満 場 一 致 で「 中 村 市 」に 決 ま る 。「 全 く あ っ け な い も の だ っ た 」 。

同 年 三 月 三 十 一 日 、中 村 市 発 足 。 仮 庁 舎 を 旧 中 村 町 役 場 に 置 く 。手 狭 で 全 員 を 収 容 で き な い た め 、公 民 館 や 商 工 会 議 所 裏 の 倉 庫 も 使 用 。

続 く 新 庁 舎 建 設 の 経 過 に つ い て は『 中 村 市 史 』に は 記 述 が な い の で 、ほ か の 記 録 や 当 時 を 知 る 方 々 の 話 か ら 。

新 庁 舎 は 地 盤 が 固 い 天 神 山 を 切 り 崩 し て 建 設 す る こ と に 決 定 。天 神 山 に は 一 條 家 が 京 都 五 条 か ら 勧 請 し た 天 神 社 と そ の 広 い 庭 が あ っ た 。

森 山 正 初 代 市 長 に よ る と 、山 を 天 神 社 の 氏 子 か ら 譲 り 受 け る さ い 、庁 舎 の 敷 地 は 昭 和 十 年 の 出 水 の 水 位 よ り 高 く す る と い う 条 件 が つ い た と い う か ら 、そ の こ ろ 後 川 堤 防 は 完 成 し て い た も の の 、市 民 が 常 に 洪 水 へ の 恐 怖 を 抱 い て い た こ と が う か が え る 。(「 渡 川 今 昔 」、『 渡 川 改 修 四 十 年 史 』所 収 、昭 和 四 十 五 年 )

当 時 、中 村 の 市 街 地 は 南 海 地 震 の 復 興 事 業 と し て 土 地 区 画 整 理 事 業 に 取 り 組 ん で い た 。事 業 の 柱 は 新 し い 幹 線 道 路 と な る 佐 岡 橋 と 赤 鉄 橋 を 東 西 に 結 ぶ「 車 馬 専 用 大 道 路 」( 幅 員 十 二 メ ー ト ル )の 開 設 。

佐 岡 か ら 宮 田 小 路 ま で は 新 設 道 路 で 、さ ら に 土 生 山 切 抜 線 を 経 て 土 生 小 路 、西 下 町 、赤 鉄 橋 に 通 ず る も の で 、完 成 後「 大 橋 通 り 」と な る 。 土 生 山 切 抜 線 は 天 神 山 と の 間 の 狭 隘 な 谷 間 を 通 っ て お り 、こ れ を 拡 張 す る た め 天 神 山 の 開 削 が 失 対 事 業 と し て す で に 行 わ れ て い た の で 、そ の 延 長 事 業 と し て 山 全 体 の 切 り 崩 し が 行 わ れ た こ と に な る 。

ツ ル ハ シ と 鍬 だ け の 人 力 作 業 に は 賃 稼 ぎ の 高 校 生 も 加 わ っ た 。残 土 は 八 反 原 の 埋 め 立 て に 使 わ れ た 。

子 供 た ち が 兵 隊 ご っ こ を し て 遊 ん だ 天 神 社 の 森 。山 の 西 麓 に は 相 撲 場 が あ り 、 い ろ ん な 大 会 で に ぎ わ っ て い た 。大 相 撲 巡 業 で 力 道 山 も 来 た 。

い ま で も「 い ち じ ょ こ さ ん 」に は 、市 役 所 の 庭 で 相 撲 大 会 が 開 か れ る の は 、天 神 社 へ の 奉 納 の 意 味 も あ る の で は な い か 。

昭 和 三 十 一 年 六 月 、議 事 堂 と 庁 舎 一 部 の 起 工 式 。 昭 和 三 十 二 年 二 月 、議 事 堂 新 築 落 成 。 昭 和 三 十 三 年 三 月 、庁 舎 新 築 落 成 。 中 村 市 が 誕 生 し て か ら 四 年 後 、庁 舎 は 落 成 し た が 、そ の 時 点 で も 今 の 図 書 館 付 近 に は 山 の 一 部 が 残 っ て お り 、完 全 に 山 が な く な っ た の は し ば ら く た っ て か ら の こ と 。天 神 社 は 一 條 神 社 に 移 築 さ れ た 。

そ れ か ら 五 十 二 年 。 く ち は て た 姿 に な っ て も ふ ん ば っ て 市 民 を 見 守 り 続 け て き た 庁 舎 。郷 土 の 先 輩 た ち の 労 苦 の し み 込 ん だ 庁 舎 。

い ま 中 村 市 の 歴 史 の 生 き 証 人 と し の 役 割 を 終 え 、世 代 交 代 と な り ま し た 。

私 た ち は 、庁 舎 に 刻 ま れ た さ ま ざ ま な 人 々 の 想 い を し っ か り と 受 け 継 い で い か な け れ ば な り ま せ ん 。 旧 庁 舎 よ 、あ り が と う 。 ご 苦 労 さ ま で し た。


広報四万十 2010年5月
「市長談話室」
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR