ふるさと実崎

 実崎は、もとは「サネサキ」だったのだろうが、いまは「サンザキ」と読む。私が生まれたところであり、先週、46年ぶりに実家に戻ってきた。引っ越しもやっと一段落したところ。

私が昭和28年に生まれたころは、ここは幡多郡八束村であった。その後、中村市 →四万十市に変わった。四万十川の河口から上流4キロ、支流の中筋川と合流する地点にある。

私はここを高校時代に出た。高知市へ。大学は東京へ。
農林中央金庫へ就職後は、大分 →東京 →大阪 →高知 →東京 →岡山 →東京 → 福岡 →札幌 →東京 →大阪、と異動をくりかえした。定年前の55歳で退職し、地元に帰ってきたが、住まいは中村であった。住居の引っ越しの回数でいえば、今回が23度目になる。

これが最後の引っ越しだ。私は実崎を「終の棲家」に決めた。もとの鞘(サヤ)に戻れたことに、私は安堵している。やっと念願がかなったという思いだ。きょうで今年は終わりだが、そんな意味で、2014年は私にとって区切りの年になるだろう。

いま振り返ってみると、私は家を出てからも、常にふるさとというものを意識してきたと思う。いつもふるさとのことが気になった。どんなところにいても、またどんなに仕事が忙しくとも、1年に一度はふるさとに帰って来た。

大学時代の友人や就職後の同僚なども、多くは地方出身者だった。しかし、私ほどふるさとにこだわっている人間はいなかった。私は、ある意味、ふるさとに束縛されていたのに対し、みんなはふるさとから自由であった。

彼らはいま当たり前のように東京周辺に家を建てたり、マンションを買ったりしている。私も若いころ、周りの勢いに押され、東京近郊に土地を買ったことがあるが、結局、そこにマイホームを建てることはなかった。

職場の同期で、いまふるさとに帰っているのは私だけである。
私からみれば、みんな、なぜ、ふるさとに帰りたくないのかと不思議であるが、どうも私のほうが「異端者」のようである。

私は九州から北海道まで、全国を転勤する中で、いろんな土地を見てきた。どこも思い出の地である。しかし、四万十川が流れ、黒潮の海と四国山脈が連なる、わがふるさと幡多地方ほど、素晴らしいところはないと確信をした。自然だけでなく、京都一條家の流れをくむ歴史文化や、自由民権を切り開いた先覚者たちの足跡も残っている。

私は自ら望んでふるさとに帰って来て、いきなり市長をつとめた。行政経験がないまま走り回った。続投できなかったのは自分の不徳のいたすところであるが、やりがいのある、充実した4年間だった。

同時に、いくら自分がふるさとのことを思っているつもりでも、それは自己満足にすぎないという面があり、ふるさとのほうでは必ずしも自分のことを思ってくれているのではない、ということも思い知らされた。

いま61歳。
還暦を過ぎれば、人生の第2ステージ。
あとは付け足しのようなもの。幸い、いま体に不調はないけれども、あと何年生きられるかわからない。

しかし、私はふるさとでノンビリ暮らすために帰ってきたのではない。
私は元の鞘に戻ったが、これからは刀をどう使うか。
残された時間、いつ何があっても後悔は残したくない。

このほど亡くなった笠木透は、「表現」をすることで、自分が解放され、人間らしくなれると言っていた。「表現」とは歌をつくり、うたうことだった。

常に、実崎から「発信」をする。

私は、これを心がけたい。

 DSCN1823.jpg     DSCN1768.jpg     DSCN1773.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR