近況報告

拝啓 いま四万十川河口付近では、寒風の中、青ノリ採りとシラスウナギ漁が行なわれており、この季節の風物詩となっています。
 その後、ご無沙汰しておりますが、ますますご健勝のことと存じます。
 さて、私は四万十市長を退任してから、今年5月で丸2年を迎えます。ちょうど還暦に合わせて、完全フリーになりましたので、生活にリズムを失ってはいけないと思い、以前から少し経験のあるランニングを再開しました。地元の四万十川ウルトラマラソンをはじめ、いくつかの大会に出場しています。
 私は残りの人生はふるさとのために役立ちたいと思い、生まれ故郷に帰ってきました。その気持ちは、いまも微塵も変わってはいません。
 そんな中、最近喧伝されている「地方創生」には、強い違和感と怒りを覚えます。経済原理至上主義のアベノミクスで、地方を切り捨て見殺しにしている張本人が唱えるとは、滑稽この上ありません。自らの経済政策の矛盾の目くらましのために、飴をばらまく。それの露払いをするマスコミ・・・
 「地方創生」は、都市が地方を救ってやるという、都市の傲慢さを表しています。都市が上、地方は下。
 とんでもありません。地方はいまさら創ってもらわなくとも、デンと存在しています。人間が人間らしく生きられる。地方にこそ真の豊かさがあります。
 にもかかわらず、中央集権政治システムの中で、地方自治は息を止められようとしています。本来なら市町村(基礎自治体)の代表であるべき県が国の出先機関となり、市町村に圧力をかけてくる。市町村は、自律性を骨抜きにされ、国・県のコントロール下にすすんで身を沈めて行く。
 そのシンボルが原発であり、「原子力ムラ」のシステムです。
 私はいま「脱原発をめざす首長会議」に入っています。昨年9月には、四万十市と高知市で、講演会と対談を企画しました。その報告書を、このほどブックレット『フクシマそしてクボカワ』として出版をしましたので、お送りいたします。この本は書店のほか、ネット販売もしています。
 原発再稼働に向けた動きが本格化していますが、私はこの問題は、地方が都市への隷属から脱却できるかどうかの問題だと位置付けていますので、今後も重点的に取り組んでいきたいと思っています。
 もう一つ重点的に取り組んでいるのが大逆事件犠牲者の顕彰活動を通した人権問題の提起です。事件の中心人物とされた幸徳秋水はわが中村生まれです。私が市長在職中の2011年は、秋水らが処刑されてから100年目にあたったことから、市ではこれの記念事業を大々的に行ないました。事件犠牲者は全国にいます。そのネットワークをつなぎ、事件を風化させないことは、秋水の地元市長の使命だと思っています。
 安倍政権のもとで、特定秘密保護法、集団的自衛権が強行され、憲法9条改正が脅かされている現状では、この取組みは特に重要だと思っています。
 かつて、日露戦争前夜、幸徳秋水は「愛国心」を論じています。「自家愛すべし、他家憎むべし・・・この主義や常に専制政治家が自家の名誉と野心を達するの利器と手段に供せらる」(『二十世紀の怪物帝国主義』)。いま、政府があおっている排外主義は、100年前と同じです。
 先の総選挙では安倍政権が勝利したようにみえますが、本当の勝利者は沖縄です。昨年11月、沖縄県知事選挙直後、四万十市に稲嶺進名護市長を迎え連帯集会を開いたさい、稲嶺さんは自信満々に「沖縄総選挙では自民党は誰も当選しないでしょう」と言っていましたが、本当にその通りになりました。驚きです。辺野古で追い込まれているのは安倍政権です。
 自公政権は盤石のようにみえても、決して安定はしていません。砂上の楼閣のような危うさをもっています。「オール沖縄」が「オール日本」になれば、簡単に崩れます。しかし、決して甘くみてはいけない。ワイマール体制がいつのまにかヒットラー政権になったドイツの二の舞になってはいけません。
 私は昨年暮れ、こちらに帰ってから住んでいた中村の街なかから、四万十川河口近くの実家に戻りました。高校時代に出てから、46年ぶりです。「終の棲家」として、ここに根を下ろしました。
 私は2年前から、FB(フェイスブック)とブログ「幡多と中村から」を始めています。いまはこれを書くのが日課になっています。ネットをされている方は、ご覧いただければ幸いです。
 これからも、どういう形であれ、ふるさとのためにを軸として、いろんな地域課題に取り組み、発信していきたいと思っています。
 以上、近況ご報告に替え、日頃からのご無沙汰のお詫びを申し上げます。
 今後とも、ご交誼と、情報交換をよろしくお願い申し上げます。
 寒い時節柄、どうぞご自愛ください。              
                                        敬具
 
  各位
                                 2015年1月

                                 田 中 全

                

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR