四万十市合併10年を考える(7-終)

 中村と西土佐・・・市政運営において、私が最も苦労したのは二つの融合である。婚姻は書類だけ出せばいいが、一緒に生活を始めるといろんな齟齬や不一致がでてくる。合併とはそんなものなのだが、両者の場合、それだけではすまされない、根深い違いがあった。

地勢的にいえば、両者は四万十川の下流と上流でつながっている。海があるかないかぐらいで、自然条件も大きな違いはない。しかし、経済、文化、歴史など、つまり「人の暮らし振り」でいえば、大きな違いがあった。西土佐の大部分(中村に隣接する一部地域を除く)の実態は、愛媛県なのだ。

西土佐で「おまち」と言えば宇和島。買い物、病院、高校(一部)も愛媛県へ。市民病院といえば、宇和島市立病院のこと。葬儀場も、だ。伝統芸能の牛鬼も伊予文化。言葉のアクセントも幡多弁とは違う。西土佐は、愛媛県の経済文化圏や医療圏に属するのだ。

それも当然。中村に鉄道が着く前から、江川崎(西土佐中心部)は宇和島とレールがつながっていた。道路にしても、いまでも車で、江川崎―中村は約1時間かかるのに、宇和島は40分で行ける。普通の西土佐の人が中村に出かけるのは、車の免許証の書き換え手続きくらいである。

道路については、「合併支援道路」として、中村―江川崎間の国道441号の整備を急ピッチで進めているが(県事業)、これの完了には、まだ20年はかかる。完了したとしても、一部通勤者や観光には歓迎されるかもしれないが、西土佐の人の生活の流れが変わるとは思えない。それが歴史の重みというものである。

西土佐では、行政の進め方(村づくり)においても、独自のものがあり、先にも書いた通り、区長会(自治会)や農業制度(園芸作物価格安定基金)などでは、中村側との統合に強い抵抗と不満があり、協議には多大な時間と労力を要した。

成人式については、私が在任中、合併10年をメドに統一する方向で同意をもらっていたが、その後、これがくつがえっている。いま成人式を2会場でおこなっているのは県下でここだけ。四万十市の未来をになう青年が、一つになれないことは、憂うべきことである。

そんな西土佐であるから、合併においても、村を二分する論議が行なわれた。北幡3町村(ほかに、大正町、十和村)や、さらには愛媛県松野町も合併候補としてあがったこともあったが、中村側からの強いラブコールで、いまの形になった経緯がある。

・・・あれから10年。合併から10年。

いま、四万十市の人口は38116人→35305人へ、7.4%減少。
内訳は、中村エリア6.2%減に対して、西土佐エリア18.2%減である。

もし、合併せず、自力の途を選んでいたとすれば、両者それぞれ、どうなっていただろうか。人口は一つの指標だが・・・

私は思う。
合併とは2人で一つの家庭をつくること。新しい四万十市としての「家風」をつくること。それらに対して家族みんなが、誇りや親しみ、一体感をもつこと。

しかし、2人が育った環境が違えば違うほど、そのハードルは高い。書類だけの仮面夫婦や、別居結婚ならいいかもしれないが、本当に合体した夫婦になるのはやさしいことではない。

私は最も大事なものは文化だと思う。道路や建物のような目に見えるものではない。文化とは心であり、四万十市民共通に胸にいだくものである。

中村市は、小京都の歴史から、その文化を「一条文化」と呼んできた。昭和59年制定し、市民の心の拠りどころとなってきた「中村市民憲章」は、「日本一の清流四万十川の美しい自然と、一条文化に育まれてきた中村市は」の書き出しで始まっていたが、これを引き継いだ「四万十市民憲章」では、「・・・美しい自然と、先人の残した誇り高き文化を継承する四万十市は」に変えられた。

独自の文化の表現が消えたのだ。仮に、この合併が旧大方町とだったならば、「一条文化」はそのままだったであろう。中村と大方は、いまでも実質同じようなものだから。

いまの時代、人ならば相性が悪ければ離婚し、人生をやり直すことは簡単だが、地方自治というものは、そんなものでなない。もう後戻りはできない。ならば、これから「一条文化」と「伊予文化」を融合した、四万十市の新しい文化をつくることができるか。

合併時に作成した「新市建設計画」(10年)に続く、「四万十市総合計画」(10年)がこのほどできた。このキャッチフレーズは、「人が輝き 夢が生まれる 悠久と躍動のまち 四万十市」となっているが、これでは文化の「におい」がしない。また、合併11年目にあたる、平成27年度予算の市議会への説明のための「市長説明要旨」にも、文化にかかる政策やフレーズはなかった。文化はどこへいってしまったのだろうか。

私は四万十市の「文化の入れもの」である市立文化センターの建て替え事業に着手していた(平成25年度、建設基金積立開始)。また、「おまち中村」の復活につながる、土豫銀行跡地周辺の市街地再開発計画も提唱していたが、残念ながら、その後、立ち消えになったままであり、今後の展望すら示されていない。

四万十市が今後発展できるかどうかは、市民が四万十市に誇りをもてるかどうか次第である。市民の心が一つになれる新しい文化をつくれるかどうか。
それにかかっていると思う。

 (終)

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

“雲がちぎれる時”という映画を観て、土佐清水に関して調べているうちに、こちらのブログに辿り着きました。
四国へはまだお邪魔させていただいた事が無く、いつか訪問出来たら、と憧れており、わくわくしながらブログを拝見しました。

既にご存知かもしれませんが、今年は航空自衛隊のブルーインパルスがそちらに飛来、演技する予定だそうです。
沢山の人々が訪れるかもしれませんね。

*詳細はこちらです(航空自衛隊HP)。
http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/schedule/

No title

映画「雲がちぎれる時」については、このブログ2013.9.14「伊豆田峠」でもふれています。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR