国会中継とNHKニュース

 「戦争法案」の国会審議が始まった。日本という国のありかたを変える、きわめて重要な法案であるので、今回ばかりは、NHK国会中継を真剣に見ている。

野党側からの質問に対し、政府側(安倍首相、中谷防衛大臣、岸田外務大臣)は、着物の下の鎧(よろい)を隠す、つまり、「建て前」ばかり繰り返して、「本音」を語らないよう、逃げるのに必死である。答弁の矛盾を突かれると、まともな回答ができないから、オウム返しに、「建て前」ばかり、繰り返し、時間稼ぎをする。安倍首相にいたっては、質問をされていないことまで、長々と自説を述べる。

(例1)政府見解・・・自衛隊は後方支援に限定する。しかも、万一攻撃された場合は、隊長の判断で撤収等するので、自衛隊員が戦闘に巻き込まれることはない。

→「後方支援」の世界共通概念は「兵站」(Logistics)。兵站は武器弾薬、食糧等を供給・補充する基地であり、戦争における重要拠点。兵站の一部を担うということは、同一指揮下で動くことであり、日本だけが勝手に撤収することは許されない。

(例2)相手から攻撃を受け、「自己保存型」(自己防衛)で武器を使用することは、「武力行使」や、「戦闘」にあたらない。

→言葉の遊びであり、こんな解釈は国際的に通用しない。武器を使うことと、武力行使は同じである。戦闘は防衛と攻撃が混然一体である。

(例3)国際法で禁止されている先制攻撃をした国を支援することはしない。

→アメリカは、これまで、イラクなどで何度も違法な先制攻撃をしている。しかし、日本政府は、これを違法とは認めない。

・・・・・・

今回の「戦争法案」は、アメリカがおこす戦争の一部を肩代わりしてほしいという要求を受け容れるものである。だから、日本の安全とは全く関係のない地球の裏側でアメリカが起こした戦争に対してでも、「新3要件」(「日本の存立が脅かされる事態・・・等」)に当てはまれば、自衛隊を派遣するという。集団的自衛権の従来解釈を変更し、また、言葉遊びによって、その無理な「こじつけ」を正当化する。その矛盾が国家中継により明白になっている。

この国会中継を行なっているのはNHK。これぞ公共放送としての役割、さすがNHKである。しかし、NHKニュースはいただけない。公共放送とはかけ離れた、政府だけの広報になっているのが露骨である。

NHKニュースは討論のうち、政府の「建て前」答弁にかかわる部分しか流さない。一番重要な、法案の矛盾が指摘された部分は、カットされる。

だから、ニュースだけを見る人には、安倍首相が自論を述べている姿が目に入り、その抽象的な言葉に、納得させられてしまう。中継全体を見れば、法案の問題点や矛盾が明白であるにもかかわらず、政府見解が正しいように映る。

ニュースはおそろしい。
平日の昼間だから国会中継を見る人は多くはない。しかし、夜や朝のニュースが多くの人が茶の間で見る。

情報操作をNHKが意図的にやっている。ニュースは「事実」は流しても、「真実」を報道するものではないことを、肝に銘じなければならない。

国会中継を通して初めて知った「真実」がある。
イラク戦争において、日本は自衛隊をバクダット近郊の「非戦闘地域」サマーワに派遣した。幸運にも、現地では自衛隊員の中に死者を出さずにすんだ。しかし、帰国後、現在に至るまでに、派遣された隊員のうち54人が自殺をしているということ。死への恐怖にさらされた、心的外傷、ストレスによるものであろう。イラク戦争で自衛隊は大きな犠牲者を出しているのである。

この指摘に対し、中谷防衛大臣は、クールダウン等の必要な措置を講じているとサラリと答えた。戦争だから犠牲者がでるのは当たり前と言いたげであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR