高知憲法アクション あいさつ

 6月28日、高知市中央公園で行われた 「戦争をさせない 戦争に行かない 憲法アクション in こうち」 において、呼びかけ人の1人として、私がおこなった開会あいさつです。約1500人が集まりました。

  開会あいさつ

 みなさん、おはようございます。四万十市の田中全です。きょうの憲法アクションの呼びかけ人の1人としてご挨拶をさせていただきます。

まず、きょうは梅雨時期としては大変いい天気になりました。天もわれわれに味方をしてくれています。

安倍政権は、国会の会期を9月27日まで、延長しました。戦後最長の延長期間です。なんとしても安保法案、戦争法案を通したいという考えのようです。しかし、みなさん、これは安倍政権が追い込まれている証拠でもありまます。議論をすればするほど、問題点や矛盾がでてくる。どう考えても立憲主義を逸脱した憲法違反の法案であることは明らかであります。

国家では政府与党が多数を占めています。この数に任せて、強引に押し切ろうとしています。反対するマスコミはつぶせとまで言っています。

しかし、各種世論調査でも圧倒的に法案への反対が多い。いま政府が最も恐れているのは国民世論であります。国会では野党にはがんばってもらわなければなりませんが、それだけでは足りません。われわれ一般市民が声をあげ、行動することが最も重要であります。

わが高知県は自由民権運動の発祥の地です。「自由は土佐の山間より」。立志社の記念碑が、この公園の大丸側のすぐそこに建っています。板垣退助、植木枝盛、中江兆民、幸徳秋水・・・自由と民権を守り、立憲主義を打ち立てるためにたたかった先人が多くいます。

しかし、いま高知出身の防衛大臣がその立憲主義をないがしろにする先頭に立っています。

だからこそ、高知県民は声を上げなければなりません。高知県民の圧倒的多数は戦争法案絶対です。その声を国会に届けようではありませんか。これからが正念場です。

きょうのこの集会とデモを成功させ、戦争法案の廃案に向けて、政府を追いこんでいこうではありませんか。

みなさん、最後までの闘い、いっしょにがんばっていきましょう。

 DSC_6864-1.jpg     DSC_6895.jpg     DSC_6912.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR