倍賞千恵子 講演

7月27日夜、隣の土佐清水市夏季大学講師に倍賞千恵子が来るというので、聞きにでかけた。

倍賞と土佐清水は古い縁がある。だからであろう。会場の黒潮ホールはほぼ満員。1千人ぐらいか。人口1万5千人弱の同市としては、ものすごい。

その縁というのは、映画の縁。
倍賞は20歳で女優デビュー。これまで170本の映画に出ているが、21歳の時(1966年)の第2作目「雲がちぎれる時」(五所平之助監督)はここ清水が舞台だった。難所の伊豆田峠を通るバスの車掌役であった。相手役はバス運転手の佐田啓二。結婚を約束した直後に、峠からバスが転落し佐田は死ぬという(倍賞は助かる)、悲劇の物語であった。有馬稲子も出演。

ロケでは、本物のバスを谷へ落としたことで話題になったことを、私は覚えている。ロケは、一部中村でも行われた。この映画のことは、以前、このブログにも書いている。

http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

講演の冒頭は、その思い出話だった。多忙なスケジュールではあるが、清水にはぜひ来たかったと。54年ぶりだが、やはり東京からは「遠いですね」。

長いロケであったが、楽しい毎日であった。港は砂利で、サバ釣りをした。食べ物がおいしかったので、すぐに太り、映画では、目がほっぺで隠れていた。その目に、「もらいもの」ができた。地元の人がツゲのくしを畳でこすって目に当てるといいと言われたので、やったら、かえって悪くなったので、急遽眼科に行き、なおしてもらった。

ロケバスの帰りに地元エキストラを乗せて佐田啓二が運転をしたが、バスが傾き、危ない場面もあった。NGを連発させて、ここに長くいたかった。

講演会場には、当時、エキストラに協力した「おばちゃん」たちも来ており、倍賞とのやりとりがあり、友好的な雰囲気の講演となった。

講演の本題は「歌うこと、演じること、そして生きること」。
東京生まれで、子供のころから歌が好きで、松竹歌劇団に入り、歌手としてデビュー。女優としてのほうが知られているかも知れないが、ずっと歌手もやっている。いまは、コンサートも多い。会場でも歌を交えての話で、半分コンサート気分だった。

映画170本のうち、48本は「男はつらいよ」。渥美清さんは、実の兄のようで、いろんなこと教えてもらった。決して、えらそうなふりをせず、人の立場にたって考えてくれる、やさしい人だった。相手役の若い女優が緊張していると、楽屋まで迎えにいってやり、なごやかな雰囲気をつくったりしてくれた。

しかし、ある日突然、分厚い鉄のカーテンを降ろしていなくなってしまった。
以来、私は心に穴が空いあいたままだが、少しずつ埋めている。

明日は、東京にトンボ帰りせねばならず、足摺岬には行けない、とボヤキなが
ら、講演を終えた。

201507300800323d6.jpg     201507300800336c3.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR