樋口真吉の実像

 8月28日、四万十市民大学「樋口真吉の明治維新」(講師、渋谷雅之徳島大学名誉教授)を受講した。

樋口真吉(1815~1870)は江戸幕末・維新期を生きた土佐藩の下級武士。土佐勤王党の一員。中村でまれ育ったことから、地元の「歴史的人物」の一人に数えられている。今年が生誕200年。以下、「中村市史」による。

幼時より父から剣道を学び、砲術、槍法も修得。剣術では、九州筑後の大石神影流を修め、江戸の千葉周作道場にも通う。学問では佐久間象山門下にも。地元に帰ってからは、四万十川河口の下田に砲台を築くなど、幡多郡沿岸部防備の責任者に。武市半平太が旗揚げした土佐勤王党に入り、西部幡多の首領と位置付けられたが、脱藩等の過激な行動はとらなかった。京都土佐藩邸においては、薩摩との連絡調整に加わり、西郷吉之助、坂本龍馬、中岡慎太郎らとも接触。明治元年、高松藩、松山藩の接取(占領)に派遣されたあと、新政府軍の東征に参加。関東、東北での戦いの後方で武器弾薬の調達に奔走。明治3年、東京で病没。54歳。

真吉の資料はたくさん残されている。市民大学では、日記を中心に、明治維新のクライマックス(政権交代前後)における真吉の行動について解説があった。

 樋口真吉とはどういう人物だったのか。結論は、

1.文武両道に秀でており、人々をリードした。特に剣術では、多くの門下生がいた。
2.砲術、鉄砲の普及、進歩に尽くした。新政府軍の東北での戦いに貢献。真吉がいなかったならば会津戦争は違った形になっただろう。

こうした説明に対して、会場から質問が出た。最近になって、真吉と坂本龍馬が深い関係にあったという説が普及している。即ち、龍馬は真吉を心の師として仰ぎ、龍馬に大きな影響を与えた。真吉も龍馬の能力を見抜いていた・・・この説をどう思うか?

講師は、この説に否定的であった。
理由は、真吉と龍馬は生き方が違っていた。真吉は最後まで土佐藩にとどまり、藩命に忠実に従って動いたのに対し、龍馬は脱藩した。お互いの活動の中で、お互いの名前を知り、何度か接点があったのは事実であり、その記録も多くはないが残されている。しかし、二人には20歳の年齢差(真吉が上)があり、共感し合うには無理がある。互いに対立したとか、憎しみ合っていたということはないであろうが、真吉は龍馬のことを「最近の若いものはハネ返り行動をするな」ぐらいにしか思っていなかったのではないか。私は歴史家であるから、それ以上のことを書くのは小説家に任せたい。

最近の説の根拠の一つとして、坂本龍馬が脱藩したさい、真吉の日記に「坂竜飛騰」という言葉があることがあげられている。「いよいよ龍馬が飛び立った」という意味。しかし、講師は、この日記は明治になって真吉が編集(書き直し)したものであり、また「飛騰」という文字は原文に上書きされているので、他人があとで書き加えた(改ざん)可能性があると、別の研究書で指摘している。

 樋口真吉の実像は?

以上の話を聞いて、私は、真吉は江戸時代の身分制度の中で、能力の高い、土佐藩の忠実な家臣であったのだと思う。幕末維新の激動の中で、土佐藩が歴史を動かした場面の裏で、それをしっかりと支えた一人である。その意味で時代を変えた一人である。しかし、何か独創的な思想をもっていたとか、行動をしたとかということはない。

それなのに、いたずらに坂本龍馬との関係のみ(しかも根拠も希薄)をクローズアップさせるのは、龍馬の威を借りて・・・というように思え、郷土の「歴史的人物」を正当に評価することにはならないと思う。

 DSC_8222.jpg     20150831103708f63.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR