中村と西土佐

 私はこのほど『中村と西土佐』を出版しました。この本には、私が四万十市長在職中、毎月、広報四万十に書いたコラムと、本ブログ2015.4.10~4.23に書いた「四万十市合併10年を考える」を収録しています。135ページ。以下は、その「はしがき」です。

 『中村と西土佐』 はしがき

 ふるさと四万十川は私の母であり、父です。

 私は二〇〇九年五月から二〇一三年五月まで四年間、四万十市長を務めさせてもらいました。私の大きな公約は次の五つでした。

一 対話を大切に市民の力を引き出す。
二 弱い立場の人を応援する。
三 「地元で出来るものは地元で」、地元を優先する。
四 四万十川を再生する環境・産業を育む。
五 幡多の歴史と文化を育む。

 公約の一番目にあげたのは、市民のみなさまとの「対話」です。就任一年目、市内二十四か所で「市政懇談会」を開きました。

 併せて、広報四万十に「市長談話室」を設けました。このコラム欄では毎月、私が考えていること、その時々の市政の課題など、届けたいメッセージを書かせてもらいました。それらに対して、市民のみなさまから多くのご意見等をいただきました。

 「市長談話室」は、市長と市民の間のキャッチボールの場となり、いただいた貴重な声は極力市政に反映をさせたつもりです。ここには、この間書いた四十二回のメッセージ(二〇〇九年十一月~二〇一三年四月)をそのまま載せています。私は広報のこの欄がずっと継続されることを願っています。

 私が長く離れていた地元に帰って来たのは、合併によりふるさと中村市がなくなったことがきっかけです。「中村」の輝きを取り戻したい。

 全国とのネットワークを拡げるため「四万十市ふるさと応援団」制度を設け、同時にインターネット交流サイトFB(フェイスブック)にも加入。市の情報発信を始めました。いまでは四万十市議会もFBを開いています。

 FBには私も個人として一緒に加入しましたが、市長退任後はさらにブログ「幡多と中村から」も始めました。ブログではまとまった意見、考え等を発することができます。

 二〇一五年四月十日、四万十市合併十周年にあたる日、私はブログに「四万十市合併十年を考える」を書きました。これを、この本の後半に載せています。

合併とは何だったのか。四年間のいわば「総括」として書いたのもですから、最初にこの後半ページを読んでくだされば、私の想いをご理解いただきやすいかもしれません。

 ふるさとは厳然としてここにあります。いまさら「創生」(つくりだす)の必要はありません。自立、自尊、自愛。現にあるふるさとを守りぬく。そして次世代に誇りをもって伝えていく。

 私はそんな取組みの輪に引き続き加わりたいと思っています。
 
   DSC_8615-6.jpg

  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR