逢坂トンネル

 上林暁の小説に「トンネルの娘」というのがある。最晩年、死ぬ1年前の1979年に書いたものだ。最後の創作集(第29集)「半ドンの記憶」に収録されている。

いまの四万十市と黒潮町(上林の時代は、中村町と田ノ口村)の境に逢坂峠がある。そこにトンネルが通っている。逢坂トンネルと言う。最初に掘られたのが明治29年で、いまは3代目になる。中村は小京都であるから、もちろん「逢坂」の名は山城の国(京都)と近江の国(滋賀)の境にある逢坂峠に由来する。都から北東に位置するのも同じである。

上林の小説に、このトンネルがたびたび登場する。大正時代、上林は家から8キロ離れた旧制中村中学に、このトンネルを通り、歩いて通った。

トンネルの西側口(中村側)には、茶店を兼ねた自転車屋があった。そこに娘がおり、その娘のことを書いたのが「トンネルの娘」である。娘は上林の家の近くに嫁に来たことなど、郷愁深く書いている。大正時代の風景がよみがえる。

私は、3代前のこのトンネルが今のトンネルの上に残っていることは聞いていたので、いつか訪ねてみたいと思っていたところ、黒潮町の上林暁顕彰会と「あかつき館」がここを歩く企画をたててくれた。11月19日、これはチャンスとばかり参加した。

東口(黒潮町側)の集合場所に行ってみると、上林の母校田ノ口小学校5,6年生たちも来ていた。子供たちと一緒にわいわい言って、山道を登り、初代トンネルに向かった。道は結構きれいに刈り払われていた。子供たちのためだろうか。

初代トンネル入り口は、現トンネル入り口のほぼ真上にあった。頭上に「開明之利澤」と書かれた名盤が残っていた。(小説では「文明之利器」となっている)

 20151130181013392.jpg     201511301810167c8.jpg     201511301808434f1.jpg
    

初代トンネルの長さは50メートルくらいだろうか。(現トンネルは212メートル)行政としては特に整備はしてないときく割には、きれいに維持されていた。スムーズに通れた。

西口に出たところで、往時を知る田ノ口の野並さん(上林の甥)から説明を受けた。茶店の記憶を絵に書いてくれていた。このあたりだったとか。きれいな沢の水はそのままに流れていたが、まわりは林に囲まれ、店の跡形はない。西口の旧道は荒れていたが、時々人の手が加わっているようで、なんとか通れた。そのまま国道に降りた。

 20151130181016b39.jpg     201511301812094aa.jpg     2015113018101994b.jpg         

私も知っている2代目トンネルは現トンネルの側道のような形で北面にあったが、手前の分岐点に侵入禁止の柵がつくられていた。2代目が通れないのに、初代のほうが通れるなんて、めずらしいことだ。

高速道路の延伸に力を注ぐのもいいが、この旧道を整備し、小京都のシンボル、歴史ある逢坂峠に残る近代化遺産として、さらに「文学の道」のハイキングコースとして活用をすればいいのではないか、と思った。

 2015113018121155b.jpg     201511301812111dd.jpg     20151130181214c42.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中全(ぜん)

Author:田中全(ぜん)
四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR