続 西村ルイのこと 秋水最初の妻 (3-終)

秋水から離縁されたルイは東京の伊藤家に嫁いでいた妹センを頼って再び上京。そこで大工の与八と出会う。

伊藤は青山御所専属の大工で舅はその棟梁だった。義侠心に富んだ人物で、親のない子を引き取って育てていた。その育てた子の一人に中島という大工がおり、中島の同僚に横田与八がいた。舅は横田にルイを引きあわせ、お腹が大きくなって困っているから世話をしてくれと頼んだ。

横田も義侠心に溢れた人物であり、かつ親方の頼みでもあったので、埼玉県北葛飾郡静村(現栗橋町)の農家の実家にルイを連れて帰り、東京で好きになって、すでにお腹に自分の子どもをみごもっている娘だと紹介した。両親は驚いたが、息子の言葉を信用し、空いている蔵を与えてルイを住まわせた。

そしてルイは秋祭りでにぎわう日にハヤ子を生んだ。与八は東京での仕事があるので、たまにしか帰ってこなかったが、与八の両親はルイをかわいがった。「お前は本当に利口な子だね」。ルイは達筆であったことから村人から代書を頼まれることも多かった。

与八はその後、明治35年5月、ルイと正式に結婚。ルイ20歳(与八24歳)であり、この時、ハヤ子を自分たちの子として籍に入れた。

ハヤ子が小学校に入学した時は、ほかの子どもよりも体が大きく、女の先生と同じくらいであった。ルイが秋水と暮らした年などから推測すれば、ハヤ子の実際の年齢は3、4 歳上だったからである。

ルイは大工の妻として東京に住むようになる。最初浅草、次いで千束、深川にも。与八との間に3人(男1、女2)の子も生まれた。生活も安定し、ハヤ子には三味線を習わせ、女学校にも行かせた。

ハヤ子は上野の観光協会で事務員をしていた時、上司の小谷清七に見初められ、大正12年2月結婚したが、同3月、与八が死亡。同9月、関東大震災。

与八亡きあとルイは裁縫の内職などで一家の生計を支えた。

明治44年1月、秋水が処刑された日、ルイは新聞を握りしめ肩を震わせながら泣き崩れた。

「悪いことをしたわけでもなく、自分の主張を世間に発表しただけ」「決して悪い人じゃない。他の人の罪をかぶった」と評していた。

また、晩年、ハヤ子の子ども2人を枕元に呼び寄せ、「あなた方は横田家の孫ではないのだよ。幸徳家の孫です」と言い切った。離縁状を送りつけられ、ひどい仕打ちを受けた元夫への恩讐を超えていたのだろうか。

横田みつゑさんは新婚当時、同居のルイから突然「あなたは天皇陛下をどう思いますか」と聞かれた。「税金で食べさせてもらっている人です」と答えたら、ルイは「そう」と言い、いっそうかわいがってくれた。

しかし、一方で、ルイはハヤ子に対して「横田の家で生まれ横田の家で育ったのだから、あっち(幸徳家)の話をする必要はない」とも話していたという。

ルイは昭和48年、92歳で大往生をとげた。福岡県黒木町の「豪家」に生まれた「おひいさま」が、東北の福島県郡山に連れて行かれ、その後東京で2人の男(秋水、与八)にめぐり会う。歴史に翻弄されながらも凛として辛抱強く生きぬいた女の強さを感じる。

ハヤ子も朝日新聞報道の翌昭和58年、81歳(実年齢は3、4歳上)で没。ハヤ子は6人(男4、女2)の子を残した。女2人はいまも健在。

6人の子や孫たちはたくさんおり、誰ひとり幸徳姓を名乗る者はないが、秋水の血は広く伝搬している。(終)

「文芸なかむら」31号
2015年12月刊

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR