続 獅子の時代

昨年11月4日のブログの続き。

ビデオで「獅子の時代」(1980年、NHK大河ドラマ、全51編)を見終えた。感想は・・・

(1) よくもNHKがこんなすばらしい歴史ドラマをつくったものだ。いまのHNKでは考えられない。

(2) さすが山田太一のオリジナル脚本。歴史を描く視点が違う。幕末から明治維新~帝国憲法発布(明治22年)まで。英雄や権力者の視点でなく、名もなき民衆の目線等、多角的視角からダイナミックに歴史を描いている。

(3) 結末がいまの日本の憲法状況に酷似している。憲法があぶない。

 ドラマは男2人を軸に展開する。旧会津藩士平沼銑次(菅原文太)と旧薩摩藩士苅谷嘉顕(加藤剛)。2人は実在しなかった人物だが、歴史の象徴として描かれ、実際にあった歴史的諸事件の中に登場する。パリ万国博、会津戦争、函館五稜郭、明治6年政変、西南戦争、大久保暗殺、北海道樺戸監獄~そして、大日本帝国憲法発布、秩父事件で終わる。

苅谷嘉顕は明治政府の中枢にいて、民衆が主人公の新しい日本をつくろうと理想に燃える。しかし、それゆえに西南戦争では父と刀を交えることになる。民衆主権の憲法制定をめざし、憲法草案をつくる。しかし、伊藤博文主導で実際につくれられた憲法はドイツ王朝を模したもので、天皇主権により、国家が民衆を統治する仕組みになっていた。国家が憲法を国民に授ける。絶望の中で、苅谷は死ぬ。

平沼銑次は、常に民衆の中にいた。新しく生まれた国が民衆を苦しめるようでは、徳川様の時代と変わらないと叫ぶ。監獄に何度もぶち込まれる。最後は、秩父困民党による蜂起に参加し、「自由自治元年」の旗をかかげて山の中に消える。

いままた、国家の強圧で憲法解釈が変えられ、沖縄では「自由自治」が踏みにじられている。

国民は従順なウサギであってはならない。勇猛果敢に牙をむく獅子でありたい。

20160128211345499.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

映画のワンシ-ンに協力して

私が対岸のノトルダムをキャンバスに描いていた時、NHKがカメラ録りで退いて欲しいと、聞けば畏友山田君の、作品と、やむなく、イイゼルを畳んだ次第。菅原文太がマンホールから出たシ-ンと思い出しました。のち山田君に会った時聞けば彼はパリ-には当事は行ってないと。絵かきは絵空事は許されるが、小説家は時代考証は資料集めが大変だと感嘆。菅原文太の役は刈谷で中村市長のご尊名と同じだつたかな、関係ないイタズラ書きとお笑いください

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR