平野貞夫 講演会

 2月27日、平野貞夫講演会「今、この時代をどう考えるか-そして選挙のこと」が四万十市立中央公民館ホールで開かれた。主催は、選挙を自分たちの手に取り戻そうと立ち上がった市民グループ「高知勝手連」(私は顧問の1人)。次の参議院選挙で野党共闘を求めており、いま立候補表明している野党候補2人(大西聡、三ヶ尻亮子)をゲストに迎えた。約200人集まった。

平野氏は小沢一郎の知恵袋と言われ、常に政界再編行動を共にしてきた。参議院議員2期は、無所属→自民党→新生党→新進党→自由党→民主党と転変した。土佐清水市出身であることから、幡多では根強い人気がある。80歳のいまでも政治団体「土佐南学会」(千葉県柏市)を主宰し、幅広い人脈を活かし、政治活動を続けている。

 201602291029054b2.jpg     20160228224320c60.jpg

 平野氏の話の要旨は以下の通り。

1.政治学者(東大名誉教授)だった京極純一先生が亡くなった。先生は旧制中村中学・高知高校卒。私の政治理念、行動は先生の影響を受けている。政権交代のない国はおかしい - 細川政権誕生の裏には先生の力があった。

2.今は(安倍独裁となり)国会がまともに機能していない。いまこそ、この幡多が立ち上がる時。明治維新はまだ終わっていない。明治13年、国会開設請願全国署名人8万6千人のうち土佐が4万8601人(56%)、さらにこのうち3万9895人は幡多から(全国の46%、土佐の82%)。請願文では、「国家の原則は人民」と唱っている。これに対し、いまの自民党改憲案では、国民は国家の犠牲になれと書いている。明治以前に逆戻りだ。

3.私は保守本流。憲法9条は、人間である限り守らなければならない掟(おきて)のようなものと思っている。決して外国から押し付けられたものではない。鈴木安蔵らの努力が映画「日本の青空」に描かれている。人類は、2度の世界大戦で3千万人の死者を出した。その反省のシンボルが9条であり、「神が人類に与えた矜持」。歴代自民党政権も集団的自衛権は認めないことで、首の皮一枚これを守ってきたが、安倍が「冒涜の扉」を開いた。人類史上最大のピラミッドが壊れたら地球はおしまいだ。3.11以降、歴史が逆戻りしている。

4.いまの野党再編について。民主、維新の統合はギリギリ破談もないとはいえない。ベストは民主+維新+生活(小沢を除いた)+社民。共産提案の5党協力はこれに近い。しかし、「安保法廃止」だけでは念仏化してきている。格差社会をやめさせるために消費税凍結を打ち出すべき。でないと、先に(消費税凍結を)安倍にとられてしまう。

5.原発は戦争の道具。省エネを進めれば原発はいらん。TPPは経済協定ではない。日本文化や日本そのものを売るもの。日本はまだ敗戦国扱い。クリントンはTPP反対。サンダース人気もある。TPPはまだどうなるかわからない。日銀はいま世界の賭博場になっている。

 ・・・・

 続いて、大西聡、三ヶ尻亮子両氏があいさつ。参議院選挙に臨む決意を表明。一本化(大西に)が迫っていることがうかがえた。

自公に勝つため、参院で改憲勢力に3分の2を与えないためには、一本化しかない。
その候補者は市民主導で決める。
この講演会はそのための大きなインパクトになったと信じたい。

 20160228224322b81.jpg     201602282243229ba.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

田中全(ぜん)

Author:田中全(ぜん)
四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR