望郷の鐘 満蒙開拓

映画「望郷の鐘 満蒙開拓の落日」(山田火砂子監督、現代プロダクション)をみた。3月30日、四万十町の四万十会館で。主催は、四万十町人権教育研究協議会窪川支部主催。

「中国残留孤児の父」といわれた長野県阿智村の住職山本慈昭さん(1902~1990)の生涯を描いた作品。(原作は和田豊「望郷の鐘」。)

 20160401225634072.jpg

山本住職は昭和20年5月(敗戦のわずか3カ月前)、長野県阿智郷開拓団の一員(教員)として家族(妻、娘2人)で渡満。引き揚げ途中、シベリヤに抑留され、帰国した時、家族は戻っていなかった。

以来、開拓団員の消息を調査記録、昭和40年以降は残留孤児調査に奔走、ついには国を動かす。そうした中で、自分の上の娘とも再会する。(妻、下の娘は死亡)

「大東亜共栄圏」、「五族協和」を掲げた国策により、満州に送り出されていった開拓団員は、戦争の被害者であると同時に、中国人たちの土地を取り上げる加害者となった。そうした開拓団の本質を、リアルに凝縮した映画であり、明快で鋭い。

死を覚悟した開拓団幹部が「君が代」斉唱をさせようとしたが、子どもたちが「うさぎ追いし・・」を歌いはじめ、涙で、だれも止めることができなかった。

国は当初、残留孤児調査要請に対し、開拓団は「勝手に」満州へ渡ったのであり軍人とは違うと、国の責任を認めようとせず、調査を拒む。

映画製作には、阿智村と、そこの満蒙開拓平和記念館が全面協力。村民の多くがエキストラ出演している。

私は、映画をみる9日前の3月21日、阿智村を、そして満蒙開拓平和記念館を訪ねてきたところだった。

下伊那郡阿智村は、岐阜県中津川市から恵那山を越えた県境の隣村である。中津川に笠木透さんご家族を訪ねたあと、足を延ばした。

長野県は全国一の数の開拓団員を満州に送っている。3年前、満蒙開拓平和記念館ができた時から、一度ここを訪ねたいと思っていた。というのも、高知県からも多くが満州に渡っており、特に幡多郡に集中しているからだ。江川崎村、津大村(現四万十市)、十川村、大正村(現四万十町)の4村が村を分ける形の分村移民を行っている。私は市長在任中、江川崎開拓団が移住した跡地を引き揚げ者のみなさんと慰霊に行ったことは、以前このブログで書いたとおりである。

 満州分村http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-187.html
 大清溝 http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

江川崎村開拓団の記録や資料を展示した資料室が、阿智村の記念館より先に、旧権谷小学校跡地にできている。この資料室をより充実させるためにも阿智村の記念館がどのような内容かを知りたかった。開館当時、私は参加できなかったが、江川崎開拓団引き揚げ者のみなさんもバスで来ている。

同記念館の設立・運営は一般社団法人満蒙開拓平和記念館という純然たる民間団体である。山本慈昭さんの志を継いだ長野県伊那地方の人たちが自分たちの力でつくったものだ。

開拓の歴史や満州での生活の様子を写真パネル展示しているほか、引き揚げ者の証言記録(ビデオも)、資料集、研究書などが保存されていた。研修室もある。館の建物は満州をイメージした設計になっていた。

入館者数は、開館1,2年は各3万人、3年目の今年もその9割をキープしているという。信州の山の中、交通の不便さを考えれば、驚くべき数。人権、平和教育や民生委員などの各種団体や子供が多いそうである。

館の目的が、平和を願い、二度とあのような悲惨な出来事を繰り返さない。そのためには開拓の現実、真実にしっかりと目を向ける。この目的がしっかりしているのが素晴らしい。

映画「望郷の鐘」の冒頭字幕に流れた言葉。

「国家が総力を挙げて作り上げる大きな嘘は、いつの時代でも見破ることは容易ではない」

映画会開会あいさつ(四万十町人権教育研究協議会山本哲資会長)の言葉。

「なぜ日本人は歴史を学ばなくなったのか」

中国脅威論が過剰演出され、安保法案が成立し、再び「お国のために」の風潮がつくられつつある今だからこそ、満蒙開拓の「真実」をしっかり知り、後世に伝えていく必要がある。

多くの人にみてほしい映画であり、足を運んでほしい記念館である。

 20160401225639847.jpg     201604012256408a5.jpg     20160401225639730.jpg




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR