サミットと世論操作

 サミットが終わり、オバマも帰った。問題の本質からかけ離れた、過剰演出の後味の悪さだけを残して。

サミットそのものは参加各国のローテーションで開催をしている。今年は日本の当番であった。そうした中、3年に一度の参議院選挙の直前にもってきたのは、日本政府の意向が強く働いている。しかし、これくらいはどこの政府も考えることであろう。

問題は安倍首相によるサミットの過度の政治利用と、それを拡散するマスコミの報道姿勢である。

今回のサミットの成果、中身は何だったのだろうか。さっぱりわからない。テーマはたくさんあったはずだ。地球温暖化、難民、テロ、タックスヘイブン(パナマ文書)・・・これらはどう議論されたのだろうか。

サミットからの帰途立ち寄った広島の報道だけが大々的に行われた。現職のアメリカ大統領として広島に来たのははじめてのことであり、それ自体は歴史のエポックになったと思う。私はその意義を否定するつもりはない。

しかし、オバマの17分間の演説は、核廃絶に向けた姿勢を示したとはいえ、抽象的な表現だけでその具体的手順は示されなかった。アメリカは最大の核保有国でありながら、核兵器禁止に向けた国連決議には、アメリカも日本も、毎回棄権をしている。そんな両国が仕組んだ今回の演出は、言葉ではどんなすばらしいことを言っても、空々しく響く。

そのことがわかっていながら、ただ騒ぎ立てるマスコミ。得意満面の安倍首相の顔だけが映し出される。

サミット直前に発生した沖縄アメリカ軍属による女性暴行殺害事件もそうだ。再発防止策・・・これまでも何度も繰り替えされた言葉だ。そんなことができるとはだれも思ってはいない。沖縄に米軍基地があり、日米地位協定により沖縄がアメリカの植民地状態におかれているかぎり、また事件はおこる。サミット期間中は、沖縄報道はタブーであった。

サミット冒頭の安倍発言にも驚いた。
「世界経済はいまリーマンショック前と似たような状況にある」

いま世界経済全体としては停滞状況にあるのは事実だが、アメリカ経済は好調でいま金利を引き上げつつある。原油価格も上昇に転じた。だれもリーマン・・・とは思っていない。

安倍首相は前回消費税引き上げを先送りしたさい、来年4月には必ず引き上げることを公約(法律)にして総選挙をしかけ大勝した。

なのに、デフレからの脱却は進まず、アベノミクスの失敗がはっきりしてきた。いま、とても諸費税を引き上げられるような状況ではない。

この間、安倍首相は繰り返し、消費税は「リーマンショックや東北大震災のようなことがおこらない限り、予定通り引き上げる」と見栄を張ってきた。

だから、いよいよ追い込まれて、今回のような発言になったのだ。サミットの場を、自分の経済政策の失敗をつくろう口実に使ったのだ。

各国首脳からは当然ながらこのリーマン発言に異論が出た。日本の恥を世界にさらしてしまった。

安倍首相は選挙に勝つためには、ウソでもなんでもあり。手段は選ばない。世論操作のシナリオを書く黒幕と演出家がいて、その舞台の主役を派手に演じている。

この深刻な事態を追及すべきマスコミは、NHKを筆頭にして飼い犬にされてしまい、しっぽを振るだけ。

こんな大芝居にだまされないためには、自分自身の目を養うしかない。真実を見極める力。それが一人一人に試されている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR