奥宮家の墓

 6月17日、奥宮健之の生家跡と祖先墓をはじめて訪ねた。

大逆事件で死刑になった奥宮健之については、これまで2度書いた。植木枝盛盟友の自由民権運動家で、自由党闘士であった。2人は同年(安政4年)、高知市生まれ。健之は大逆事件犠牲者26人の中では、最高齢の53歳であった。(本ブログ2016.1.27、2.6)

健之の墓は東京染井霊園にあり、私は今年1月訪ねた。高知市郊外の布師田には、生家跡と先祖墓があることは以前から聞いていた。

今年1月の秋水墓前祭においでくださった布師田歴史研究会の岡本純一さんにお願いをして案内をしてもらった。

健之の父造齋は土佐藩主侍講の陽明学者で、中江兆民、岩崎弥太郎なども教えた。また、先祖の奥宮正明は、藩命で、宝永地震の詳細な被害記録「谷陵記」をまとめた。この記録は、いま南海地震対策に生かされている。奥宮家は学者の家系であった。

造齋一家は健之13歳の時東京に出た。

前が田んぼの屋敷跡は竹藪になっていた。
その前に、解説板が建てられていた。

 2016063010272040b.jpg     20160630102715e52.jpg

屋敷跡裏には西山寺があり、先祖墓はその裏山の大きな孟宗竹林の中にあった。日光が入らないため、下草はほとんど生えておらず、登るのには苦労しなかった。3段に分かれた上段、竹の落ち葉の中に、造齋父弁三郎(健之の祖父)、造齋後妻などの小さな墓石が7つあった。造齋の墓は東京谷中にあるという。

布師田歴史研究会のみなさんが数年前から、墓の保存管理をしており、詳しい資料もつくっておられた。健之の墓石はここにはないが、遺骨は東京ではなく、ここに埋められているという説もある。

 20160630102738a96.jpg     20160630102738f7c.jpg

高知県出身事件犠牲者は5人いるのに、幸徳秋水以外はあまり知られていない。そのため、幸徳秋水を顕彰する会では、他団体とも連携して、ほかの4人についても広く知ってもらうよう取り組んでいる。

小松丑治、岡林寅松については、今月案内板(墓標)を建てた。秋水墓と同じ並びにある坂本清馬墓にも年内に解説板を建てることにしている。

5人のうち奥宮健之だけは本人墓が県内にないが、布師田歴史研究会では、近く、奥宮家墓に解説板を建てる計画があるというので、幸徳秋水を顕彰する会でも協力をさせていただく旨、お伝えした。

 20160630102740e49.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR