中村が甦った夏

中村高校が夏の甲子園高知大会で決勝へ進んだ。

昭和52年、春のセンバツ大会で甲子園準優勝したことがあるが、夏の県大会決勝進出ははじめてのことで地元は久しぶりに沸いた。私も決勝戦、春野球場に応援に出かけた。

結果は常勝明徳義塾に2-4で敗れ、39年ぶりの甲子園への夢はかなわなかった。明徳義塾の優勝は7年連続、県立高校の決勝進出は22年ぶりであった。

いま思い出しても、39年前のフィーバーぶりはすごかった。私の妹と同級の田頭主将、山沖投手を中心としたわずか12人のチームが「さわやかイレブン」「24の瞳」などと呼ばれ、一種の社会現象なり、今でいえば流行語大賞をもらっていたであろう。

12人の最大の功績は、無名であった四国の片田舎「中村」の名を全国に知らしめたこと。足摺岬に向かう観光バスがわざわざ迂回して中村高校前を通ったぐらいであった。当時、四万十川には誰も関心を寄せていなかった。

しかし、まもなく状況は一変。四万十川は「最後の清流」として有名ブランドになった。

そして、平成の大合併の大波が押し寄せ、中村市はひとたまりもなく呑み込まれ、四万十市になった。

しかし、どっこい、中村市はなくなったが、中村はいまも生き続けている。中村駅、中村郵便局、中村小学校、中村中学校・・・そして中村高校。

今回、中村高校野球部が中村の健在ぶりを、世に示してくれた。
多くの人に中村の記憶を甦らせてくれた。
私はそれがうれしい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR