中村とよさこい(1)

 9月18日、よさこい四万十が開かれた。参加チームは年々増え、今年は28チームになったが、残念ながらその中に地元中村のチームはなかった。

この問題、ひいては、中村によさこいは似合うのか、について考えてみたい。

 よさこい四万十は2011年、中村商工会議所青年部がはじめた。初回は8チームの参加であったが、年々規模が拡大している。
 
会場は毎回中村の中心市街地で、今年は3商店街(天神橋、一条通、東下町)、中村駅、中村病院駐車場、サンリバーの6カ所であった。どこも結構な人だかりができていた。

今年の参加チームの内訳をみると、高知市が圧倒的に多く19、幡多3、その他県内4(大豊、須崎、中土佐、窪川)、県外2(香川、愛媛)。

幡多3チームのうち、「幡多舞人」と「いなん」は、中村の踊り子も入っているが、本拠地はとなりの黒潮町と土佐清水市。また、「にぎわいポニートfrom3.11」は、東北支援を目的に西土佐で生まれ、代表者も西土佐であるが、いまの踊り子の大半は高知市内の大学生であり、実質的には高知市のチームとなっている。

なぜ、お膝元の中村のチームの参加がないのか不思議に思われるかもしれないが、そもそもいま中村にはよさこいのチームはないのであるから、これはやむをえないことである。

中村の踊りとしては、毎年市民祭で披露される中村踊りパレードがある。パレードには今年も10チームが参加。幡多3チームも参加してくれたほか、市内ダンススクール、中村小学校PTA、ひかり乳幼児保育園OB、市役所など。

中村踊りといっても、決まった踊りがある訳ではなく、市役所チームは、毎年定番の「中村音頭」を踊るが、その他チームはそれぞれ「好き勝手に」踊る。

市民祭のためだけの即興的チームがほとんどであるから、幡多3チームと市役所(浴衣姿)以外は同じTシャツを着るだけ、鳴子もなし、踊りも結構バラバラ(失礼ながら)で、「見せる」というよりも自分たちだけが楽しむというようなものである。

しかし、祭り、踊りとは、本来そんなものであろう。同じアホなら・・・の如く、自ら踊り、楽しむ。楽しみたいから、祭りを企画し、運営する。

ところが、よさこい四万十を仕掛けたメンバーには、自ら踊っている顔ぶれはなかった。そういう意味では、よさこい四万十のありようは、めずらしいケースと言える。

では、何のためによさこいを始めたのか。それは、本物の(プロの)よさこいを見たいから、見て刺激をもらいたい。その刺激を、中村のまちを元気にするインパクトにしたい。直接聞いた訳ではないが、たぶんそんな「思い」からであったろうと思う。

この「見たい」という要求はわかる。一般市民のあいだにはこれはある。全国的によさこいが有名になったのに、「本場」の高知市まで、わざわざ2時間かけて見に行くのは大変である。特に高齢者は。

 それともう一方では、「踊りたい」というニーズがある。高知市を中心とする「プロ」チームにとっては、8月お盆前のよさこい本番が終わってからも、もっと踊りたい。そんな時、中村が会場を提供してくれるとなると、「渡りに舟」と、みんな喜んでやってくる。

「見たい」「踊りたい」という2つのニーズがあったからこそ、6年間でチームが8→28まで増えたのだと思う。

この数だけを見る限りでは、当初の狙いは「当たり」である。
ここまで大きくしたメンバーには率直に敬意を表したい。

しかし、これでいいのかとも思う。(続く)

 2016092923434856e.jpg     201609292343536a0.jpg     2016092923461228e.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
フェイスブックもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR