大逆事件サミットin大阪

 10月22日、大逆事件サミットが大阪で開かれ、参加した。

同サミットは、大逆事件犠牲者たちの名誉回復と顕彰活動に取り組んでいる全国の団体・個人が一堂に会し、それぞれの活動報告と経験交流、今後の取り組みを議論する場であり、第1回は、2011年、幸徳秋水刑死百周年記念事業の一環として、中村で開いた。

第2回は、2014年、秋水の盟友堺利彦の生誕地福岡県豊津(みやこ町)で。

第3回の今回は、管野須賀子がキリスト教洗礼を受けた大阪の天満教会で開いた。準備は、大阪の「管野須賀子を顕彰し名誉回復を求める会」がおこなってくれた。(同会の主要メンバー13人は、今年1月24日の秋水墓前祭に来てくれている。)

全国から16団体、140人。これまでで最も多く、なじみの顔ぶれも多い。幸徳秋水を顕彰する会からは6人参加。

メイン企画のシンポジウム「管野須賀子と大逆事件」は、コーディネーター山泉進明治大学教授のもと、3人からの報告、荒木伝(社会運動研究家)「明治期大阪の社会運動と管野須賀子」、井口智子(松原教会牧師)「クリスチャンとしての管野須賀子」、田中伸尚(ルポライター、元朝日記者)「飾らず、偽らず、欺かず」にもとづいておこなわれた。(田中氏のタイトルは近著「管野須賀子と伊藤野枝」からとったもの)

続いて、参加各団体から活動報告が行われた。

秋水顕彰会からは、今年5月、秋水最初の妻との間に生まれた「秋水の孫」2人が秋水刑死105年目にしてはじめて、肉親として秋水墓参に来てくれたことなどを報告、さらにそうした縁により、このサミットに「秋水のひ孫」の小谷美紀さんが埼玉県から参加していることを紹介させてもらった。

 DSC_0605.jpg     DSC_0626.jpg

夜は近くの大阪リバーサイドホテルに会場を移し、交流会(懇親会)をおこなった。秋水らを弁護した弁護士平出修の孫にあたる平出洸氏(平出修研究会)が管野須賀子から平出修にあてた手紙の原本をもって来られたので、みんな競ってカメラに収めていた。

 DSC_0655.jpg     DSC_0641.jpg     20161031154819495.jpg

翌23日は、オプションのフィールドワークがあり、約半数が参加した。

最初に、三浦安太郎墓へ。大逆事件に連座させられた「大阪組」3人(無期懲役)の1人。広大な阿倍野霊園の一角に三浦家墓があった。みんなで手を会わせた。現在の墓守は不明という。すぐ近くに五代友厚の大きな墓があった。

 2016103115502822b.jpg     DSC_0671.jpg

次に、管野須賀子が作家宇田川文海の弟子だったころの住居跡へ。住吉大社のすぐ隣。いまは違う建物が建っている。

せっかくだからということで、地域のボランテアガイドが、住吉大社界隈を案内してくれた。歴史探訪。

 2016103115483975f.jpg     201610311548363db.jpg

ここで全体は解散となったが、和歌山県新宮市「大逆事件の犠牲者を顕彰する会」の一行バスが帰途に、寝屋川霊園(寝屋川市)にある武田九平墓に立ち寄るというので、私も飛び入りで同乗させてもらった。九平は妹の嫁ぎ先津田家墓に一緒に葬られていた。

 201610311548330c2.jpg     20161031154830867.jpg

ちなみに、「大阪組」の残る1人岡本頴一郎(山口県出身)の墓はいまもわかっていない。

今回、「大逆事件サミット大阪宣言」で、それぞれの団体が連携して、さらに運動の輪を広げていくことを誓いあった。

次回、第4回サミットは、2年後、新宮市で開かれる。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
フェイスブックもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR