中高 ありがとう

中村のまちが異様な興奮状態からやっと平常に戻った。
中高の甲子園終了とともに。

興奮はセンバツに出場できそうだということで昨年12月ごろから徐々に高まり、1月27日の正式決定で爆発、3月20日の試合で最高潮に達した。

私が地元に戻ってから9年、こんなに市が盛り上がったことはなかった。5年前、テレビドラマ「遅咲きのヒマワリ」のロケと放送があったさい、似たような状況になったが、市民の心が一つになるという点では、今回には遠く及ばない。

40年前の甲子園初出場の時、私は地元にいなかった。間違いなく、その時以来であったのだろうが、今回はその意味合いはだいぶ違うと思う。

前回の時は、中村市であったが、いまは四万十市である。当時も中村の町はだんだんと勢いをなくしてきていた。しかし、準優勝パレードの写真をあらためて見ると、天神橋アーケードなどの商店街には、まだまだ賑わいが残っていた。「おまち中村」としての権威と風格を保っていた。

しかし、いまは残念ながら見る影もない。私自身、「おまち中村」の復活を公約にかかげ苦闘したが、4年間ではどうしようもなかった。

人口減に高齢化、子どもの声が聞こえないという閉塞感の中で、このイライラと不安を何かにぶつけたいという市民共通の思いを、たった16人の野球部員がかなえてくれたのだ。

応援バスは地元55台に加え、名古屋、東京からも。列車、マイカーでも続々。甲子園の周りは幡多勢の渦巻きとなり、5000人収容のアルプススタンド(1塁側)は、幡多弁が沸騰した。

マイカー組の私は地元ではチケットを確保できず、球場でもアルプス席は売り止めのため、内野席に入り、アルプス隣に陣取った。私と同じように、溢れ組が、内外野あちこちで一緒に声を張り上げた。

試合は前橋育英高校に1-5で敗れたが、最終回に1点をとったことだけで大満足。勝者の校歌にあわせて手拍子をとり、みんなニコニコすがすがしい顔であった。選手も監督も同様であった。

こんなに気持ちのいい敗戦はないだろう。
みんな、異口同音に中高ありがとう。

次は夏。県代表になることは、容易ではないことはわかっているが、選手たちは甲子園の土をとらずに、さわやかに去った。

次に甲子園に連れてきてもらう時は、中村の町はどうなっているだろうか。今回示したように、地元の心が一つになれば、新たな展望が見えてくるものと信じている。

 201703271238017c9.jpg   20170327123752ee6.jpg   20170327123809686.jpg

 2017032712403526d.jpg   20170327124038277.jpg   20170327123755e9e.jpg

 201703271240589c8.jpg   201703271240595c9.jpg   20170327124058d88.jpg


   





 

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おひさしぶりです。
僕も1塁側ベンチ裏で見てました。
甲子園に飲まれた感が強く結果は残念でしたが、夏は実力で返り咲いて欲しいものです。

初めまして。いつも拝見させて頂いております。
大阪の商社に勤める者で、故郷の具同に年に三回帰っております。
20日当日は自分も甲子園に行き、確かにそこに〝小さな中村〟を見つけることが出来ました。人の温かさや、地元を愛する5000の心を前にして、『良い自治体とは、豊かな産業や利便性の有無か?では、定義付ける必要条件とは?』との自問自答と共に『故郷が永続的に存続するために、必要なことは?自分が故郷に戻る30年後にはどんな状態になっているか』との焦燥も感じました。
諦めずに、最後まで粘り強く頑張ること。
野球も仕事も街にも必要。
まだ9回は終わってません。

S
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR