幸徳秋水 ひ孫

幸徳秋水を顕彰する会の今年度総会を5月14日に開いた。この総会に、幸徳秋水ひ孫の小谷美紀さん(埼玉県草加市)を招待した。

幸徳秋水は生涯3度結婚をしている。2度目の師岡千代子、3度目の管野須賀子は有名だが、最初の妻西村ルイについては、記録がほとんど残されていないことから、これまであまり知られていなかった。

私がこの間、西村ルイについて、いろいろ調べてきたことは、このブログでもすでに何度も書いてきた。

西村ルイは、秋水に離縁されたさい、身ごもっていた。その子(ハヤ子)は、ルイが再婚した相手(横田)の子として入籍され、育てられた。

さらに、ハヤ子(結婚してから小谷姓)は6人の子を育てた。そのうちいまも健在の秋水孫にあたる2人の女性がちょうど1年前の昨年5月、秋水墓参のために、はじめて中村を訪ねてくれた。

今回招待した小谷美紀さんは、この2人の兄弟の二女である。美紀さんのお父さん(故人)は、小谷家の長男にあたるため、美紀さんはハヤ子とずっと一緒に暮らしてきた。

ハヤ子の存在が昭和57年、朝日新聞スクープで世に知られた時、美紀さんは中学生であった。社会科教科書に出てくる人物が自分のひいじいさんとわかりびっくりしたが、誇りにも思った。社会科の先生にも呼ばれ、いろいろ聞かれたそうである。

ハヤ子は翌昭和58年亡くなったが、美紀さんからみたおばあさんは、しつけなどがきびしい中に、気品をそなえていたという。

美紀さんは、ルイの記憶もわずかにあるそうだ。ルイは昭和48年亡くなった。当時4歳だった美紀さんは、東京滝野川の病院に見舞いに行ったこと、近くを都電が走っていたことを記憶している。ルイもまた、上品なひいおばあちゃんだった。

美紀さんを、秋水墓、絶筆碑、生家跡、資料室(図書館)などに案内した。墓ではじっと手を合わせていた。

資料室には、これまでルイの顔写真を展示していなかったので、新たに作成した写真パネルを美紀さんの手で展示してもらった。秋水の大きな写真の下に。2人とも再会を喜んでいることだろう。新聞4社の取材があり、翌日の記事になった。
 →https://www.kochinews.co.jp/article/99227/
https://mainichi.jp/articles/20170516/ddl/k39/040/577000c

美紀さんを、一條神社や四万十川佐田沈下橋、下田河口へも案内。新緑がまぶしかった。

顕彰会総会では挨拶をしてもらい、夜には歓迎懇親会を開いた。皿鉢をかこみ、ひいじいさんの郷土料理を堪能してもらった。

2泊3日で美紀さんは帰っていった。

美紀さんに見せてもらった弟さんの写真は、秋水そっくりである。次は、ぜひ弟さんにも来てもらいたいと思う。

なお、美紀さんは、自分のブログに今回の旅のことを書いている。
 →http://nikoxgodiego.blog115.fc2.com/?no=2610

201705201211250dd.jpg    20170520121137a9d.jpg    2017052012154396e.jpg

201705201211352be.jpg    20170520121110496.jpg    20170520121128d08.jpg






コメントの投稿

非公開コメント

幸徳秋水先生の子孫

私が秋水研究会へ入会してはや2年。この間、幸徳秋水の偉大さに圧倒され続けている中、昨年はお孫さん二人、今年はひ孫さん一人が、秋水先生の故郷四万十市中村を訪問され、先生のDNAを受け継いでいる人たちにお会いすることができ大変感激しました。今まで遠い昔の歴史上の人物と思っていた幸徳秋水が、現在につながっていることに、私はなんとも名状しがたい人生の不思議さを感じた次第です。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR