大分へ(4ー終)

大分駅前の同じホテルにもう一泊し、3日目はもう四国に帰る日である。

以前職場の食堂の賄さんとしてお世話になった女性が最近音信不通なので自宅を探し訪ねたが、心配した通り高齢のため施設に入所しているという。残念ながら会うことができなかった。

ノンビリ県庁前の府内城址公園をぐるり回ってみた。新緑と堀の水に白壁が映えてしっとり美しい。こんなに落ち着いたところだとは思わなかった。20歳代の感覚といまでは違うのは当然か。城内には、以前は文化会館(ホール)があったが、取り壊され駐車場になっていた。そのため閑静になったのかなとも思った。

 201705310947541d1.jpg   
帰りは、佐賀関から三崎へフェリーで渡ることにしたので、途中、萩原にある大分護国神社に立ち寄った。小高い境内の斜面から、大分の代表的風景が眺められるからだ。

大分市は昭和40年代から新産業都市として、臨海部を埋め立て、多くの企業を誘致した。その代表が新日鉄である。新日鉄大分製鉄所は昭和47年、国内9番目(最後)の製鉄所として開業した。

コンピューター制御された最新工場の市民向け見学会があり、昭和53年ごろ見学したことがある。火の塊の棒がビュンビュン飛んでいたことを思い出す。

昭和電工、九州石油、九州電力(火力発電所)なども進出し、大分市は新産業都市のモデルとされていたが、別の言葉で言えば、大企業が幅をきかす企業城下町となったわけであり、公害問題等、様々な問題をかかえていた。

 20170531094749a86.jpg

一方で、当時平松守彦知事は「一村一品運動」を提唱。市町村ごとに、最低一つは特産品をつくろうというもので、全国的にも話題になっていた。麦焼酎「いいちこ」がそのシンボルとなった。この運動の理念は、各地域の特性、個性を生かしていこうというものであった。

しかし、その後国が進めた平成の大合併はその真逆の考え方で、個を殺し効率を優先するものだった。

私がいたころは県内には、8市のほかに36町、11村があり、私は森林組合相手の仕事をしていたので、それぞれの名前には愛着がある。大半の市町村に足を運んだ。

今回調べたら、町村でいまでも残っているのは、わずか3町(日出町、玖珠町、九重町)、1村(姫島村)だけで、なんと43町村が消えたことになる。一方で、由布市、豊後大野市、国東市という新しい市ができている。

地名は文化である。大分県は、それこそ「おおざっぱ」な県になってしまった。高知県でも合併が進められたが、これほどまでには減っていない。その中で、わが中村市も合併で四万十市に名前を変えたのだから、大分のことをとやかくはいえない。

いまの東京への一極集中、弱肉強食の政策によって、日本全国で「地方創生」どころか、「地方つぶし」がおこなわれているということだ。

鶴崎、大在、坂ノ市を通り、佐賀関に着いた。佐賀関は、関アジ、関サバで有名になった。この沖に職場で釣りに来たことがあるが、当時はそんな名前(ブランド名)はなかったような気がする。前の晩、少し食べたが、なかなかの値段で、そう簡単に口に入らない高級魚になってしまった。

旧佐賀関町も大分市に吸収された。

もう一つの佐賀関名物、旧日本鉱業銅精錬所の高さ200メートルの煙突に見送られ、フェリーは岸壁を離れた。さらば大分、また来ます。(終り)

 20170531094734f18.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
FB(フェイスブック)もやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR