北海道高知県人会

 6月9日、北海道高知県人会に6年ぶりに出席してきた。

私は農林中央金庫時代の1997年から2年間、札幌に転勤した。ちょうど20年前になる。その時、高知県人会に入り、交流を深めた。

そのころ、本市古津賀出身の東功さんが北海道新聞の編集長をされており、大変お世話になった。東さんは、すぐに社長になられたが、その後病気で急逝されたのが惜しまれる。

明治の開拓では、多くの高知県人が北海道に渡っている。代表的なのが、坂本龍馬の甥坂本直寛がリーダーであった北光社。明治30年、いまの北見地方に入植している。直寛の孫が画家坂本直行で、今では北海道を代表するお菓子六花亭の包装紙に直寛が描いた野の草花の絵が使われていることは有名。

初代北海道庁長官(知事)は宿毛の人、岩村通俊である。そんなこともあって、北見市と高知市、訓子府町と津野町、滝上町と越知町、浦臼町と本山町、積丹町と香美市、江別市と土佐市などが、それぞれ友好都市交流をしている。

わが四万十市も中村市時代から、友好都市枚方市(大阪府)を介して、オホーツクに面した別海町とトライアングルで交流をしている。

道内には、高知県人会がいくつもあり、札幌、旭川、北見、滝上などで連合会をつくっている。それらが年1回、一堂に会して交流会を開いている。最近は、よさこいソーラン開催時期にあわせて。

私は四万十市長時代、招待を受けて公務としても一度出席した。その時は、大学同期の高橋はるみ北海道知事を訪ね、誘ったら一緒に出席してくれたことを思い出す。はるみさんは、今も現職で4期目というから驚く。

市長を引いてからも毎年案内状をもらっているので、それならば、ついでに思い出探しを兼ねて、道内をまわってこようと思い、妻、パグ犬伝次郎と一緒に出掛けることにした。

毎年、高知県からも多く参加するが、今年は高知県松尾産業振興部長(知事代理)、浜田県会議長、今西本山市長、池田津野町長が参加していた。いずれも旧知のみなさんだ。

 20170626210552dc8.jpg    201706262104220c3.jpg

道内からも、長屋滝上町長とともに、曽根別海町長が参加されていた。6年前は、水沼町長にお声をかけ、初めて参加していただいたが、水沼さんは昨年在職中に亡くなられたので、今回曽根町長とお会いするのは初めてであった。がっちり握手をさせていただいた。

別海町からは、お付き合いを続けている元役場職員の佐藤良幸さんも今回お誘いしたら、参加してくださり、感激であった。

旧大方町馬荷出身で札幌在住の川村澄雄さんにも久しぶりにお会いできた。土佐町出身の医師で、四万十市民病院にも常勤で勤務してくださり、いまもなお毎月、本市民間病院においでくださっている矢野昭起先生ご夫妻も参加されていた。参加者は総勢102人と久しぶりに3桁台に達したと、事務局もよろこんでいた。

 ところで、私は札幌時代、中央区宮の森の社宅に住んでおり、すぐ近くに円山公園があった。その周りをよくジョギングした。あるとき、公園内の木立の中に銅像を発見した。岩村通俊像であった。

今回、なつかしいので、その銅像にまた会いに行った。木立は緑の林になっていた。改めて、裏の銘盤を見ると、岩村の経歴紹介の末尾に、「北海道百年を迎えるにあたり、その功績を永く後代に伝えるため、これを建立する。昭和42年10月 北海道開拓功労者顕彰像建立期成会 会長廣瀬経一」と刻まれていた。

 201706262105599ce.jpg    20170626210429e0c.jpg

今回、これと同趣旨の銅像はほかにあるのかネットで調べたところ、ほかに3つあった。黒田清隆(薩摩)、ホーレスケプロン(アメリカ)、永山武四郎(薩摩)。いずれも北海道開拓に名を遺した人だ。

黒田とケプロンの像は、大通り西10丁目の大通公園内に並んで建っているという。ああ、あの像か。私が地下鉄西11丁目駅で降りて、西5丁目の職場まで通勤するさい、いつも往復通ったところだ。広場の真ん中の目立つところに、2像デンと並んで建っていた。今回、また訪ねてそれを確認した。やはりいい場所だ。

永山の像は、旭川の常磐公園にあるという。見たことはないが、公園は街中にあり、入口の目立つところに建っているという。

そこで、私は今回考えた。4像の場所はどうして決めたのだろうかと。永山については、本人が街づくりを指揮した旭川に建てられたという理由はわかった。しかし、あとの3像は?

黒田、ケプロン像は札幌の中心、大通公園に立ち、周りに遮るものは何もない。それに比べて、岩村像は、小高い円山の下の公園の中、しかも入口のような目立つところではなく、公園の端のほうの林の中にある。公園内を歩く人も、よほど周りをキョロキョロしないと気づかない。2カ所の違いは、写真のとおりである。

 20170626210419e59.jpg    20170626210418820.jpg

岩村像は、50年前に建てられたころは、公園内の木もそう伸びていなかったのかもしれない。また、いまは緑豊かな季節なので、像は木陰に隠れているが、落葉した季節には、いまよりは見やすいだろう。

しかし、いずれにせよ、目立つ場所という意味では、2カ所の差は歴然としており、不公平である。岩村と同じ高知県人としては、不満を感ずる。

3人の功績に差があったのか。黒田は岩村の次、2代目の北海道庁長官である。普通なら、初代長官のほうが前面に出るだろう。

しかし、黒田はのちに総理大臣にもなっている。また、ケプロンは黒田が招へいしたアメリカ人。これなのか。つまり、2人はセットで建てるとなると、広い大通公園のほうがいい。そのワリを食ったのが岩村ということなのだろうか。

今回ネットで調べたところ、岩村の像は戦前にもあり、昭和11年、大通り西11丁目に建てられたが、同18年、戦時金属供出の犠牲になっている。黒田、永山像も同時に供出されたとあるが、戦前、建立されていた場所は書かれていない。

つまり、昭和42年、開道百年記念に岩村像が再建されたさい、場所は昔あった大通りから円山公園に変えられたのだ。

そこで、提案したい。岩村像を、札幌駅に近い、旧赤レンガ道庁の庭、できれば玄関横のスペースに移したらどうか。岩村は初代道庁長官なのだから、それぐらいの場所を与えても当然ではないだろうか。

20170628133104abd.jpg

今年はちょうど開道150年。これについては、ぜひ北海道高知県人会が先頭に立って、要望活動に取り組んでいただきたいと思う。

僭越ながら、今回、久しぶりに岩村通俊像を見て、強くそう思った次第。

なお、岩村像は、旭川の常磐公園内にも、もう1基あるようだ。昭和26年建立されたもので、こちらのほうが古いが、私が言いたいのは、昭和42年、開道百年にあわせてつくられた4基の場所の不公平について、である。

コメントの投稿

非公開コメント

北海道と土佐の強い絆

 大変楽しく読ませていただきました。私思うにどうも土佐は国が閉ざされているせいでしょうか土佐人気質として外界へあこがれる本能のようなものがあるように思います。幕末の坂本龍馬、ジョン万次郎から始まり、明治になると岩村俊通等々です。やはり北海道に新天地を感じたのでしょうか、高知県人は、私の知る限り、他の都道府県と比べ沢山の人間が北海道へ渡っています。さて最後にそんな結びつきが分かる札幌農学校の話です。この学校は明治9年に開校しますが、今では考えられないような超エリート校でした。その一期生13名のうち3人が土佐人で、クラークから「土佐ボーイ」と呼ばれかわいがられています。
1.田内捨六
2.内田 瀞:北海道開拓、農場経営
3.黒岩四方之進:北海道御料牧場長、農場経営(日高の馬)黒岩涙香の兄
二期生(10名)から一人
広井 勇:札幌農学校土木工学科主任教授兼道庁土木課長、札幌-幌内間鉄道工事、小樽築港、東大教授
が出ております。さらに広井の故郷佐川から西谷退三も卒業しております。土佐と北海道の実に驚くべき結びつきとい言えます。

札幌農学校

5期生には安岡儁次郎(しゅんじろう)もいます。中村の安岡良亮の一族(息子か甥?)で、のちに学習院大学教授(農学)。
プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
幸徳秋水を顕彰する会事務局長。
フェイスブックもやっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR