川エビ

 家の隣の八束中学校が夏休みになり、静かになった。いまの子供たちは夏休み、何をしているのかと思う。川で見かけることはないからである。

私らが子どもの頃は、夏休みは必ず川に出ていた。川が遊び場だった。遊びといっても、ただ泳ぐだけではない。泳ぎながら、釣りをした。シジミも掘った。

釣りは「濁し」というやり方。
胸までの深さのところに立ち、川底の砂利を足でかき混ぜて濁りを出し、その流れる先に釣竿をたらす。濁りに集まってくる小さなチヌが釣れた。

もちろん川岸からの釣りもした。いずれもエサはエビ。エビはいくらでもとれた。エビとり専用のエビ玉で、エビのしっぽのほうにそっと玉をまわし、さっとすくいとる。玉の中で、エビはピチピチはねた。米ぬかをまくと、エビたくさん集まってきて、よくとれた。

また、柴ウエといって、木の枝を束ねて沈めておき、干潮のとき、縄を引っ張り岸に引きずり上げるとエビがたくさんはいっていた。ウナギもとれた。

しかし、家でエビを食べることはほとんどなかった。食べたいとも思わなかった。たくさんいるので、食べるほどの値打ちもないという感覚だったと思う。よその家でもみんなそうだった。

あれだけいたエビは、どこにいったのだろうか。いまはほとんど見ない。少なくとも、川岸から見える範囲にはいない。

おととい、対岸の竹島の彩市場に立ち寄ったら、エビを売っていた。1パック400円で。比較的大きなサイズの手長エビが10匹くらい入っていた。エビを売っているのを見たのは初めて。

店の人に聞くと、佐岡の中央市場から仕入れてきたという。たぶん、コロバシ漁でとったものだろう。小さいサイズもものは、から揚げにして食べやすいので、中村の料理屋に売られ、大きいサイズのものが、こうして店頭に出るのだろう。

エビも売られるようになったのかと複雑な気持ちになった。食べたいというよりも、なつかしさから1パック買った。

昔、エビがたくさんとれたのは、岸辺の木陰や草陰になっていたところ。しかし、いまはそんな箇所は、木々が切り倒され、堤防になっている。エビもウナギも棲み家を奪われてしまった。

エビもいなくなった川で、いまの子供たちに泳げといっても、楽しくないだろうなあ。目の前に川が流れているのは今も昔も同じだが、人々の生活からは、川は遠くに離れていってしまった。

 2017072212083987f.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR