第二の人生

農林中央金庫時代の元上司から、また本が届いた。篠塚勝夫『 二度の人生 ―第三生活の日々― 』(自家本、146ページ)。

昨年6月届いた最初の本は、元上司が古稀(70歳)にあたり、四国巡礼をされた旅日記であり、そのさいわが家にも泊まられたことは、このブログでも書かせてもらった。(「四国遍路」2016.6.7)

今回の本は、62歳で仕事から完全リタイアし、「第二の人生」をスタートさせてから今年72歳を迎えるにあたり、新10年間を「小括」したもの。(まだ続くので「総括」ではない)言わば、第二の人生の中間報告である。

副題が「第三生活の日々」となっているのは、 第一 学び・学習の時代、 第二 職業を通しての社会貢献時代、 に続く時代 と区分していることによるものだが、要は、仕事から完全リタイア後の生活を振り返ったものである。

元上司は仕事に厳しく、論理や理屈建てを大切にされる方だったので、仕事の進め方や書類の書き方等にもうるさかった。自らはガッチリとした文章を書き、私などは厳しく指導をされた。

そんな元上司だから、リタイア後もいろんな場面で文章、記録を書いてきたようで、それらを整理編集したものが今回の本である。

私は仕事を通しての姿しか知らなかったが、これを読むと、以前とは違う人がそこにいる。見事な変身である。

考えれば、仕事に厳しかったということは、自らを厳しく律し、コントロールできたからであろうし、そういう人は、リタイア後もその能力を別の方向にきりかえ、集中できるということであろう。

元上司には、障害をもった子どもさんがいる。リタイア後は、障害者支援、福祉活動に広く深くかかわっておられる。特別支援学級、就労支援など。

また、いま居住の千葉県佐倉市の地域活動にも積極的に参加。高齢化が進む中での地域の助けあいや絆を強める取り組み。いろんな世話役をすすんで引き受けている。さらに、東北震災後は、何度もボランティアとして、現地に出向いている。

もちろん、こうした奉仕的活動だけでなく、畑を耕し、生涯学習教室にも足を運び、自己啓発にも努め、思索や思想を深める。

以前の職場関係との付き合いは抑制するよう心掛けているという。

そうした新しい生活の中での、さらなるステップアップを求めての四国巡礼であったのだ。

なるほど、それではいまの自分は何なのかと思う。
はたして第二の人生なのだろうか。

55歳で早期退職をし、地元に帰ってきてから9年になる。自分が生まれそだったふるさとのために役に立ちたいと、の思いからであった。その思いも、地元に骨を埋める覚悟も、不動である。これは、はっきり言える。

しかし、いま、およびいまから、どのような形で地元のために尽くすかというと、現時点ではっきりとした方向を見出せていない。

幸いにも、地元に帰ってからすぐに念願通りの公務につかせてもらった。行政経験はなかったが、ふるさとへの思いだけは誰によりも強く持っているという自負があり、どんな場面でも、しんどいとか思ったことはなかった。

ふるさとのために走り回れるなんて、こんな幸せなことはない。やりがいがあり、充実した時間だった。

しかし、その時間は4年間で突然止まってしまった。思いだけでは通用しない、総合的な力量が不足していたことは認めざるをえないが、その総括は、まだ自分の中では終わっていない。不完全燃焼で、煙がくすぶったままである。

以前の仕事に区切りをつけ、ふるさとに帰ってきたという意味では、いまは第二の人生なのだろう。しかし、このまま人生のゴールを迎えるという意味での納得できる生活スタイルは、まだ持ち合わせていない。

くすぶったままの煙を再点火させるか、違った火種をさがすのか、腹固めには、いましばらく時間がかかりそうだ。

目的は同じだが、次のステップに向け、飛び方や飛ぶ方向を定めなければならない。それは第三の人生と言ってもいいのかもしれない。

そんなことから、なんとも悩ましい元上司の本である。

 20170731114413c25.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR