FC2ブログ

弾道ミサイル お芝居

北朝鮮よりも、日本政府の異常な反応のほうが、ずっと怖しい。

孤立した悪ガキの強がりに便乗して、危機感をあおり、国内矛盾から目をそらせるやり方。一番喜んでいるのは安倍首相であろう。

対外危機をあおることによって、有無を言わせず国論を誘導するやり方は万国共通の歴史である。日露戦争しかり、鬼畜米英の太平洋戦争しかり、最近ではイラク戦争しかり(大量破壊兵器はなかった)である。

北朝鮮の国内矛盾はもう限界に達しているのであろう。ミサイル発射実験を繰り返すのは、第一には、国民の不満を抑え込むための強権誇示であり、第二には、最強国アメリカとの取引によって実質援助をもらうためである、と思う。

仮に、アメリカに向けて本当にミサイルを発射すれば、ただちにアメリカの反撃にあい、たちどころに北朝鮮は崩壊する。そんなことは、金正恩自身が一番よくわかっている。

北朝鮮の子供じみたパフォーマンスは無視すればいい。野良犬の遠吠えだって、放っておけば、そのうち静かになる。反応すれば、相手が図に乗るだけである。

韓国はさすが冷静である。本来ならば、韓国のほうが怖いはずである。しかし、長年の経験から、隣国のやり方を熟知しているので、「またか」と思っている。

今回は、具体的にグアムを標的にすると言い、飛行ルートとして、島根、広島、高知の名前が出たため、これ幸いにと、自衛隊がPAC3(地対空誘導弾)を配備した。

高知県にいたっては、「ミサイル落下時には直ちに、頑丈な建物に避難するか、近くに建物がなければ物陰に身を隠す、地面に伏せて頭部を守るなどの行動をとってください」とする、県民向けの警告を出した。

これに基づき、四万十市では、昼食時間帯に、マイク放送を流している。さながら「空襲警報発令」であり、ぞっとする。

そこまでやるのか。そんなことよりも、確実にやってくる南海地震対策や、無限に被害が広がる原発事故対策(撤去しかない)のほうを、真剣に取り組んでほしい。

それでも「万一の場合」に備えた準備はしておく必要があるという人も多くいるかもしれない。

しかし、重要なのは武力によらない方法で、北朝鮮を封じ込めていくことである。関係諸国の包囲網、それは対話である。韓国はこの路線を堅持している。

しかし、安倍首相は「対話より圧力」と言って、さかんに対立をあおっている。対話への努力などする気はサラサラない。拉致問題への取り組みが一向に進まないのはその表れである。

金正恩と安倍晋三、「危機」がないと困る二人の利害は共通している。裏取引があるのではないかと疑いたくなるほどである。

政府の広報機関に墜したNHKも連日トップニュースであおっている。国の切実な問題である自衛隊日報隠蔽、森友・加計はそっちのけ。

今回の子供じみたお芝居を真顔で演ずる政府首脳部は、たいした役者であるが、私には滑稽な猿芝居に見える。

しかし、これを笑ってすませては、大変なことになる。歴史は繰り返す。明治以降の日本がたどった戦争への道は、このようなやり方でつくられていったのだろう。いま政府の対応を公然と批判しにくい重苦しさを感じる。

きょうは8月15日終戦の日。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR