FC2ブログ

大義と打算

衆議院は選挙で負託を受けた議員によって構成され、任期中その役割を果たすことが義務付けられている。しかし、やむを得ない事情があれば、その解散権は首相にある。

これまでも、いろんなタイミングで解散が行われてきたが、今回ほど、打算に満ちた党利党略の解散はなかった。

先の通常国会では森友・加計問題がとりあげられ、アベ首相は十分な答弁ができなかった。真相不透明のままだ。世論調査でも、国民の大半は納得できないと答えている。だから、首相は、これを詫び、今後丁寧に説明していくと表明した。

ところが、この約束に反し、野党側が早期の開催を求めてきた臨時国会は開催を先送りし、やっと9月28日開会となったとたん、解散だ。

このところの、民進党の混乱に加え、北朝鮮情勢から、いまなら勝てそうだと、起死回生(のつもりで)の策に出たのだろう。

ところが何を争点にするにか、いまだ自民党ははっきりしない。解散当日の首相演説もしないという。

こんな無責任な解散はない。
国民をバカにしている。
選挙を愚弄している。
どんな手段でも勝てばいいという。

選挙の真の目的は勝敗ではない。
争点を示し、国民の声を聞くことが第一だ。
それが選挙の大義というものだ。
勝敗はあとからついて来る。

アベ首相は、いまなら勝てると読んでいるのだろう。
しかし、今回は自分が仕掛けたように見えるけれど、森友・加計問題で追い詰められ窮地に陥ったことが背景にある。

今回の選挙は与党、野党の対決ではない。
与党と国民(民意)の対決だ。

国民の総意で追いこみ、アベ政治に終止符を打とうではないか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR