FC2ブログ

タカクラ テル

タカクラテル(高倉輝1891~1986)という人物を、一言では紹介しにくい。文学者、作家、言語学者、農民運動指導者、政治家、と多彩な顔をもつ。

20170924211409955.jpg

両親は幡多郡大方町(現黒潮町)の人で、本人も小学校までここで過ごし、宇和島中学、三高(京都)、京都帝大文学部に進む。上田敏、新村出らの指導を受け、大学に残るが、その後、信州上田の自由大学に共鳴し、農民や労働者の中へ。小説は「箱根用水」「大原幽学」が代表作、戯曲も多い。戦中、投獄経験をもつ。

戦後は、長野県から国会議員にもなった。その後は、東京都昭島市で文筆生活を送った。

こんな経歴であるから、知る人ぞ知る、であるが、地元では意外に知られておらず、なじみが薄い。主な活動舞台は、京都、長野、東京だからだ。

地元でももっとテルのことを知ってもらおうと、2年前、大方あかつき館(上林暁文学館)が、企画展をおこなった。

黒潮町浮鞭に「タカクラ」と刻んだ高倉家墓があり、テルもここに入っている。

今年3月、長男の太郎氏が91歳で亡くなった。太郎氏はロシア語学者で翻訳も多い。

9月23日、太郎氏の納骨に節夫人がみえられた。地元には親族の者はいないので、あかつき館関係者がお世話をするというので、私も立ち会わせていただいた。

20170924211445256.jpg    20170924211450edb.jpg
  
墓の扉を開き、花を差し、線香をあげ手を合わせ、納骨はつつがなく終わった。
その後、墓の下の国道脇に10年前建てられた顕彰碑(文学碑)にも案内した。碑には「あらしはつよい木をつくる」と刻まれている。

 201709242114435cf.jpg

節夫人には大勢の同行者があった。総勢18人。高知空港からレンタカー3台で見えられた。節夫人が活動されている「三多摩車人形を育てる会」のメンバーが大半で、ほかにご近所づきあいの方々も。

車人形とは三多摩地方に伝わる郷土芸能で、人間が車に腰を載せてすべるように動き、手で人形を操作するというもの。夜、中村のロイヤルホテルで開かれた地元との交流会で、ご披露くださった。

題目は「新曲まんざい」というタカクラテルが書いた人形芝居。三味や箏をバックに謡もつくという、大掛かりな仕掛けで、驚いた。人形劇ときいていたので手先か指先だけでおこなうものとばかり思い込んでいたが、人形浄瑠璃と似たものだった。こんなの本格的な人形舞台は、はじめて見た。

 20170924211449817.jpg    201709242252545ab.jpg

テルのふるさとのわれわれに、テルの作品を見てもらいたいという、一行の熱い心遣い、ご厚意に、ただただ恐れ入るばかりであった。

ホテル裏にある幸徳秋水墓にご案内した。そこで、こんな話をきき、これも驚いた。タカクラテルと幸徳秋水は互いの母同士に行き来があり、遠い親戚関係にあったらしいというのだ。

このことについてふれたテルの文章も教えてもらった。また、秋水母多治の葬儀のさいにはテルの母が悔やみに来たと、幸徳富治(秋水の甥)が書いたものがあることも。文章は両方とも、すぐに確認できた。

大逆事件再審請求裁判を1960年、坂本清馬がおこしたさい、その支援組織としてつくられ、いまに続いている「大逆事件の真実をあきらかにする会」の結成呼びかけ人にテルの名前があり、また翌年、中村で「幸徳秋水刑死50周年記念大演説会」が開かれたさいも、弁士として来ている。

こうした行動の背景には、遠い親戚同士であったという思い入れがあったのかもしれない。

ただし、親戚といっても具体的にどういう関係であったのかということははっきりしていないという。

興味あるテーマであり、両家の家系等をこれから詳しく調べてみることにしたい。
いろんなことを教えてもらった一行には、心から感謝したい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR