FC2ブログ

俳人 黛まどかさん(2)

昭和三十七生まれのまどかさんは、短大を出て都市銀行に勤務していたが、杉田久女の俳句に出会ったことがきっかけでこの道に入った。

東京きもの女王に選ばれるほどであったことから、「美人女流俳人」として話題をさらっていた。雑誌、テレビなどでさかん露出していたことから、俳句はやらない私でも、その名前と顔はよく知っていた。

ちょうど同年の俵万智さんが短歌の世界で注目を浴びた時期と重なる。二人で女流ブームをつくっていた。

まどかさんは、その頃、角川俳句奨励賞を受賞しているくらいだから、俳句の実力も評価されていたのだろうが、俳句のわからない私は彼女が詠んだ句の一つも知らないまま、どうせ美人だからチヤホヤされるのだろうくらいにしか思っていなかった。

そんな彼女との距離が縮まったのは、私が地元に帰ってきてから。秋水顕彰会の方々と接する中で、彼女も会員であることを知らされた。私はへえ~と思った。

聞くと、彼女は神奈川県湯河原生まれで、おじいさんは秋水が最後に逮捕された時管野須賀子と逗留していた天野屋旅館の番頭をしていた。おじいさんから、幼いころから秋水の話を聞いていた。だから秋水に対して親近感をもっているらしいというのだ。

彼女が顕彰会に入会したのは二〇〇〇年。その年の夏、中村に来たのがきっかけだ。目的は、地方新聞十二社連合企画「黛まどか日本恋めぐり」。テーマは「同志の恋 幸徳秋水と管野須賀子」で、その調査と取材のためであった。

同年八月二十四日付高知新聞には、まどかさんの文章と秋水絶筆碑前、四万十川河口に立つ写真が載っている。

 この時あちこちを案内したのは当時の顕彰会会長森岡邦廣さんであった。まどかさんは、この時二つの句を残している。あとの句は秋水墓で詠んだもの。

 夏怒涛真向にしていごっそう
 ほうたるの高きに舞つて星となる

その年の十二月、森岡会長が奔走した結果、中村市議会は「幸徳秋水を顕彰する決議」を全会一致で行った。森岡さんを動かした力の一つには、まどかさんの来訪があったのではないかと私は思っている。

そんなまどかさから直接いろんな話を聞いてみたいと思い、市教育員会に要望を出し、昨年九月、市民大学講師においでいただいたのだ。

まどかさんは秘書の坂口さんと二人で見えられた。その日は台風の影響で飛行機が飛ぶか不安だったので、朝一番で新幹線を乗り継いで来てくれたと聞き感激した。

演題は「言葉の力、余白の力」。俳句は世界で一番小さな文学で、日本の文化そのもの。体操の床運動と同じように、型(枠)があるから美しい。季節感、小さな生き物への鑑賞力、日本語ほど名詞が多くて表現が多様な国はない。ていねいに、わかりやすく、余韻を残して語ってくれた。

まどかさんはご自分の巡礼については触れなかったが、松尾芭蕉の句をさかんに紹介された。芭蕉の名句の多くは奥の細道などの旅の中で生まれている。旅を住家とした芭蕉のように、まどかさんにとって巡礼は「吟行」なのだと思った。

懇親会で秋水のことを聞いたところ、おじいさんが天野屋におられたのは、秋水が逮捕されてからあとのことだそうだ。その天野屋は最近廃業し、跡地はレジャー施設になっていると嘆いていた。秋水は湯河原の門川駅で逮捕されたのだが、地元では海岸の砂浜で逮捕されたのだという話も伝わっているそうだ。

まどかさんは翌朝、ロイヤルホテル裏にある秋水墓に参り、「十六年ぶりにお参りをさせていただきました。戦わずして平和な社会を私たちの世代で実現させなくてはいけないと、あらためて思います」と記帳をされた。

私は講演会でまどかさんの新刊本『ふくしま賛歌―日本の「宝」を訪ねて』(新日本出版社)を求めた。震災直後から県内各地を歩き、地元新聞に連載した俳句紀行をまとめたものであった。福島は芭蕉が奥の細道で歩いた地であり、飯館村とは前から俳句を通して縁があった。

原発事故に対しては、「効率を優先して本来の意味を失い、手間を惜しみ対価を払って人任せで生きる都会の生活。それを効率的或いは豊かな暮らしと呼ぶのなら、私たちは引き換えに真に「生きる」ということを放棄してしまっていることになる。」と断言している。

この人はただの俳人ではない。いや、すぐれた俳人だからこそ、社会をえぐり本質をみている。

四国遍路でどんな句集ができるのか楽しみである。(終)



  大方文学学級発行「大形」300号記念号 2017年11月10日

 2017111909165998b.jpg   2017111909172570e.jpg




                 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR