FC2ブログ

二つの成人式(続き1)

きょうは「成人の日」。
各地で行政主催の成人式が行われているが、四万十市では1月3日、今年も会場を2つに分けて(中村地域、西土佐地域)行われた。

2005年4月、旧中村市と旧西土佐村が合併して誕生して四万十市になってから12年を過ぎているにもかかわらず、いまなお統一されていない。県下34市町村で会場を2つに分けているところは、ほかにはない。

実は、四万十市(主管・教育委員会)でも4年前、2014年の成人式からは統一することをほぼ決めていたのだが、そうはならなかった。

その経過については、2年前のこのブログ(2016.1.13)で詳しく書いているので繰り返さない。

http://hatanakamura.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

私はこの中で早急に一本化をしたほうがいいと提言をしたのだが、その後、再度検討されることもなく、ズルズルといまの状態が続いている。

そうした中、1月6日付高知新聞コラム(後掲)で、西土佐地域の成人式のもようが紹介されたので、もう一度私の意見を述べておきたい。(四万十市で今年成人を迎えたのは、中村地域281人、西土佐地域27人。)

一つは、行政運営は公平平等が基本であるということ。

行政が合併をするということは大事業であり、両者の融合には一定の時間が必要なことはやむをえない面があるが、10年を過ぎてもなお「1市2制度」が続いていることは異常といえる。

全市民が納得する明確な理由があれば別だが、漠然と「遠くて不便」ということだけでは、ほかの行事等でも同じことであり、それらは段階的に克服してきている。遠いということだけなら、中村地域の富山地区も大差はない。

二つは、成人式は自治体にとって最も重要な行事であるということ。

地域の将来を担うのは若者である。成人式は、若者たちに四万十市の将来を託す場であり、市にとっては最も重要は行事といえる。

その若者が一堂に会することができないということは、市にとってゆゆしきことである。

いま市内には、ほぼ旧市町村単位で中学校が11ある。(中村市は1954年旧11町村合併)この中で、西土佐地域の成人式参加者は全員が西土佐中学校卒業生である。だから、同じ中学校の同窓会のようなものである。

それはそれで、手作り感のあるほのぼのとしたものであるが、それならば他の中学校卒業生にもそんな場をつくってやってほしい。

しかし、同窓会は普通それぞれが自主的に行うものであり、行政が主催する成人式は、市内の新成人全員が同じ場で心を一つにして将来を決意する場であってほしいし、そうあるべきであると思う。市民もそれを期待している。

普段は知らない顔の面々が一堂に会することで、おなじ四万十市に生まれたという連帯感ができるし、これを機に、交流も深まるというものであろう。

いまの状態では、行政のほうで若者を分断していることになる。また、西土佐の若者から、その場(チャンス)を奪っていることにもなる。

西土佐の青年たちは、広く四万十市のためというよりも、村意識を脱せないままの「井の中の蛙」状態が続くのではないか。

三つは、合併の原点に立ち返るべきであるということ。

2005年4月、四万十市が誕生するにあたっては賛否両論いろんな意見があった。しかし、そんな激しい議論を経て合併した以上、統一すべきものは統一しなければならない。

中村や西土佐それぞれの地域の伝統文化等を守っていくことは大切であり、私もそう心掛けているが、それとこれとは別物である。

それがいやというのなら、そもそもなぜ合併をしたのか。
もうあと戻りはできないのだ。

以上

20180108113124532.jpg
高知新聞 記者コラム 2018.1.6

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR