FC2ブログ

安岡良亮の息子たち(3)

以上書いたが、私の関心は秋水と安岡家の関係にある。

秋水両親は当時としてはまれな商家幸徳と士族格小野(祖父士族、父医師)の縁組であった。小野は安岡、桑原と厚い姻戚関係にあった。中でも安岡は中村の文武の名門で通っていた。秋水は身内の出世頭は良亮であったと言っているように、母方係累のほうから刺激、薫陶を受けている。

秋水刑死から十二年後(大正十二年)、秀夫は幼き頃の回想を「雲のかげ」(夕刊時事新報)に、あえて「南極老生」のペンネームを使い、抑えながら(秋水をKと表現)書いている。 

また、英の娘岡崎輝も戦後解放後の昭和二十二年、「従兄秋水の思出」に詳しく書いている。

父小野道一は中村で財を失い明治二十三年東京に出たさい、秋水は中江兆民の書生をしながら国民英学会に通っていた。ほどなく神楽坂の小野家に同居し、家族同然の生活をしている。そこに秀夫がたびたび遊びにきた。三人(輝、秋水、秀夫)で深川八幡へよくお詣りをした。

二人は将来どんな仕事に就くべきか相談した結果、「自ら言はんと欲することを言い、正しく思うことをやれ、人に頭を抑えられずに天下を闊歩しうる無冠の帝王」新聞記者に限ると意気投合し、秀夫は時事新報、秋水は自由新聞(板垣退助主宰、兆民紹介)に入った。

しかし、その後二人が進んだ方向は真逆であった。秀夫は黒龍会に関与していたとの記述もある。

これについて雄吉も同様で、自由民権かぶれの秋水と違い、雄吉が代議士に出たのは国民党からであった。

学者雄吉は英国留学のさいマルクスも勉強した。しかし、帰国後、秋水と秀夫を呼んで講義をし、マルクス主義は日本には合わないと言った。

輝は「秀夫叔父はジミで兄(秋水)は派手」、「雄吉叔父は所詮影の人兄は實行者」と対比している。

さらに、小野道一も国権派を代表する県会議員であった。

結局、秋水取り巻きの縁者はみな国権派であった。自由党の牙城であった宿毛に対して、中村は元来保守派の拠点であった。そんな政治風土の中で、幸徳秋水は突然変異的存在にみえる。

早熟で多感な少年であっただけに、まわりがみな士族の子なのに自分だけが町人の子であることが幼き心に深く刻んだもの。「平民社」「平民新聞」と「平民」にこだわったもの。遠因は両親の縁組にあったのでは。

しかし、そうではあっても、一族だれも秋水を避け、疎んじる者はなく、最後まで秋水を心配し、暖かい手を差し伸べていたことは間違いない。

「傳次とは主義が違ふが、主義はとも角、親戚だし傍輩だし、ほつておくわけにも行かなければむごくもある、一切の始末は俺がしたよ」。処刑後の処理のこと。

輝が伝える後年秀夫の言である。

(終り)

「文芸はた」3号 2017年12月発行 所収
原題「安岡良亮とその一族(下) 雄吉 秀夫 英」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:田中全(ぜん)
高知県四万十市(旧中村市)在住。
幡多と中村が自慢のおんちゃん。
フェイスブック(FB)もしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR